英語学習以外の動画を見始めてしまった時は…?

子どもは好奇心旺盛なので歯止めが効かない!

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

お子さんの英語学習のために、YouTube などの動画サイトを活用している人って、最近だと特に多いのではないでしょうか? YouTube には、ジャンルに関しても、レベルに関しても、様々なものが集まっていて、そこから良質な動画を選ぶのって実はちょっと難しかったりするのですが。

「おっ!これは良さそうだぞ!」という動画に出会えたのなら、とてもラッキーですよね。なにしろ YouTube は動画を閲覧するだけなら無料ですから、高額な教材費も掛からず、繰り返し観ることができて、とにかく便利です。

しかし、お子さんの英語学習のために、YouTube を活用しているママさん、パパさんの中には、こんな悩みを抱えている人もいるかもしれませんね。その悩みとは…?

そう…、気づいたら、お子さんが関係のない動画を熱心に見始めてしまっている、というもの。子どもは、好奇心旺盛ですからね。iPad でもスマホでもすぐに操作を覚えてしまいますし、親が観て欲しいと思っている英語の教材動画よりは、もっと刺激的で、気楽に「ギャハハ!」と笑って観られるような動画にすぐ、釘づけになってしまうことでしょう。

「また関係ない動画ばっかり観て!」「そんなのやめなさーい!」と、あまり深く考えず、頭ごなしに注意できてしまうタイプの親御さんもいるのかもしれませんが…。思慮深いタイプのママさん、パパさんは、「ここで注意したら、かえって子どもの機嫌を損ねてしまうのでは…?」なんて、対応策に苦慮していることでしょう。

関係ない動画が将来の糧になる可能性も…?

ところで、そもそも子どもにとって本当に必要な情報って、英語の教材だけなんだろうか…?ということを考え出したら、たとえ英語と関係のない動画の閲覧をしていたとしても、それをやめさせてしまうことに対して、疑問が出てくるかもしれませんよね。

たとえば、ゲームの実況動画ばっかり観てしまう子がいたとして…、「そんなくだらないもの観てないで、英語の動画を観なさい!」と強制することが果たして正義なのかどうかというと、正直、微妙だったりします。

子どもには、無限の可能性が秘められているからです。塾に通って、高校へ行って、大学へ行って、いい会社へ入ることだけが人生の成功パターンでないということは、最近の若い世代のママさんパパさんなら、なんとなく理解ができてきていますよね?

今は、好きなことが当たり前のように仕事になる時代です。ゲーム実況の動画ばっかり観ている子は、ひょっとしたら、e-sports のプロとして、年に何億円も稼ぐようなスーパープレイヤーになるかもしれないわけです。だとしたら、ゲームの実況動画をしっかり観ている方が、よほど将来のための糧になる可能性が高い、ということだってあり得るでしょう。

しかし…、ここではあくまでも「とにかく英語の動画を観て欲しい!」というママさんやパパさんの願いを最優先したいので、以下の項目で、対策をお伝えしていくことにします。

一緒に動画を観てあげるようにしよう!

お子さんがある程度大きくなってくると、iPad やスマホに子守りを任せたくなるママさん、パパさんも多いことでしょう。

「これ観ておいてね?」と、YouTube の動画を再生した状態で渡してしまったら、あとは黙って観ていてくれるので、楽だな?と思うかもしれませんが…。これをやってしまうと、子どもはやはり、ついつい勝手に自分の好きな動画を観始めてしまいます。

そうなることを防ぐためには、ちょっと大変かもしれませんが、ママさんやパパさんも一緒に、お子さんと英語の動画を観るようにしてあげるといいでしょう。

一緒に動画を観るようにすれば、お子さんも嬉しさや楽しさ、愛されているという安心感を感じながら学習ができるでしょうし、学習効率もアップするはずです。わからないことがあった時に細かい解説やフォローも入れられるはずですし、親子のコミュニケーションも深まる上に、理解も深まり、一石二鳥です!

もちろん、ママさんもパパさんも忙しいでしょから、その時間に、家事や仕事ができなくなってしまう…、というのは多少負担となってくるかもしれませんが、その分、お子さんの成長に投資をしていると考えれば、意欲も湧いてくることでしょう。

それでも、毎日だとさすがに大変かもしれませんから、たとえば週末は一緒に英語のアニメを鑑賞する時間を作る、というように、無理のない範囲で、ルーティンを決めていくといいかもしれません。

事前にプレイリストを作ってあげよう!

YouTube の動画は、1つが終わると、自動的に次の動画が流れてくるシステムになっていたりします。この辺りは、設定をいじることで細かく変えられるのですが、お子さんが流れてくる動画をおとなしく閲覧できているようなのであれば、事前にプレイリストを作ってあげることで、関係のない動画を観始めるという事態を、ある程度回避することができるでしょう。

もちろん、お子さんが YouTube の操作をマスターしてしまっていたら、プレイリストを作ったそしても、そこから勝手に抜け出して、関係のない動画を観始めてしまうでしょうから、無意味になってしまいそうですが…。

あるいは、YouTube ではなく、Amazonプライムや、Huluなど、別の動画サイトを利用するという対策を取るのもいいかもしれません。

こういった動画サイトは、YouTubeと比較すると、はじめから良質なコンテンツが集まっていますし、操作もそこそこ難しく、課金をしないと他の動画へ簡単にアクセスすることができなかったりするため、お子さんの勝手な行動を制限しやすいかもしれません。

英語の動画を強制するのが一番ダメなこと!

このように、お子さんの行動を制限し、おとなしく英語の動画を観てもらうためには、様々な工夫や努力がいるわけですが。一番いけないのは「いいからこれを観なさい!」「他の動画を観たらおしおきだよ!」というように、恐怖心でもってお子さんの行動を制するということです。

無理やり押し付けたり、叱ったりすれば、その時は言うことを聞いてくれるようになるかもしれませんが、肝心の「英語を好きになる」という部分が、ごっそり欠落してしまう可能性があります。

「英語が好き」というのは、英語学習をする上で、最高の原動力になりますから、この壮大なパワーをそぎ落としてしまわないように、気をつけてあげましょう。

まとめ

さて、それではこの記事で解説してきたことを、最後にまとめておさらいしていきます。

お子さんの英語学習のために、YouTube などの動画サイトで、英語のアニメ等を観せてあげようとしているママさん、パパさんはとても多いことでしょう。この時、お子さんが別の動画に興味を示し、いつの間にか英語学習とは全く関係のない動画を観始めてしまう、というのはわりと「あるある」なことです。

我が子を思うがあまり、ここでついつい、叱ってしまいたくなったり、注意をしてやりたくなったり、という親御さんもいるかもしれませんが、恐怖心を利用してお子さんに言うことを聞かせようとしても、英語が嫌いになってしまうだけなので、これはやめておきましょう。

お子さんに英語の動画を観てもらうためには、親子で一緒に観る時間を設けたり、プレイリストを作ったり、様々な工夫をして、上手に誘導をしてあげてください。