アンケート「習い事をやめたことがありますか?」

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

ミライコイングリッシュのアンケート調査、今回のテーマは「習い事をやめたことがありますか?」というものです。

アンケートの対象となっているのは、0歳~6歳の小さなお子さんを持っているママさん達50人です。

子どもに何らかの習い事をさせている人は、現代社会であれば当たり前に多数存在していると思われますが、実際のところ、「みんな途中でやめたりしてるの…?」「嫌がっていても、続けさせてたりするの…?」「いつまで続ければいいのかな…?」みたいなことってちょっと気になりますよね。

人がそうしているから、自分もこうしよう…、というように安易に判断するわけではないにしても、ざっくりと、世の中のママさん達が、子どもの習い事に対してどのような意識を持っているのかって、知っておくに越したことはありません。

気になることは、何でも知っておくのがいいでしょう!というわけでさっそく、アンケート調査の結果をお伝えしていくことにしましょう。


習い事は続ける人の方が多数

「習い事をやめたことがありますか?」という質問に対するアンケート調査の結果は、以下の通りとなっています。

「はい」と答えたママさんは、全体の14%でした。それに対して「いいえ」と答えたママさんは、全体の86%という結果になっています。

習い事をやめたことがあるという人は、かなり少数派のようですね。みなさん、一度始めた習い事に関しては、継続して続けているようです。

ただ、このアンケートに答えてくれているのは、0歳~6歳の小さなお子さんを持っているママさんです。なので、中には小学校にあがったら習い事をやめる…というケースも出てくるとは思われます。という話はさておき…

習い事をやめた理由は?

さっそく「はい」と答えた人の回答理由について、お伝えをしていきます。

最も目立っていた理由は、「本人になんとなく合っていなそうだったから」…というものでした。あまり続けたいと思っていなさそうだし、才能もなさそうだし、このままやっていても意味があるのかな?…なんて感じてしまったら、その時点でもう、人生の貴重な時間やお金を無駄にしていることにつながりませんからね。

やめたとしても、誰からも咎められるようなものではないでしょう!

むしろ、他の才能を見つけるキッカケにもなるかもしれませんし、賛否両論はあるかもしれませんが、ここは「英断だった」と言い切ってしまってよいのではないでしょうか?

また、親の都合でどうしてもやめざるを得なかったというパターンもあったようです。

詳細は不明ですが、金銭的な問題で続けられなくなってしまったりだとか、送迎の時間を作れなくなってしまったりだとか、引っ越し等で物理的に通えなくなってしまったりだとか、様々なケースが考えられるでしょう。

こればかりは仕方のないことですし、特にそのことで気に病んだりする必要もないでしょう。あるいは、習い事の教室で、親同士がトラブルを起こしてしまったり、先生とどうしても馬が合わない…なんてケースだってあり得ますよね。

子どものため!と思って、自己犠牲の精神でイヤイヤ習い事を続けさせるより、親も子も安心して楽しく通えるような習い事の教室を一刻も早く見つけ直す方が、よほど建設的で素晴らしいことかもしれない!と、発想を素早く転換させるのがいいでしょう。

今は、もうそういう時代になってきていますからね。人生は楽しんだ者勝ちです!

習い事を続けた理由は?

さて、ここからは「習い事をやめたことがありますか?」という質問に対し、「いいえ」と回答したママさん達の筆記内容について、解説をしていきます。

習い事をやめていないポピュラーな理由としては、「本人がやめたがっていないから」というものでした。まだ始めたばかりだし、本人も楽しんでいそうだから…となれば、特にやめる理由も必要性もないですよね。

習い事をやらせるというと、なんとなく、教育ママが子どもにムチ打ってビシビシと…、というようなイメージがなくもないのですが、お子さん自身が「やりたい」と言っているのであれば、これほど素晴らしいことはないですよね。

意欲的に取り組んでいて、しかも「楽しい!」「大好き!」と言っているのであれば、継続してやらせてあげるに限るでしょう。

もちろん、英語にしてもピアノにしてもスイミングにしても、何か1つのことを他の子ども達よりも早く、進んで学習していれば、それが本人の自信につながっていくことでしょう。

将来的に役に立つ能力だって身につくことを思えば、習い事を本人の意志で続けるというのは、非常に有益なことです。

継続することの大切さを教えたいからやめさせないという意見も

「やめないと約束したから」というストイックな理由を挙げているママさん達もいました。

子どもに習い事をやらせるのには、様々な目的があるようですが、実は…、能力をつけさせることそのものよりも「継続して何か1つのことをやり遂げる大切さ」を学ばせたいと考えているママさんって、かなり多いんですよね。

子どもに「絶対にやめないって約束できる?」ということをあらかじめ問い掛けた上で、「うん」と言わせたからには、絶対に最後までやり通してもらう、ということを貫徹しているママさんには、頭の下がる思いです。

そのほか、やらせたことのある習い事が少ないので、とりあえず今は続いている、というような意見や、自分自身が長いこと習い事をやってきて、良いこと尽くしだったからこそ、子どもにもやめさせようとは思っていない、というような声も寄せられていました。

まとめ

ここまで、習い事に関するアンケート調査の結果と考察をまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?それでは最後にもう一度、この記事の内容をおさらいしていくことにしましょう。

子どもにやらせている習い事を、途中でやめたことがあると回答したママさんは、14%ほどと、少数派でした。

やめてしまった理由としては、子どもがあまり楽しんでいなそうだったから、ということの他に、親の事情でやむをえず…というパターンがあるようでした。

途中でやめるというと、なんとなく「いい加減」とか「だらしない」というようなイメージがあるので、堂々と「途中でやめさせましたよー!」ということって宣言しづらいのかもしれませんが、親子で苦痛を味わってまで、無理に続けるということの方が、無意味であり、無駄であるかもしれない、と早々に考え方を切り替えることは重要なのかもしれません。

今は、多様化が重視されている時代ですから、様々なことを次々に試し、失敗や挫折を繰り返していく中で勉強をしていく、なんてパターンがあったっていいでしょう。

そして逆に、習い事をやめさせたことは、今のところ一度もないというママさんの方が多数派として存在していることがわかりました。

子どもに嫌がっている様子がなく、楽しんでいるようなのであれば、やめさせる理由は1つもないですもんね!

また、「一度始めたことは成果が出るまで絶対にやめない」ということを約束させているから…ということを理由として挙げているママさんもいるようでした。

最後に…このことが教育上、お子さんに良い影響を与えればいいな、ということを切に願っています。もし「約束は絶対だから」という理由で、無理や無茶をして、心に傷を負わせてしまったり、肉体的な苦痛を伴わせてしまうようだったら、本末転倒です。

今の時代は柔軟に考え方を変化させる方がいいのかもしれない…という価値観についても、補足的に触れておいてからこの記事を締めくくることにします!