英語交じりで話すと他の人にバカにされちゃう?

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

こちらでは、小さなお子さんの英語教育にまつわる、ママさん達の様々なお悩みを解決するための情報を、イラストと共にお届けしていきます。

今回のテーマは、「英語交じりで話すと他の人にバカにされちゃう?」というものです。

ついつい発音をイジってしまう日本人

よく、帰国子女であったり、海外経験の長い芸能人やアナウンサーが、日本語を喋っている時、カタカナの言葉が登場すると、途端に発音がよくなる…なんて光景を見掛けますよね。

あの瞬間、純粋な日本人として、なんとなくそれをイジらずにはいられない気持ち、誰でもちょっとはわかることと思います。

そこだけ発音がよくなってしまう様子が気になって、からかったり、モノマネをしたくなってしまう人もいるでしょうし、実際にそこをピックアップしているモノマネ芸人もいるくらいです。

プロがプロを真似る分には面白いですし、微笑ましいですし、エンターテインメントとして成立しているので良いのですが…、素人が素人のマネをするとなると、ちょっとイジメっぽくなってしまうのではないか、ということが心配だったりします。

発音はよくなったけれど大丈夫?

お子さんが、英語まじりの日本語で話し始めたり、カタカナの日本語を、やたら外国語っぽく発音していたら…。なんとなく、「あれ?これって友達からイジられちゃうのかな」とか「バカにされちゃう?」「からかわれちゃう?」なんてことが気になるママさんもいるかもしれません。

「キャットがホワイト」「スカイがブルー」?

なんなら、ママさんやパパさん自身が面白がって、ついついカワイイ我が子の口調を真似したり、イジりたくなってしまうなんてパターンもあるかもしれませんね。「キャットがホワイト」「スカイがブルー」なんて言い出したら、「ルー大柴じゃないんだから!」と手を叩いて笑いたくなってしまうことだってあるかも…?

ママさんやパパさんにちょっとイジられる程度だったら、お子さんもそこまで傷ついたりはしないでしょうが。学校のお友達や、そのママさんパパさん、あるいは先生達から「変な日本語?!」なんてバカにされたりしたら、一生英語を口になってしまう、なんてことがあるかもしれませんよね。子どもの心は繊細なので、取り扱いにはできるだけ注意してあげたいものです。


出る杭は打たれる国民性

ただ、現代人は、大人も子どもも多大なストレスを抱えて生きていますから、周囲にちょっとでも目立つ人がいると、ついついその足を引っ張ってやりたくなったり、出る杭は打つ!という感じで、鼻をへし折ろうとしたり、なにかとお邪魔をしてくるものです。そして、これはどんなに頑張っても防ぎようがないことだったりします。

注意のやり方にも気をつけて!

ただ…、だからといって、「その英語まじりの日本語はおかしいからやめなさい!」「そんなんじゃみんなにいじめられるよ!」と言って、せっかく自然と口から出ている英語を、親の判断でストップさせる…というのはちょっとナンセンスかもしれません。

「そんな喋り方してると、からかわれるよ!」という注意の仕方は、愛があるようで微妙に愛がない…というか。子どものことを真剣に守ろうとしているというよりも、ただ、面倒な事態を招かないようにしたいだけ、という感じに子どもから捉えられてしまいそうです。

子どもは、細かい大人の意図まで汲み取れないと思えるかもしれませんが、無意識の世界でなんとなく、親が本当は自分のことをどう思っているのか、というのを敏感に感じ取り、悟ったりするものです。

「それがこの子の個性」と考えてみる

もし、我が子が英語交じりの日本語を話し始めたら、こう考えてみてください。「それが、この子の今の個性なんだ」と。たとえば、目の青い子がいたとして、「そんな色で学校にいったらイジメられるよ!」といって黒のコンタクトレンズを装着させる親がいたとしたら…、それってちょっとやり過ぎだと思いますよね?髪の色が明るい茶色で「不良だと思われるから黒に染めていきな!」というのも、その子の個性を殺すようで、なんとなく残酷なイメージです。

言葉や口癖だったら、まだ目の色や髪の色とは違って、直せそうな気がしてしまいますが、だからといって、子どもの話す言葉「その子らしさ」を、親の一方的な判断で強制してしまうのは考えもの、というわけです。

私がこの子の個性を守ってあげる!

どんな言葉を話していようと、それがその子の、世界に1つしかない大切な個性なのだと捉えてあげましょう。それでもし、何か言われてしまった時には、本当の意味で「私がこの子を守ってあげよう!」と思っていればいいのです。

どうやって守ればいいの…?ということを、そこまで難しく考える必要はありません。ただ、「そうやって一生懸命、英語を話している◯◯ちゃんが、ママは大好きだよ」とか「お友達にイヤなこと言われたからって、自分を変える必要なんてないんだからね!」とか「ママはずっと味方でいるからね」というように、その子を応援する優しい言葉、味方でいるよという温かい言葉を掛けてあげればいいのです。

子どもの心や命が一番大事

現代でもまだ、義務教育は定着しており、学校へは「行かなければいけない」ということになっていますが…、それでも、本当に学校へ行くのが辛い人に対しては「命を犠牲にしてまで行くことなんてない」という世論が、持ち上がって来ていたりします。もし、本当にあなたの大切なお子さんを傷つけようとしてくる子どもや大人がいるのだとしたら、そんなところへ無理に差し出す必要はないと、視野を広く持ってください。

もちろん、学校へ行かないことで、学校側と揉めたりすることはあるかもしれませんが、実際に学校へ行かないことで、その子の人生が台無しになってしまうかというと、そのようなことは決してありません。今は、自宅にいながらネットを使って個人で収益を上げることも容易になってきている時代です。むしろ、学校へ行って協調性を学ぶ…というような経験は、無駄であると考えることもできます。

何よりお子さんの命や心を最優先に考え、大切な時間を無駄にしてしまわないよう、ママさんパパさんが温かい気持ちで接してあげるようにしてください。

しゃべり方を変える必要はない

また英語の話に戻りますが、発音が違っていたり、文法がおかしかったり、日本語と英語をごちゃまぜで喋っていたり…、子どもの口にしていることについて、もし何か気になったとしても、それを無理に矯正しようとする必要はありません。

そうすることによって、子どもが萎縮をしてしまい「ママやパパの前で英語を話すと、注意されるからイヤだな…」なんて思ってしまうかもしれないからです。お子さんが自然と英語を口にし始めていたら、そのことを頼もしく思い、さりげなく褒めてあげつつ、優しく見守ってあげるようにしましょう。

まとめ

さて、それではこの記事で解説してきたことを、おさらいしてまとめていきます。

お子さんの英語習熟度がアップし、英語まじりの日本語を話すようになったら…、胸がザワッとしたりするかもしれませんが、無理にそれを矯正したり、やめさせたりしなくても大丈夫です。

友達や先生に「変な話し方?!」とからかわれてしまうことを、先回りして心配してしまうママさんもいるかもしれませんが、話し方に関しても、人それぞれ「個性」があるのだから、というような考え方を持ってみてください。

生まれ持った目の色や髪の毛の色を、わざわざ変えてまで学校へ行くことがおかしいように、口調や口癖や話し方だって、ありのままの状態でいることに何のも問題もないんです。むしろ、せっかく話すようになった英語を禁止してしまうことの方が問題であり、もったいないことであると考えましょう。

お子さんのことを本当の意味で守ってあげられるよう、ママさんは強くいなくちゃですよね!