フォニックス

フォニックスに特化した聞き流しコンテンツ5選。

聞き流しで効率よく学べるのもフォニックス学習のメリット!

はじめに

こんにちは!ミライコイングリッシュ事務局です。

リスニングに強くなる!』『アルファベットが読めるようになる!

などと、英語を学ぶ日本人の間で話題の学習法がフォニックス。
関連記事:フォニックスを徹底解説!初めて~応用まで一気に学習。

英語学習において、フォニックスがお子さんにも座学での英語が苦手だった大人にも受け入れられる理由は、リスニングとの相性が抜群であることが挙げられます。

この記事では、子ども向けに聞き流しできる英語コンテンツの中でも特にフォニックスを意識したもの(DVD・CD・YouTube・おもちゃ等)を紹介しています。

フォニックスとは

フォニックスとは、『フォニックス読み』といわれるアルファベットの読み方の事。
一般的なアルファベットの読み方とは違い、ネイティブな発音をそのまま読み方として覚えようという学習法です。

以下の表は一例ですが、例えばこのような違いがあります。

アルファベット読み フォニックス読み
A(エイ) A(ェア)
B(ビー) B(ブ)
C(シー) C(ク)

アルファベット(つづり)と実際に読むときの音を結びつけることで、

  • 初めて見る単語でもアルファベットを見れば読み方を予測できる!
  • 反対に、耳から入ってきた英語からアルファベットを予測できる!

このように、通常のアルファベット読みでは難しかった事が、フォニックス読みを学ぶことで簡単になり、日本人の英語学習への苦手意識の低下や、英語の基礎力を付けることに役立っています。

アメリカやイギリスなど、現地では幼少期に”読み書きのツール”として子どもがフォニックスを学んでいます。

フォニックスを聞き流しで学ぶメリット

フォニックスを聞き流す事で英語学習の効率が良くなる!と言われる理由はズバリ、フォニックス自体が英語を英語のまま、耳から覚えられる構造になっているから。

関連記事:フォニックスを徹底解説!初めて~応用まで一気に学習。にもある通り、

通常の語学学習のような、アルファベットを読み取って、変換する…といった頭の中の作業を省く構造になっていることが、リスニングと相性は抜群!といえる理由。

特に小さなお子様は五感(感覚)を使って覚えることが得意であり、早期学習の効率アップも期待できます。

『英語耳』とも呼ばれる、英語の発音を耳で聴き分けられる力は、脳や耳が柔軟な幼い子供の方が育てやすいと言われています。

このことから、フォニックスを聞き流しで学ぶメリットは

  • 『フォニックス読み』自体が聞き流しと相性の良い構造をしている
  • 英語の発音を耳で聴き分けられる力は、脳や耳が柔軟な幼い子供の方が育てやすい
  • 座学はまだ難しいお子さんはもちろん。じっくりと学習時間の取れない大人など、幅広い生活スタイルに『聞き流し英語』が有効。

以上が挙げられます。

様々な媒体で、英語を学習する子どもや大人の為にフォニックス英語をメインとしたコンテンツが存在しています。

では、ただ『フォニックスのルールを応用!』などと謳っているコンテンツを何となくBGMに流しておけばいいのかな…?と思われるかもしれませんが、聞き流し学習には押さえておきたいポイントやコツがあります。

ただ聞き流すだけ・・・ではもったいない!

次章では、お子さんがより学習効率を上げるポイントを紹介します。

フォニックス聞き流し学習のコツ・ポイントを解説

お子さまにフォニックスの聞き流し学習を考える際、気を付けたい点は3つ。

①できるだけ毎日行う

②聞き流しの内容は、ポイントを押さえて選ぶ

③気に入ったコンテンツが繰り返し楽しめるようにする

このことについて、以下に詳しく解説していきます。

①できるだけ毎日行う

聞き流しの効果を実感するためには、毎日コツコツと継続していくことが大切です。
幼いころから毎日耳に入っている音楽は耳に心地よいものとして馴染んでいきます。お子さんが、毎日そばにいる家族や保育園の先生の口調を自然と真似てしまうように、
ネイティブな英語の発音が身近になっていく効果が期待できるでしょう。

お子さんのリラックスタイムや、保護者さんの家事の合間。また運転中に流す音楽など、スキマの時間にいくらでも応用が効くのも聞き流し学習の長所と言えます。

聞き流し学習を毎日継続していくためには、お子さん自身の気持ちも大切です。お子さんに無理をさせないためにも、お子さんが気に入って『これなら毎日でも聞きたい』と思えるコンテンツ選びも重要です。

②繰り返し楽しめる環境づくり

毎日の聞き流し学習を、親も子もストレスなく継続していくためには環境づくりが大切。

例えば、朝起きる時間や保育園・学校から帰った時間、おやつの後、お風呂の前など…聞き流しタイムを決めてしまうのも、子どもにとっては気持ちを切り替えるきっかけにもなりおすすめです。

ちなみに…眠る前に学習したことは眠りに入ってすぐに記憶の整理・定着が行われることから、おやすみ前のリラックスタイムの聞き流しにも大きな効果が期待されます。

お子さまが2~3歳を迎えると、聞いて覚えたことを身振り・手ぶりや声に出して表現するなどの『英語のアウトプット』ができる力を身につけます。お子さまの年齢や発達に合わせて、良い刺激になりそうなものは何だろう?と考えてあげる事も大切です。歌やダンス・簡単なゲームなど…成長とともに日常に取り入れられる英語の幅は広がってきます。

