アンケート「幼稚園のここが不満 1」

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

0歳~6歳の小さなお子さんを持つママさん50人に、幼児教育にまつわる様々なことを質問し、アンケートの結果を解説しながら、お伝えしていこうという試みをお届けしています!

今回のタイトルは「幼稚園のここが不満」となっています。

この記事を読んでいるママさんは、お子さんの通っている幼稚園に対して、何か不満を持っていたりするでしょうか?「何もない!大満足ー!」という人も、「実はちょっとこんなところに不満を持っていて…」なんて人も、是非こちらの記事を読んでいってください。

同じような悩みを持っている人がいるとわかったら、それだけでも救われたような気持ちになるかもしれませんし、記事の中で、不満を解消するための何らかのヒントが見つかるかもしれませんので、最後まで目を通していってくださいね。


幼稚園の庭にちょっと不満が

それではさっそく、アンケートの結果をお伝えしていくことにします。

ママさん達が幼稚園に対して持っている不満、第1位は「幼稚園の園庭が狭い」というものでした。なるほど…これは、都心部に住んでいるママさん達にとって「あるある」な不満なのかもしれませんね。

街中にある幼稚園や保育園で、土地のスペースが狭小だと、遊具がギュウギュウ…!という状態だったり、緑がほとんどなかったり。そもそも園庭がない、なんていう幼稚園、保育園もあったりするようです。

そんな小さいスペースでは、お遊戯会や運動会の時など、本当にギッシリの人混みで大混雑してしまいますよね!最近ではウイルスの流行なども気になるところですし、やっぱり伸び伸びとした空間であって欲しい!という願いは、誰もが抱くところでしょう。

ただ、このお悩みに関しては、「子どもの目線から見ると、意外に園庭は広く感じる」ということについても同時に論じさせておいてください。

小さい頃通っていた幼稚園に、大人になってから訪れると、「あれ!?こんなに狭かったっけ!?」と感じることがほとんどではないかと思われます。子どもは背も低いですし、ちょっとしたことでも多大な刺激を受ける傾向にありますから、大人にとっては狭小な園庭であっても、意外に充分広く感じていたりするかもしれませんよ!

「お弁当が大変!」給食関連の不満

幼稚園に対してママさん達が不満に感じていることの第2位は「給食関連」でした。

「お弁当を作らなくてはいけない!」ということに関して、物理的、精神的、金銭的、時間的に負担に感じているママさんがとても多いようです。それはそうですよね…。なにしろ、平日はほとんど毎日になるわけですし、メニューを考えるのだって材料を揃えるのだって、早起きをするのだって、容易なことではありません。ましてや、働いているママさんだったり、何人ものお子さんを抱えているママさんにとっては、過酷な重労働となることでしょう。

人によっては、他のママさんからの視線を気にしてしまう場合だってあります。うちの子のお弁当だけ貧相だと言われてしまったらどうしよう…というように。ママさんが頑張り過ぎることを懸念して、最近ではキャラ弁を禁止する幼稚園なども出始めていたりしますからね。

また、給食が出てくるのは良いものの、あまりにもまずくて子どもが食べられない…という悩みを抱えている人や、出てくる量が多すぎて、子どもが完食できず、達成感を得られない日々が続いているというお悩みなども見受けられました。

ただ、これらは日本が飽食の時代を迎えたからこそ言える悩みかもしれませんね。半世紀くらい前には、食べるものすらなかったわけなので、これくらいの悩みは贅沢といえば贅沢なのですが…。ただ、できれば毎日、美味しいものをほどよい量だけ食べさせてあげたいですよね。

場所によっては大変!

ママさん達が幼稚園に対して抱いている不満の第3位は「場所」に関するものでした。

様々な事情から、自宅よりだいぶ離れているところにある幼稚園、保育園に通っている人は、それだけで毎日苦労をしてしまっているようですね。

「高台にあるから階段を昇るのがしんどい」…という人や、「自転車に乗らなければいけない」…という人などなど。

「だったらもっと通いやすいところを選べばいいのに!」と思われてしまうかもしれませんが、どうしてもそこに通わなければいけない事情がきっと色々あるのでしょう。

そもそも近くに幼稚園がなかったとしたら、遠くても通わなければいけない、というのは仕方のないことですよね。

車で送り迎えしているんだけど…

幼稚園に対する不満の第4位は、「駐車場」に関する問題でした。

園への送り迎えを、徒歩や自転車で済ませられる人は良いのですが、車で送迎しているという人にとって「停めるところがない」というのは重大な問題ですよね。

渋滞してしまえば、近所の住民に迷惑を掛けてしまうことになりかねませんし、下手をすれば事故を招いてしまうこともあるかもしれません。

こちらも上位の問題同様、「もっと近くに通えばいいのに」という一言で済まされてしまいそうな問題ですが、そういうわけにもいかないんですよね。

英語のプログラムはないの?

さてさて、第5位は英語教育にも関わってくることでした。その内容は「カリキュラム」に関わること。学業に関して、あまり力を入れてくれてない…ということに関して、不満を抱いているママさんがいるようでした。

英語のプログラムがないとか、音楽のプログラムがないとか、教育がなんとなく画一的でつまらない…といったようなお悩みです。

幼稚園生の頃というのは、友達と思いっきり遊ぶことを覚える方が、なんとなく健全な人間に育っていきそうな気もしますが…。それでも、英語学習なんかは早いうちに始めれば始めるほど、高い効果が期待できたりしますから、幼稚園が力を全然入れてくれない…ということが不満につながるのも当然、理解できます。

まとめ

さて、それではこの記事の中でお伝えしてきたことを、あらためておさらいとしてまとめていくことにしましょう。

幼稚園に対して抱えている不満ですが、主に都心部に住むママさん達から「園庭の狭さ」「駐車場の狭さ」「場所の不便さ」などに関するお悩みが挙げられていました。こういったことは、物理的な問題なので、なかなか意識のレベルで解決していくことは難しいかもしれませんね。

給食に関することも、園の方針で決められてしまっていることについては、甘んじて従って受け入れていくしかないでしょう。

ただ、こういった問題については、あらかじめ調査をすることができるはずですから、入園してしまってから後悔をしないよう、事前にチェックをするのが望ましいです。今後の参考にできそうな人は是非、覚えておいてください。

また、カリキュラムの問題に関しては、幼稚園や保育園に対して「物足りない!」と嘆いているだけではなく、自宅で積極的に補完していくようにしましょう。幼稚園で英語を教えてくれないからといって「残念だねー」で終わらせるのではなく、「それなら自宅で学習しよう!」とか「英会話スクールを探してみよう!」というように、次の行動に移らないことには、結局、他の子ども達と一緒に遅れを取ってしまうことになります。

以上、小さなお子さんを持つママさん達が、幼稚園に対して抱いている不満をお伝えさせてもらいました。同じような悩みを持っているんだなー、ということでなんとなくホッとした人もいたかもしれませんし、新たな打開策がひらめいた!という人もいるかもしれません。この記事が、我が子の英語学習に熱心なママさんにとって、何かのお役に立てば幸いです。