アンケート「インターナショナルスクールに通わせてみたいママさんは◯◯%!」

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

幼児英語に関するミライコアンケート調査です!今回は、幼児期に通わせる「インターナショナルスクール」に関することをお届けします。

この記事を読んでいるママさん、パパさんは、お子さんを「インターナショナルスクール」に通わせてみたいと思っているでしょうか?「はい」な方も、「いいえ」な方も、是非、今回のアンケート結果を参考にしていってくださいね。

こちらの記事でお伝えしていくのは、「はい」と答えた人の比率や、その具体的な理由、回答内容などです。インターナショナルスクールには惹かれない…と回答した人の意見も、他の記事で詳しく紹介しているので、気になる人は是非、そちらも併せてチェックしていってくださいね!


インターナショナルスクールに通わせてみたい「はい」は56%

それでは、今回のアンケート結果について、さっそく解説をしていくことにします。

まず、「インターナショナルスクールに通わせてみたいですか?」という質問に対し、「はい」と回答した人の数は、56%という結果になりました。これに対し、「いいえ」と答えた人は残りの44%です。

ざっくりとですが、およそ半々というイメージで捉えて良いでしょう。半分よりもちょっとだけ多い数のママさんが、インターナショナルスクールに対して好意的に捉えているようです。

第1位は「英語力がつきそう」

さて、「はい」と回答した人の理由についてですが、ベスト3の第1位は、「英語力がつきそうだから」というものでした。とてもシンプルで明快な回答理由ですね!

語学力を高めるためには、早期から教育をする方が断然有利である!というのは、もはや常識となっています。これは言語に限らずなのですが、小さい頃の脳というのは、本当にスポンジのように柔らかくて、なんでもあっという間に吸収してしまうので、この時期にマスターして欲しいことがあるのなら、どんどんやらせた方がいいわけです。

しかも、英語学習において最も重要になってくるのは、いかに大量のインプットとアウトプットを行うのか、ということです。幼少期からインターナショナルスクールに通わせていたら、貴重な時期に膨大な時間、英語に触れながら過ごすことになるので、周囲の子どもと比較した時、間違いなく圧倒的に高い英語力を身につけることができるでしょう。

この時期に「英語を聴く耳」が育てば、大きくなってからも、その耳のままで語学を学習することになるので、なにかにつけて有利になるだろう…と考えるのは当然のことでしょう。

国際社会を幼少時から体感できる

また、仮に英語力が身につかなかったとしても、日本語とは違う言語が、当たり前にすぐ傍に存在している、という理想的な環境そのものに魅力を感じているママさんもいるようでした。

日本という国は元々、民族単一性の高い国家なので、ちょっと「差別意識」が強かったりしますよね?「出る杭」を打とうとしたがる文化というのでしょうか…。皆と同じような服を着て、同じようなテレビを見て、同じようなものを食べていないと、「異端児」扱いされてしまい、イジメを受けやすくなってしまう、そんなイメージってありませんか?

その点、インターナショナルスクールに通っていれば、人間には1人1人、個性があるということや、皆と違っていていいんだ、という考え方が当たり前に身につくので、これからの国際化社会を生き抜いていく上では、色々な意味でかなり有利となることでしょう。

また、幼稚園や小学校へ通っている上に、英語をわざわざプラスアルファで学習しよう…となると大変ですが、インターナショナルスクールに通わせてしまえば、生活をしていく中で自然と楽しく英語を学んでもらえるので、そのことに魅力を感じているママさんもいるようでした。

2位「自然に英語が学べる」

さてさて、小さいお子さんを持つママさん達が、我が子をインターナショナルスクールに通わせたいと考える理由の第2位は、「異文化を学べる」というものでした。

「色々な国の文化に触れることができる環境」というのは言葉で書いてしまうとすごく簡単なことのようですが、実際にはとても尊いことであり、滅多にできない貴重でありがたい体験です。外見も内面も生活習慣も、1人1人が全く違う世界を有しているような、特殊な環境に身を置くことになるので、普通に日本の幼稚園や学校へ通うより、何倍も何十倍も強い刺激を受けることができるでしょう。

もちろん、日本の学校へ通っていても、1人1人個性は違っているわけですが…、インターナショナルスクールで感じられる「個性」というものは、その何倍も何倍もインパクトの強いものになります。なんなら、日本人は皆同じにすら見えてしまうかもしれないほどです。自分のアイデンティティを、より強く持つことができる…という意味においても、インターナショナルスクールへ通うというのは、本人にとって貴重な体験となることでしょう。

多様な文化や価値観に対応できる

インターナショナルスクールへ通うことで、英語の能力が身につく…というよりも「グローバルな発想をする人間になれそう」ということに期待を寄せているママさんもいるようでした。世界には多様な文化や価値観が存在している、ということを幼いうちから感覚として知っておけば、自然と「人間に対して優劣をつけない」ような、徳の高い感覚も養うことができるでしょう。

3位「海外でも通用する人材になってほしい」

ママさん達が、我が子をインターナショナルスクールに通わせたいと考える理由、その第3位は「将来海外でも通用する人材になって欲しい」というものでした。

現在、日本はどんどん国際化が進んでいます。もし、英語そのものを扱うような仕事に就かなかったとしても、お子さんの生み出したコンテンツを海外の人が求める可能性は充分にありますし、活躍のフィールドが突然海外になるということだってあり得るでしょう。

大きなチャンスの波がやってきた時に「ちょっと自分は英語ができないんで…」という理由で、そのチャンスを逃してしまうことになったら、それは大きな損失となることでしょう。しかし、幼少期から国際色豊かな人物になっておけば、少なくとも将来、食べるのに困ったり、苦労をしたり…ということはないはずだ!なんて考えている親御さんも多いようです。

金銭的な問題さえなければ絶対にインターナショナルスクールへ通わせたい!という強い意志を持っているママさんもいるようでした。

まとめ

さてさて、今回のアンケート結果を受けて、いかがでしたか?どのような感想を持ったでしょうか?

インターナショナルスクールという発想なんて、これまで全くなかった…!という人であっても、およそ半数以上のママさんが、我が子をインターナショナルスクールへ入れたいと考えているという結果を目にしてしまったら、「うちも、もっと真剣に考えてみようかな…」なんて思ってしまったのではないでしょうか?

やはり、幼少期の早い段階から、英語に触れたり、異文化を取り入れるということに対しては、強い魅力を感じている人が多い、ということがうかがえました。

ちなみに、このような流れに対し、逆に「全く興味を持てない」「むしろ、日本語をおろそかにしてほしくないからインターナショナルスクールへは入れたくない」と考えているようなママさん達も、かなりのパーセンテージで存在しています。

的確な判断をするためには、どちらの意見もしっかりと頭に入れた上で検討するのがいいでしょう。そのため、冒頭でも少し紹介した通り、「インターナショナルスクールに惹かれない理由は?」というアンケート結果の方も是非、チェックをしていってくださいね。