英語の動画で意味がわからない場合はどうする?

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

お子さんと一緒に、毎日の英語学習、楽しんでいますか?

この記事を読んでいるママさんは、日常的にお子さんと一緒に英語のアニメを観たり、英語の映画を観たりなんかして、楽しんでいるのではないかと思います。

ちなみに、英語のアニメや映画は、日本語字幕を付けたりせずに、ちゃんと英語のまま、目と耳を使ってしっかり楽しんだ方がいいですよ!…ただ、そうやって英語のコンテンツを鑑賞していると、時々、こんな悩みにぶつかってしまうことがあるでしょう。

それは、「ちょっと何言ってるかよくわからないんですど…」というような、微妙なシチュエーションです。

雰囲気はわかるんだけど説明できない!

ざっくりと、こんなイメージのことを言ってるんだろうな、という「雰囲気」であれば、前後関係から伝わってくるんだけれど、具体的に文字に起こすとなると、何という単語が含まれているのか、さっぱり…!なんてこと、ネイティブスピーカーでもなければ、しょっちゅう起こり得ることでしょう。

子どもから「ねぇ、何て言ってるのー!?」とか「今のって、どういう意味ー!?」なんて質問されてしまったら、正しいことをしっかり答えてあげなければいけないような気もしますし、一体、こういう時はどうするのが正解なんでしょうか?

わからないまま進んでしまって大丈夫?

中には、特に気にせずそのまま観続けてしまっている!という親子さんもいることでしょう。そんな時、ふと心配になるのが…、「今の問題を放置したまま、先に進んでしまって本当に大丈夫なんだろうか?」ということでしょう。

「まあ、いっか!」とその場では割り切れたとしても、うっすらずーっと気になってしまうのだとしたら、ちょっとイヤですよね!ということはやっぱり、わからないことがある度に、しっかりと一時停止をして、辞書や検索ツールを使って、毎回意味を調べた方がいいんでしょうか?

そのままにして先に進んでしまおう!

ミライコイングリッシュ的には、コンテンツに触れている最中、もし聞き取れない英語のフレーズが出てきてしまったとしても「とりあえずそのままにして、先に進んでしまおう!」というスタンスをオススメします。

「今のは、意味がわからなかったぞ…!」という思いがよぎると、途端に不安が大きくなってしまうかもしれませんが、「別にそこまで心配する必要はないんだ」と自分に言い聞かせてあげてください。

まずは英語を大量にインプットするのが大事

英語学習において、特に幼少期の英語学習において最も大事なのは、1つ1つの英文の意味をしっかりと理解することではなく、とにかく「英語のシャワー」を浴び、「大量のインプット」を行うことなんです。

もし、ハッキリと内容が聞き取れず、意味がよくわからなかったとしても、なんとなく英語の発音やリズムを耳にしているだけで、それは立派な情報として、脳内にインプットされると考えてください。

ですから、英語のアニメや映画を観ている時に、8割くらいしか…あるいは、実際のところ、半分くらいしか内容がわからなかったとしても、全く問題ナシ!充分に英語のシャワーを浴びる貴重な時間を過ごせたはずだ!と自信を持ちましょう。最初の頃は、全くちんぷんかんぷんで、理解度が0%だったとしてもいいくらいです。


気になる・重要なところだけ調べてみる

もちろん、意味なんて絶対に調べない方がいい!というようなことを言うわけではありません。「モヤモヤして、気になって仕方がない!」とか「ここの意味がわからないと全体の意味がわからないから、どうしても調べる必要がある!」というような場合には、率先して意味を調べ、理解するように努めたっていいでしょう。

むしろ、親子で楽しく意味を調べることが日課になりそう!というような場合は、あえて積極的に1つ1つの意味を立ち止まって調べたっていいわけです。

全部理解しないと進めない「強迫観念」は間違い

問題なのは、意味を1つ1つ理解しなければ、先に進んではいけないのだ…!というような、間違った強迫観念を持ってしまうことです。この罠に陥ってしまうと、アニメを観ていても、映画を観ていても、いちいち意味を調べようと、ちょこちょこ立ち止まることになります。

すると、なんだかテンポが悪いな…という気がしてしまい、次から英語のコンテンツに触れるのが億劫になってしまいかねません。ですから、全ての意味を無理に全部理解しようとしなくても大丈夫!ということをまずは、きちんと認識しておきましょう。

そもそも、日本人として、日本語のアニメや映画を観ていたって、意味がふとわからなくなってしまうことや、発音が聞き取れなくて「あれっ?」と思ってしまうことって、普通にありますよね?ですから、英語のコンテンツを観ていて、完璧に内容を把握できなかったとしても、それはごくごく普通であり、当然のことだと捉えましょう。

完璧主義の日本人

日本人は、何かと完璧主義なところがあるので、内容を理解できなかった時、「自分の理解力が足りないからだ…」とか「注意力が足りなかったからだ…」とか「自分の耳が悪いからだ」なんて自分自身を責めてしまいがちですが…。

よくよく考えてみたら、聞き取れないような言葉を発音していた演者や作り手の側に問題があったのかもしれませんよね。それに、混乱を招くような内容の脚本だったのかもしれないわけです。そう…、最初の方でも触れましたが、英語のコンテンツを楽しむ時には、全ての意味を完璧に把握しようと気張るのではなく、半分くらい把握できたら、別にそれでいいや…という風に思い切り割り切ることが大切なんです。

内容をあまり理解できていなかったとしても、英語のリズムやテンポ、雰囲気や表現方法などについては、しっかりとシャワーを浴びることができているのですから、そこに費やした時間にはちゃんと自信と誇りを持ちましょう。

バケツに水=英語をためる

幼少期の英語の能力を高めていく時には、バケツに水がたまっていく映像をイメージしてみるといいでしょう。英語のシャワーを浴びせることによって、バケツにどんどんと水が注がれていくわけです。

バケツの水がいっぱいになるまでは、外から見ると何の変化もなさそうに思えますが、あるところでバケツから水がワーッ!と大量に溢れ出してくるわけです。つまり、突然英語が手に取るようにわかったり、ペラペラと口をついて自然に出てくるようになるということが起こるんです。そんな日を楽しみに…あまり神経質にならずに、とにかく英語のコンテンツに触れまくりましょう!

まとめ

さて、それではこれまでの記事で触れてきたことについて、おさらいをしてきます。

親子で英語のアニメや映画など、様々なコンテンツを楽しんでいる際、聞き取れなかったフレーズや、内容のわからない英文が出てきてしまうと、「どうしたらいいんだろう…」と混乱してしまう人もいることでしょう。1つ1つの意味をきちんと調べてから先に進むべきなのかな?というような不安を抱えてしまう人は、多くいると思われます。

しかし、内容を100%理解しなければ、次へ進まない方がいい!というようなことは決してありません。むしろ、それをやってしまうと、英語学習のリズムやテンポを狂わせることになってしまいかねないのです

もちろん、親子で楽しく1つ1つの意味を調べることに、楽しみを見出せるのであればそれに越したことはありませんが…、それよりも、今は英語のシャワーを浴びている時間なんだ、というように意識を変換してしまう方がいいでしょう。

ネイティブな人の発音や、ジェスチャーの雰囲気などなど、英語で話すということに対して「とりあえず雰囲気を掴む」という経験を積むことは、とても大事です。あまり意味に囚われ過ぎて、完璧主義な罠に陥ってしまわないように気をつけましょう!