早くから英語学習を始めないと小学校での勉強が大変?

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

小学校での英語教育が、2020年から「中学年」よりスタートすることになる…って知っていましたか?

ママさんや、パパさんが子どもの頃って、小学校で本格的な英語教育というのは、おそらく行われていなかったはずです。それどころか、おじいちゃん、おばあちゃん、くらいの時代には英語を使用すること自体が禁止されていたりもしましたからね…!という話はさておき。

新時代の子ども達は、まだ幼い段階から、英語教育を受けることが既に決まっているというわけなんです。この傾向はどんどん進んでいくでしょうから、10年後くらいにはもっと早い時期から英語教育がスタートするかもしれませんね。

昔よりも早くなった英語教育

我が子の英語学習が、これまでの子ども達よりも早い年齢からスタートすると聞いて、この記事を読んでいるママさん、パパさんは、どんな気持ちになったでしょうか?

そんなに早くからやってくれるなんて、学校は頼もしいところだな!ありがたい!安心して任せられる!とポジティブに捉えることができた人もいるかもしれませんが…。

中には、「もしそうなんだとしたら、うちの子が苦労することになるかもしれない…」なんて不安に思ってしまった人もいるかもしれませんね。

早期英語教育への不安

ある日学校で突然、予期せぬまま英語の授業が始まってしまって、いきなり過ぎて混乱しないように、家庭内でできるだけ英語に触れる機会を作ってあげた方がいいんじゃないか…とか、英会話スクールに通わせておいてあげないと、中学年になった時に悪戦苦闘してしまうんじゃないかな…?なんて思った人もいることでしょう。

なんの心の準備もできていない段階で、いきなり英語のレッスンが始まって「ついていけない!」という感覚を味わってしまったら、その子は、そのまま英語が嫌いになってしまうかもしれません。あるいは、苦手意識がついたり、トラウマを背負ってしまったりするかも…?ママさんが、そんな不安を抱くのは当然のことです。

闇雲にモヤモヤと不安を増大させる必要はありませんが、ただ、お子さんが小さいうちから、家庭で英語に触れる時間、習慣を作っておくのは、とてもいいことです。

「外国語活動」とは?

2020年よりスタートする「外国語活動」の内容に関しては、週に1~2回、簡単な日常レベルの英会話や、挨拶などを学んで行こう!というようなもので、英語学習を楽しむことが目的となっているようなカリキュラムです。だから、そんなに難しく考えたり、身構えてしまったりする必要はないんですよ。

ただ、先程も記事の中で少し触れさせてもらった通り、小学校に入って突然、「さぁ!英語の勉強ですよ!」と言われてしまった際、子どもが「そんなの初めて聞いた!」というように混乱してしまうかもしれない…というのは、まあまあ、その通りだったりします。

だからこそ、事前にできるだけ自然な形で、日常の中に「英語に触れる」時間を作っておいてあげる方がいい、という発想はとても大事になってきます。

具体的にはどうやって「英語に触れる」の?

といっても、高い英語の教材を片っ端から買い揃えたり、英会話のレッスンにわざわざ通ったり…と本格的なことを絶対にやらなければいけないわけではありません。

英語に触れることさえできたら、遊びレベルのものでも全然大丈夫なんです!

たとえば、英語の絵本や、英語のゲーム、英語のおもちゃ、YouTube で閲覧することのできる英語のアニメ、映画、音楽、などなど。親子で一緒に楽しく学べるようなものってなんだろう…と、自由に発想を膨らませてみてください。

たとえば、お子さんの好きなものと関連づいているところから、英語を徐々に取り入れていくのも効果的です。

車や電車など、乗り物が好きなお子さんのためには、英語で描かれている車図鑑などを与えてあげるのが効果的でしょう。キラキラとしたアイドルやお姫様が好きな女の子には、海外の歌手の動画を見せてあげるのがいいかもしれません。

親子で「これなら無理なく、長期間楽しめそう!」と思うようなものをチョイスするのが何よりのポイントです。「これは英語学習なんだ」と意識して、肩肘を張って考えるのではなく、まずは「英語を好きになろう!」とか「英語って楽しいんだな」と思うような気持ちを大事にしてみてください。

大丈夫、教材はいろいろあります!

今の世の中には、小さな子どもが楽しめる、英語の楽しいコンテンツが無数に揃っていますから、幅広い視野で、じっくりと面白そうなものを探してみてください。

本格的な教材の中にも、リーズナブルなものや、レベルがちょうどお子さんに合っていて、ゲーム感覚で楽しめるようなものがあったりしますから、そういった方向でも是非、探してみてくださいね。

ミライコイングリッシュの教材も、確実に「英語を楽しみたい!」と考えている親子さんのお役に立てるはずです。きちんと体系立てられているカリキュラムを辿ることができ、トータルで英語の能力を伸ばしていくことができる上に、価格もリーズナブルなので、まだ未体験だという人は、安心して手を伸ばしてみてください!

さてさて、明日からお子さんとどうやって英語を楽しもうか…、それを考えるだけでワクワクしてきた!という人もいるのではないでしょうか?本屋へ行くか、ゲーム屋さんへ行くか、電器屋さんへ行くか、さっそく計画を練ってみてください。

まとめ

それでは、ここまでの記事でお伝えしてきたことを、最後にあらためてまとめていくことにしましょう!

小学生の英語教育は、2020年より「中学年から始まる」ということが決定しています。

その内容は「外国語活動」と称されており、日常レベルの簡単な挨拶に慣れ親しむ…というようなものです。英語を楽しむことを目的としたカリキュラムなので、難しく考えたり、不安を抱いたりする必要は全くありませんが、いきなり未知の世界に飛び込むことになって、お子さんが混乱したり、苦手意識を持ってしまったりしないよう、配慮をしてあげるのは大事なことです。

中学年になって、外国語の授業が始まった時、お子さんがスムーズに受け入れられるよう、小さい頃からできるだけ家庭内で英語に触れるための時間を作っておいてあげましょう。高くて本格的な教材を購入したり、英会話教室に無理をして通わせるような必要は全くなく、英語の絵本や、おもちゃ、ゲーム、楽しい動画などに触れさせてあげてください。

幼少期の英語教育において重要なのは、とにかくインプットをするということです。たとえば、大好きな英語の曲をただ流しておくだけでも、知らず知らずのうちに英語のシャワーを浴びることになるので、何もしないよりよほど効果的なんです。ママさんやパパさんが、英語に対して苦手意識を持っていたとしても…、英語のカードで一緒に遊んであげたり、英語の絵本を読み聞かせてあげるなどして、どんどん英語を耳に入れさせてあげましょう。

親子で一緒に楽しめそうなコンテンツが今は、世の中にたくさん溢れていますから、長く遊べそうなもの、興味を持ってずっと接していけそうなものを、幅広い視野と柔軟な発想で是非、選び抜いてみてください。今の時代は「楽しんだ者勝ち!」ですよ。

こうして、幼少期から親子で楽しく英語に触れていれば、小学校中学年になって英語の授業がスタートする頃には、既にペラペラになっているかもしれませんね!子どもは吸収が早いですから、早いうちからスタートさせれば、それは決して夢ではありません。もしかしたら逆に、学校での授業が退屈に感じられてしまう…なんてこともあるかもしれませんが、それはそれで頼もしいことですよね!