③効果的なコンテンツ選び

大人が『聞き流し学習』をする際には、自分の学習レベルを顧みて内容がある程度理解できるレベルの英語を選ぶことが大切と言われています。

しかし、お子さんの聞き流しをスタートする際に”理解できる英語”は基準にはならないですね。早期英語学習での聞き流しの目的は『フォニックス(英語の発音)に耳が慣れる』こと。このことから、お子さんの聞き流し学習に適しているコンテンツの特徴には、以下が挙げられます。

英語のフレーズが繰り返し楽しめるもの

子ども向けの英語コンテンツは、簡単な単語の繰り返しであることが多いです。その理由は、子どもが英語をインプットする際にまず使っている感覚が『聴覚』であることが挙げられます。

大人のように座学で目や脳を使うようになるのはまだ先のこと。実は胎児のころより、子どもの五感の中で真っ先に発達するのは『聴覚』。
赤ちゃんの聴覚は、1歳になる頃には耳から覚えた言葉の響きの違いを聞き分けられるようになるまで発達します。早期英語学習の良さは、幼児の聴覚、言語取得の発達と同時にスタートすることにより『日常的に使う言語と一緒に』英語もインプット出来るという点でもあります。

子どもの『好き』が引き出せるもの

無理強いは逆効果なのはもちろんですが…特にお子さんは好きなものが見つかれば、どんどん学習し能動的に楽しみ、英語学習の効率アップにも繋がります。好きを優先しているからこそ、毎日の継続も全く苦ではなくなりますね。

お子さんのフォニックス聞き流しにおすすめコンテンツ5選

Kids TV 123(youtube)

まずはYoutube Kidsでもお馴染みのチャンネルKids TV 123を紹介します。フォニックス読みの初級である一つ一つのアルファベットを丁寧に発音してくれるので、これからお子さんの聞き流し学習を始める方や言葉のアウトプットが始まったばかりのお子さんにぴったり。 

ピンキッツとベイビーシャーク(youtube)

baby shark など、皆さん1度は聴いたことがあるのではないでしょうか?Youtubeでたくさんの動画が楽しめる巨大チャンネル、ピンキッツより『フォニックス体操』をご紹介。
40分と長い動画ですが、お子さんのために流しておきたい時に助かりますね。

アニメや踊り付きでお子さんもついつい体が動いちゃいそうになるコンテンツばかり。歌あそび、生活習慣にまつわるものまでキャッチーで幅広いのも魅力。遊びながら、繰り返しのフレーズを楽しみたいお子さんにおすすめです。

スーパーシンプルソングス(CD)シリーズ

Amazon

名前のとおり、シンプルな音楽CDと歌詞カードのみのコンテンツですが、お子さんのインプットにちょうど良い速さ・内容で聞き流し学習に適しています。『きらきらぼし』『アルファベットのうた』などの子どもが良く知っている歌から、フォニックス読みを重点的に学べるものまでをネイティブ英語で聴くことができます。

動画・アプリなどの映像コンテンツが増える昨今、CDのみのシンプルさは余計なものがないからこそ、お子さんにとって覚えやすい!という長所も。

アルファベットチャンツ(DVD)

>>mpiオンラインストア

同タイトルのテキストブックやCDも広く知られているDVDです。歌やリズムに乗って英語を学ぶメソッド『チャンツ』を基礎に、各アルファベットをフォニックスのルールに基づいた楽しい内容で学ぶことができます。

ミライコイングリッシュ(DVD-BOX)

弊社ミライコイングリッシュは、5年間の開発期間を経て開発された、幼児向け英語教材です。250本以上の楽しい教育シナリオがDVDに収録されており、NHKラジオで「基礎英語」の講師を担当していた田中敦英先生が監修を行っています。

ミライコイングリッシュが
フォニックス聞き流しにピッタリな理由。

  • 『耳で覚える』ことにこだわった、全編オリジナルソング
  • 子どもが飽きない仕掛けだらけ。100回以上の視聴テストをクリアした全編オリジナル映像
  • 子どもが英語を好きになり自然と学べる環境が『毎日30分見るだけ』!

フォニックスのルールをふんだんに応用した全編オリジナルのコンテンツをお届けする事には、製作段階からのこだわりがあります。

実は、子どもが聞き流したり、自然と口ずさみたくなる教材であるためには、英語の曲や物語を使うことでは不十分。英語の物語や童謡=英語圏の子どもの為に作られたものなので、日本人が聞き分けたり、一緒に歌ったりするのには少々難しいのです。
 

日本の子どもにとって心地よく・覚えやすく・歌いやすい・そしてフォニックスのエッセンスをふんだんに取り入れ、『どんな家庭でも英語学習ができる』ことを目的として、一般的な英語教材よりも安価でお届けすることにもこだわりました。

今なら本編映像よりの抜粋した23分のDVDを申し込みのみ・無料で配布していますので、是非ご覧になって頂き、お子さんの英語学習の一助となれましたら幸いです。

まとめ

赤ちゃんや子どもの言語習得方法を根拠に、お子さんの英語学習には聞き流しがとてもおすすめの方法だといえます。

また、耳に入る発音そのままを読み方とするフォニックスの構造自体が、聞き流し学習との相性も最高。

良質なフォニックスが学べるコンテンツは多々ありますが、お子さんの言語レベルに合わせて繰り返しのことばが楽しめるもの・お子さんの『好き!』を伸ばせるものを検討してあげたいですね。

本記事を最後までお読み頂き、ありがとうございました。