アンケート「自分の子どもの将来で不安なことはありますか?」その1

不安を抱えているママさんは、どれくらいいる?

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

大好評のミライコイングリッシュアンケート調査、今回のテーマは「自分の子どもの将来で不安なことはありますか?」という内容になっています。対象となっているのは、0歳~6歳の小さいお子さんを持つママさん50人です。

同世代のお子さんがいるママさんにとっては、おそらく興味深い内容となることでしょう。自分自身の中で密かに抱えている悩みについて、実はみんなも同じように悩んでいたんだ、ということがわかるだけでもホッとしたり、救われたり、といったことがあるはずですよ!

また、この記事では結果を発表していくと共に、悩み解決の糸口となるようなヒント、考察などもお届けしていきますから、是非、参考にしてみてくださいね!

それではさっそく、気になるアンケートの結果をお伝えしてきましょう。

ちなみに、この記事は、アンケート結果の「その1」になり、回答結果の上位の内容を中心にお伝えしていきます。その2その3、と記事は続いていきますから、是非、シリーズ全てに目を通していってくださいね。

4人中3人以上のママさんが不安を抱えている

さて、子どもの将来について、不安なことがありますか?という質問に対し「はい」と回答したママさんは、全体の77%という結果になりました。それに対し、「いいえ」と回答したママさんの数は、全体の23%です。およそ4人中3人以上のママさんが、子どもの将来に対して、何らかの不安を抱えているということがわかりました。

この結果について、まずはどのような印象を抱いたでしょうか?当然!という感じで、「わかる、わかる」という思いを抱いたでしょうか?それとも、みんなそんなに心配してるの!?意外だな?、という感じだったでしょうか?

「はい」がちょっと多いぞ…!という印象を抱いた人の方が、多いかも知れませんね。日本人って、何かと心配事を抱きやすい性質の人が多い傾向にあると言えますからね。楽観的な人よりも、悲観的な人が多い国民性なので、この結果は仕方のないことなのかもしれません。しかし、不安を抱えているということは、それだけ子どものことを愛していて、大事に思っているからこそ、と言うこともできるわけです。

過保護にならない程度に、愛のある心配をしてあげる、というのはなかなかバランスの難しいことかもしれませんね。

さて、それでは具体的にママさん達がどういったことを心配しているのか、その内容について解説をしていきます。

第1位は、経済や環境に対する不安

回答内容、第1位は「将来の経済情勢など、環境がどうなっているかの不安」というものでした。

日本経済は衰退の一途を辿っている…、なんてことが言われています。教育の画一化が原因だったり、少子化が原因だったり、理由は様々あるのでしょうが、確かに一時期の勢いと比べると今、日本はかなりヤバイ状況にあるのかもしれませんね。これは、多くの国民が実感していることでしょう。

終身雇用制度や、年金制度なんかも、完全に破綻しかけていますからね。そんな国で、果たして我が子は力強く生きていけるのだろうか…と心配しているママさんはとても多いようです。

今でさえ、若者にのし掛かっている経済的不安はとても大きいというのに、子どもが大きくなる頃には一体どうなってしまっているのだろう…、そんなことが気になってたまらない、というママさんもいるようです。

また、自然環境の変化だって心配ですよね。地球の温暖化が深刻だったり、森林の伐採が問題となっていたり。それに自然災害も、近年どんどん猛威をふるい始めていて、一体このままいくとどうなってしまうのだろう…!そんなことを感じている人は、たしかにとても多そうです。

2020年に入ってからは、コロナウイルスの脅威なども話題となっていて、暗いニュースに脅かされている人が世間に溢れている状態です。そんな中で、不安を抱えずに過ごせ!と言う方が難しいのかもしれませんね。

第2位の不安は就職に関すること

第2位の回答として挙がっていたのは、「ちゃんとした仕事に就き、自立できるのか不安」という内容でした。

親としては、安定した職業に就いて欲しい…と願うものですが、最近ではその「安定した職業」自体が何なのか、もうよくわからなくなってきてしまっていますよね。大企業であっても、突然リストラを開始するなど、時代は今、急速に変化しています。

絶対に安心だと思われていた職業であっても、そのうちAIに取って代わられてしまったり…。50年、60年というスパンで考えると、今現在存在しているほとんどの職業は、なくなってしまっているかもしれないわけです。

海外からも優秀な人材が流入してきたりすることを考えると、いよいよ、雇用自体があるのかな…ということが不安になってしまう人もいることでしょう。

以前は、大学へ入学するということは適切な投資であり、その結果、一流の企業に就職して安定した人生を送れる可能性も高かったわけですが…、今の時代にあっては、大学へ入学させたからといって、一生安泰かどうかは怪しいものです。だからこそ、親の不安は募る一方という感じなのでしょう。

第3位の不安は進路に関すること

第3位は、「子どもの進路について」というものでした。

これは、わりと近い将来のことに関する悩みですが、それだけに切実に悩んでいるというママさん、パパさんも多いのでしょう。公立にするのか、私立にするのか、望んだ学校に入れるのかどうか、塾へはどれくらいの頻度で通わせればいいのか…。

このあたりのことについては、親の努力が大きく関わってくることなので、さらに真剣に悩んでしまうママさん、パパさんも多いはずです。

どこの学校に入学するか、ということで、その後の人生は大きく変わってくることになるでしょう。良い学校に入れば、それだけ良い出逢いに恵まれる可能性も高くなるので、これは大事なことであり、悩ましい問題ですよね。

まとめ

以上、見て来たように、小さなお子さんを持つママさん、パパさんの悩みは様々です。

4人中3人以上のママさんが、何らかの不安を抱えているようで、その悩みはかなり切実である…ということがわかったわけですが、実際に抱えている心配事の9割が、実は起こらない=不要であるというようなことを唱えている人もいます。

日本人は、昔から災害に見舞われて生きてきた民族なので、悲観的に構え、ありとあらゆる備えをすることが正義であるとDNAにインプットされている傾向があるんですよね。

もちろん、そうあることで救われる部分もあるとは思われますが…、あまり心配ばかりしていると、負の波動が出てしまい、マイナスな事態を呼び寄せてしまいやすくなる、というような説もあったりします。これが、最近話題の「引き寄せの法則」というものです。

スピリチュアルなことは、うさんくさいから信じない!という人もいるかもしれませんが、昔からのことわざにも「笑う門には福来たる」というものがあったりしますから、あながちインチキとは言い切れない部分があります。

多少の危機感を持つことは大事かもしれませんが、闇雲に不安ばかりを増大させてしまったりせず、ある程度は子どものことを信じ、楽観的に明るく笑って過ごしている方が、結果として良い未来をたぐり寄せやすくなる…ということについても是非、真剣に考えてみてください。