アンケート「幼稚園の英語教育◯◯%の人が満足!」

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

こちらは、0歳~6歳の小さなお子さんを持つママさん50人に、英語教育に関するアンケートを取り、その結果をお伝えしていくという記事になっています。

今回のテーマはズバリ、幼稚園や保育園における英語教育について。

前回のアンケートで「お子さんの通っている幼稚園や保育園で英語教育は行われていますか?」という質問をしてみたところ、42%のママさんが「はい」と答えてくれたのですが…。今回は「はい」と答えた人に対して「その教育内容には満足いっていますか?」という質問を行っています。

一体、どれくらいの人が幼稚園や保育園で行われている英語教育に満足しているのでしょうか?また、もし満足していないとしたら、その理由は一体どのようなところにあるのでしょうか?

以下で詳しく解説を行っていきますので、世間のママさん達の意識がどのようなものなのか、是非、チェックしていってくださいね!


英語教育に満足している人は80%

それではさっそく、気になる結果を見ていくことにしましょう!

幼稚園や保育園での英語教育に満足していますか?」というアンケートに対し、「はい」と答えた人の数は、全体の80%となりました。逆に「いいえ」と答えた人の数は、20%という結果になっています。ほとんどの人が、園での英語教育には満足をしているようですね!

どうして満足しているのか、ということについても詳しく理由を尋ねているので、以降でご紹介していきますね!

コミュニケーション力はとても大事

幼稚園には大勢の園児達がいるので、その中で英語を学習するということに対し「コミュニケーション能力が鍛えられる」からこそ、満足であると考えている人が目立ちました。

確かに、これはその通りですよね!

自宅で英語を勉強していても、コミュニケーションを取る相手は、ママさんか兄弟の誰かか…くらいになってしまいますから、どうしても発言をする意欲が損なわれてしまいがちです。

その点、周りにたくさん同世代の園児達がいれば、英語でおしゃべりしたい!という目的から、より英語の能力が鍛えられそうですよね。また、園児同士、良きライバルとして切磋琢磨していけるという意味においても、幼稚園で英語を教えてくれるというのは、刺激があっていいと考えられます。

レベルや内容よりも英語の存在を知ってもらうことで満足

また、そもそも教えてくれていることの内容やレベルにはこだわらない!だからこそ満足していると答えているママさんも多かったようです。なにしろ子どもはまだ2歳だったり、3歳だったり、日本語すらもままならないような年齢の幼い子です。だからこそ、英語に関しては「そういう言語もこの世に存在しているんだ」ということを知ってもらう程度で充分かな…、なんて考えているママさんが多い、ということのようです。

実際に、子どもが「英語のレッスン楽しい?!」と言っていることから、「だったら大丈夫かな」と満足している人もいるようでした。これは、とてもいい判断基準かもしれませんね。

また、子どもが簡単な英会話をマスターしていたから大満足!という人も。家で特に何もしていないのに、幼稚園に通っているだけで、英語をスラスラ話すようになって帰ってきたら、親としてはビックリしてしまいますよね!こんなにありがたいことはないでしょう。

とても良い取り組みで、内容自体に満足しているからこそ、もっと回数を増やして欲しい!という意見も挙がっていました。

やはり、英語には幼少期から触れておいた方が有利なので、幼稚園や保育園で英語を教えてくれるのはありがたいという意見や、遊びの一環として教えてくれたので、子どもが英語を好きになってくれて良かった!という意見なども。

本格的に話せるようになってはいないものの、「英語って楽しいねー!」と子どもが言ってくれたら、それはもう概ね大成功といっていいでしょう。

英語教育に満足していない方の意見は?

さてさて、それではここで幼稚園や保育園で行われている英語教育に対して「満足できていない」と答えた人の回答理由についても、解説をしていくことにしましょう。

まず、幼稚園や保育園の中でも、年齢に制限があって、英語教育を受けたくても受けられなかったという人や、回数が少な過ぎて、教育をしてもらっているうちに入らない…という感覚を持っている人がいた、ということに触れておきましょう。

内容自体に不満があるというよりも、そもそも、英語を学習できているうちに入らないからこそ、不満である…というわけですね。この辺りに関しては、日本の施設の対応というものは、どうしても遅れがちなので、ある程度、諦めるしかないかもしれませんね。

本当に高い意識を持っている親子さんなのであれば、幼稚園や保育園に任せきりにするのではなく、やはり自宅で積極的に英語学習を行い、英会話スクールにも通うなどして、みっちりと英語に触れる時間を設けるべきでしょう。

もし、スクールに通うことが大変だったとしても、ミライコイングリッシュの教材を使えば、自宅にいながらにして、トータルで英語を楽しくマスターしていけるので、オススメですよ!

歌やゲームばかりでは英語学習になっているのか不安

また、実際に英語教育を幼稚園や保育園で受けてはいるものの…、内容が歌やゲームばかりなので、あまりアテにはならない、つまり満足できていない、というような意見もありました。こういったことを感じている人も、やはり幼稚園や保育園だけに英語教育を任せっきりにしない方がいいでしょう。

幼稚園や保育園での教育以外に、英語学習をプラスで行うとなると、料金も時間も余計に掛かってしまうことになりますが、これは無駄遣いをしているわけではなく、投資をしているのですから、時間もお金も有意義に使えていると考えましょう。

スクールに通わせることができなくても、今なら自宅で YouTube の良質な動画を見たりしているだけで、充分に英語をマスターすることができます。

幼少期の英語学習において大事なのは、とにかくインプットを行うということと、そのインプットを継続して行うということです。そのためには、YouTube のように気軽に触れることのできるツールを身近に置いておくのが有効です。

そして、より体系だった学習を本格的に行いたいと思った時には、ミライコイングリッシュを取り入れてもらえば完璧です。

まとめ

さて、それでは最後にこの記事で解説してきたことをまとめ、おさらいしていきましょう。

幼稚園や保育園で行われている英語教育に対しては、概ねほとんどの人が満足をしているようでした。そもそも、英語教育を行っている幼稚園や保育園というのが、その時点である程度画期的だったりするので、内容はどうあれ、やってくれているだけで満足感を得ている人が多い、というような状況です。

英語教育の内容については、物足りない!と感じている人がいる一方で、まずは好きになってもらえればそれでいい、と考えているママさんや、英語というものが存在しているという事実だけでも知ってもらえればいい、と考えているママさんも多いようでした。

このように捉え方は様々ですが、子どもの能力というのは、大人が想像している以上に高いので「どうせまだ難しいだろう…」と一方的に判断してしまうのも、実はもったいないことだったりするかもしれません。

与えれば与えただけ、教え込めば教え込んだだけ、その子の能力は無限に伸びていくものだったりするので、幼稚園や保育園の教育にばっかり頼ってられない!という意識の高い人は是非、ミライコイングリッシュで、本格的な英語学習をスタートさせてみてください。