夫婦で英語学習に対する考え方が食い違ってしまったら?

大切な子どものことだからこそ真剣に…

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

この記事を読んでいるのは、英語学習を頑張っているお子さんの、ママさんでしょうか?それともパパさんでしょうか?一緒に読んでいるとしたら、お2人はとっても仲良しなのでしょうね!

ただ、どんなに仲良しな2人でも、子どもの教育のこととなると、ついつい真剣になって言い争い気味になってしまう…、なんてこと、ありませんか?これって、どんな家庭でもわりと、あるあるな光景なのではないかと思います。

仲が悪いからとか、お互いに嫌いだから、という理由で言い争いを始めるわけでなく、大切な子どもの将来について考えた上で、自分の意見の方が正しい!と思うからこそ、相手を説得したくて、ついつい頑張ってしまうんですよね?

そして、意見を押し通そうとしているうちに、思うように理解してもらえないもどかしさから、感情的になり、いつの間にか相手を罵り合うような大喧嘩になっていってしまうことも…!?

幼少期からの英語教育は、正義?悪?

英語学習のことで、夫婦の意見が食い違うとしたら「早いうちから英会話教室に通わせたい!」という意見と、「いや、その必要はない!」という意見とで、完全に2分してしまうパターンがほとんどでしょう。

教育熱心な人は、できるだけ早いうちから学習させてあげることで、将来少しでも苦労しないようにさせてあげたい…!と切望するわけですが。自由放任主義だったり、倹約家だったりすると「そんな小さいうちからの努力は無駄だ!」「小さい頃は友達と元気いっぱい遊ぶべきだ!」という主張をしたくなるわけです。

この言い争いの厄介なところは、どちらも正解であり、良し悪しがないということです。

英語を早くから習わせてあげることには、もちろん多大なメリットがあるわけですが、そこには、友達と遊ぶ時間がなくなる、お金が掛かるなどのデメリットも当然発生してくるわけです。すると、そちらの方が気になるという意見が出てくるのも当然のことです。

意見が分かれてしまったらどうする?

このように意見が分かれてしまった時って、一体どうすればいいのでしょうか?

父親、母親、両者ともが子どものためを思い、あるいは家族のためを思い、自分の方が正しいと信じているために、なかなかお互いの意見を飲み込むというのが難しい状況になってしまうことって、多々あることと思います。

こういう状況というのは、たとえば、英語教育以外の場面においてもあるかもしれませんよね。どこの小学校へ通わせるべきだとか、あの子とは遊ばせない方がいいだとか、塾へ通わせるべきだとか。食事のことやしつけのことに関してもそうでしょう。

また、体調のことや、病院のことなどに関しても、今のところでいいとか、いや、もっといい先生がいるんだとか、子どものためを思えば思うほど、真剣になってしまうので、その分、意見も激しくぶつかりあったり…。

しかし、少なくとも英語教育に関していうと、もし、夫婦間において相手の意見と自分の意見が激しくぶつかってしまい、そのためにケンカになるくらいなのだとしたら、「あ、そう。じゃあ、そうしよっか」という感じであっさり引き下がってしまうのも悪くないと思います。

幼少期から英語を習わせるというのは、脳の発達などを考えると確かに重要なことではありますが、習わせなかったからといって命に関わるようなことはもちろんありませんし、人格を形成する上で悪影響が出るというようなこともありません。

受験や入社試験の時に苦労するのでは!?…と思うかもしれませんが、中学校になったくらいから始めたとしても、それで試験をパスしている子はたくさんいます。

ネイティブやバイリンガルのようにペラペラ喋れるようにするためには、幼少期から徹底的にやた方が近道かもしれませんが、生きていくのに必要なレベルの英語力は、遅くからでもある程度は養うことができると、楽観的に捉えてみてください。

ですから、もしパートナーに英語教室へ通わせることを強く反対されてしまった時は、それならそれで、別の何かに時間やお金を使えばいいや、と引き下がった方がいいでしょう。

英語教育よりも大切な「心」のこと

幼少期から英語教育を行わせること以上に大切なことだって、たくさんあります。それは、家族で仲良く過ごすということであったり、常にゴキゲンでいるということであったり、思い通りにならなくても、まあいいや!とすぐに気持ちを切り換えられるような、ポジティブなマインドを持つということだったり。

自分の英語教育をどうするか、ということに関して、お父さんとお母さんが声を荒げてケンカしているのを見たら、幼い子どもはハラハラして、小さな心を痛めてしまうことでしょう。「勝手にしろ!」「そうする!」みたいな感じで、強引に英語の教室に通わせられたとしても、途中で気分が悪くなってきてしまいそうですよね。

日本人は特に、完璧主義で一貫して自分の主義主張を通そうとしたりする人や、こだわりが強く、納得できないことがあると許せなくなってしまうタイプの人が密かに多いように思われます。しかし、正義やこだわりというものは、時に多大なデメリットを生むということについても、考慮していく必要があるでしょう。

何のためにそれを押し通す必要があるのか、よくよく考えていくと、結局は何でも自分の思い通りにしたい、というエゴのためでしかなかったりするので、そうなってしまわないように注意が必要です。

高額を掛けなくても英語学習は可能

ちなみに、もし費用の件で英語学習を反対されてしまった…ということなら、そこまで落胆する必要はありません。たとえ、教室へ通わせることができなかったり、高額な教材を買うことができなかったとしても、今は自宅にいながら動画で良質な英会話のコンテンツを受信することができる時代です。

もちろん、ミライコイングリッシュも!リーズナブルな価格で、体系的な英語学習をすることに適した教材が手に入りますから、オススメですよ!

無料の動画や、安価な教材で、英語に慣れ親しんでいるうちに、英語学習をすることが習慣になり、その子にとっての「英語大好き!」が伸びてきたら、その時にまた改めて本格的な教室へ通わせるべきかどうか、検討するというのもいいでしょう。

まとめ

さて、それではこの記事で解説してきたことを、最後に改めてまとめていくことにします。

子どもの教育のことに関して、真剣になればなるほど、夫婦で意見が食い違ってしまうということも出てくるでしょう。その時、自分の方が正義だと考え、相手を倒してやろう!と考えるのは、ちょっと待った!

言い争いをしたり、ケンカをしたり、仲違いをしてまで、英語の能力を伸ばす必要があるのかということを、改めて考えましょう。それよりは、両親が仲良くしていてくれた方が、子どもにとっては安心です。幼少期から英語学習をさせること以上に大切なこともある、ということを改めて思い返しましょう。

また、授業料の高い教室に通わせたり、高額な費用を購入してまで英語を学習させる必要もないかもしれません。今は無料の動画サイトでも充分に質の高い英語の教材に触れることができますし、ミライコイングリッシュもリーズナブルな価格で良質なコンテンツを提供しているブランドですから是非、検討をしてみてください。