アンケート「幼稚園や保育園で英語教育はありますか?」

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

こちらでは、0歳~6歳という、小さなお子さんを持っているママさん50人に、英語教育にまつわるアンケートを取っていますので、気になる人は是非、最後まで目を通し、チェックしていってくださいね!

我が子を英語がペラペラの天才キッズに育てあげるためには、幼少期からの英語教育が必須になってくるわけですが…、そんな思いを抱えているママさんやパパさんにとって、幼稚園や保育園で英語教育をしてくれるのかどうかって、けっこう重要な問題ですよね?

もし、お子さんの通っている幼稚園や保育園で英語教育がなかったとして…、それなのにこのアンケートの結果が「はい=50%」以上だったとしたら、それってけっこうショッキングだと思いませんか?

「え、他の子ども達は、ただ幼稚園や保育園に通ってるだけで、自然と英語に触れることができちゃってるんだ…」という新たな事実に気づき、焦ってしまう人もいることでしょう。「うちの子って、もしかして全国の他の子に比べて、すごく遅れてしまってるの?」なんて。

いずれにしても、今回の記事に目を通すことで、英語教育に対するモチベーションに火をつけてもらえたり、親子で楽しく英語学習を始めよう!続けていこう!という意識を高める、そのキッカケを得てもらえたらと願っています。


英語教育を受けているのは4割

それではさっそく、気になるアンケート結果をチェックしていくことにしましょう。

お子さんの「幼稚園や保育園で英語教育はありますか?」という問いに対し、「はい」と答えた人の数は全体の42%、「いいえ」と答えた人の数は全体の58%という結果になりました。

ざっくり、半々という感じですが、幼稚園や保育園では英語教育はまだ行われていないと答えている人の方がやや多い感じです。この結果については、いかがですか?意外だったでしょうか?

ママさんやパパさんが子どもの頃には、通っていた幼稚園や保育園の中で、英語教育というのはおそらく行われていなかったのではないかと思います。もし、教育されていたとしたら、それはかなり最先端の幼稚園、保育園であると言えるでしょう。その頃の時代と比べると、幼少期の英語教育というものはかなりメジャーになって来ているんだな、という印象ですよね。

やはり、国際化がどんどんと進み、日本人が海外進出していることや、日本で暮らす外国人が増えてきていることなどが、具体的な理由、背景として挙げられるのでしょう。

幼稚園・保育園での英語教育例

それでは「はい」と答えた人のお子さんが、幼稚園や保育園で実際にどのような英語教育を受けているのか、ということについて、以降で詳しい解説を行っていくことにします。

まず、主だった回答としては「外国人の先生が来ていた」というものです。ネイティブの先生が週に一度くらい園に来てくれて、歌を歌ってくれたり、カードを使って英語を教えてくれたり、お話をしてくれたり、といったような光景が見られたようですね。

これは、小さなお子さんにとって、とても刺激的な経験となることでしょう。自宅にいても、YouTube の動画などで外国語を喋る人を目にすることならできますが、やはり実際に本物の外国人の先生が目の前に現れて、生の英語を披露してくれるとなると、受け取る情報量が圧倒的に違いますからね。

たとえば、テレビで大好きなアイドルを見ていても「わー」くらいですが、もし実際に目の前に本物が来たら「キャーーーーー!!!」と絶叫したくなりますよね?それくらい、「ダイレクトに触れ合う」ということは、本当に特別な体験になるというわけです。

外国語専門の先生がレッスンしてくれる

外国語の先生を非常勤で雇っている幼稚園、保育園というのは、ここ最近、どうやら増えてきているようですね!そういった教育を行っている、ということについて積極的にアピールをすれば、集客面で有利になるという狙いもあったりするのでしょう。

そのほか、日本人の先生が英語のレッスンを行ってくれているというケースも見られました。幼稚園内に英語の超得意な先生がいたら、それはかなりラッキーですよね!

ネイティブな先生でなかったとしても、日常レベルの英会話くらいなら充分教えてくれるでしょうし、アルファベットを教える、あるいは単語を教える、英語の歌を教える、という程度のことであれば、英語の得意な先生でなかったとしても充分に可能なことです。

ご近所の方が英語を教えてくれる

また、幼稚園の先生ではないけれど、幼稚園の近くに英語の得意な人が住んでいて、英語を教えてに来てくれているというパターンも見受けられました。これはかなり特殊なケースですが、そういった形であっても英語に触れる機会があるというのは、子どもにとってかなり有利ですよね!

英語を喋る…まではいかなくても、英語のカードやおもちゃなどを使って、ただ日本語で遊ぶだけであっても、体験としてはかなり貴重なものになるはずです。

そのほか、珍しかった回答としては、希望者のみが幼稚園内でやっている「習い事」としての英語を受講することができる、というもの。必須ではなく、希望者のみを集って、英語を特別に教えてくれるようなシステムがあるんですね。

このサイトに来ているママさんや、パパさんは皆、意識の高い人ばかりでしょうから、もし、お子さんの通っている幼稚園や保育園でそういった習い事の受講者募集が掛かったら、やはり積極的に申し込むのでしょうね!

おそらくですが、料金は無料か、有料だったとしても、幼稚園がやってくれているものなら、そこまで高いものではないでしょう。これが民間の英会話スクールに別途通うとなると、やはり高額なレッスン料が掛かってきてしまいますから、その負担を思うと、幼稚園で特別に英語の授業を行ってくれるというのは、とてもありがたいことですよね。

英語の楽しさを教えてくれる先生が一番!

ただし、誰が教えてくれるのか…というのはちょっと気になるところでしょう。ネイティブの先生でなく、幼稚園の先生がただアルファベットを読み上げるだけ…とかだったら、あまり意味がないのかなぁ…?なんて思ってしまう人もいるかもしれませんね。しかし、幼少期の英語教育において何よりも大事なのは、「英語を好きになる」ということだったりします。

流暢な英語を喋る、ネイティブスピーカーな先生かどうかよりも、「英語って楽しいな!」「もっと英語を知りたいな!」と思わせてくれる先生かどうかの方を重要視するべきでしょう。極端な話、完璧な英語を話す先生だったとしても、性格が意地悪だったり、トラウマを植え付けてられてしまう可能性のある先生だったら、避けておいた方がいいくらいです。

まとめ

それでは、この記事で解説してきたことについて、最後にまとめてお伝えさせてもらいます!

幼稚園や保育園で、英語学習をやっていると答えたママさんは、全体の半数以下でしたが、それでも半分に迫る勢いで今、英語学習に力を入れている幼稚園や保育園は増えてきている、ということがわかりました。

もし、地元の幼稚園や保育園で、そんなことをやっている最先端な施設はないぞ…?と感じたとしても、全国的に見たらおよそ半数近い園児達が小さい頃から当たり前に英語に触れているという事実がこれでハッキリしましたよね!

今は遠く離れた存在であったとしても、大人になったら彼ら、彼女らがライバルとなってくるわけですから、それに負けないように、小さい頃から英語に触れておきたいところです。

これからは海外に向けて情報を発信していく人が強者になれる時代ですから、もう幼稚園や保育園に任せきりにできない!という人は、ミライコイングリッシュと共に、自宅で楽しく英語学習を始めましょう!