英語の読み聞かせ。ここに注意しよう

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

小さなお子さんをお持ちのママさんへ。英語の絵本、読み聞かせはちゃんとやってあげていますか?日本語の絵本だったら頻繁に読み聞かせてあげているというママさんも、英語の絵本…となると、「それは、さすがにちょっとやってません…!」なんて人が多いかもしれません。

昔、海外に住んでいた経験があるとか、英語を今も現役で勉強している、なんてママさんだったら余裕かもしれませんが、そうでない人にとって、絵本を英語で読み聞かせしてあげるというのは、非常にハードルの高いことですよね!

自分の変な発音が子どもにうつってしまったらどうしよう…なんて心配で、絵本を手に取る発想すら持てない!という人もいるのではないでしょうか?得意でない英語を、子どもの前で披露するとなると、それだけでも「ちょっと恥ずかしい…」って思ってしまったりしますしね。

どの絵本を選んだらいいの?

また、いざ英語の絵本を読んであげようと思っても、種類が多過ぎて、一体どれから始めたらいいのかさっぱりわからない!なんて人もいることでしょう。日本語の絵本だったら、パッと内容を流し読み出来ますが、英語の絵本だと、そもそもどんなストーリーなのかを親が先に理解するだけでも大変そうです。

なんとなく、本屋さんへ行ったはいいけれど、結局そのまま帰ってきてしまった…なんてことを繰り返している人もいるかもしれませんね。

絵本の読み聞かせはとっても大事

英語の絵本を読み聞かせてあげるということは、子どもに英語への興味を持ってもらう上で、とても大切なことですので、ママさんの英語の能力の高い低いに関わらず、これは是非、積極的にやってあげましょう!やってあげない方がいい…ということは絶対にありません。

英語の絵本を選ぶ時、まず最初に意識すべきことは、お子さんの年齢やレベルに合っている絵本を選んであげる、ということです。どうせすぐ大きくなるだろうから…という理由で、あえてちょっと難しい本を選びたくなってしまう人もいるかもしれませんが、それはあまりオススメができません。もちろん、たくさん手に取る中の1冊としてちょっと難しい絵本があるのなら良いのですが…。最初から子どもが理解できないようなレベルの高い絵本を与えてしまうと、それがキッカケで英語が嫌いになってしまうかもしれませんから、そこには気をつけましょう。

年齢別、絵本の選び方

たとえば、まだまだ乳幼児を卒業したばかり!というくらいの小さなお子さんに与えてあげるのであれば、基本的にイラストが中心で、そこに単語が描かれている…くらいのレベルで充分かもしれません。物や土地などの名前がわかるような、図鑑形式のものを選んであげるといいでしょう。図鑑となると、いわゆる絵本のイメージとは違うので、これで絵本を読んであげてるって言えるの?と思うかもしれませんが、それでも大丈夫です。

そこから年齢が徐々に上がってきたら、今度は物語形式の絵本を読んであげるようにするといいでしょう。いつまでも、イラストが描いてあるだけの絵本中心だと、飽きてしまうかもしれないので、内容を移行していくタイミングを見極めることが大切です。

興味のある分野を選ぶのがコツ

また、図鑑や物語を選ぶ際、できるだけお子さんが興味を持ちそうなジャンルのものを選んであげるようにするといいでしょう。

たとえば、男の子で車に興味を持っていそうな場合だったら、図鑑を選ぶにしても、物語を選ぶにしても、車の図鑑を選ぶようにしたり、車が主人公の物語を選ぶようにするといい、といった具合です。

逆に女の子で、動物や花に興味を持っていそうなのに、車の図鑑を与えたとしても、吸収力はあまり期待できないでしょう。日本語であろうと、英語であろうと、自分にとって興味のないものというのは、情報として頭に入って来づらいものです。

お子さんが、日本語の絵本の中でだったら、どういったものを好んでいるのか、ということも英語の絵本を選ぶ際の参考基準となることでしょう。

「オススメの絵本」はいかが?

子どもが興味津々!という感じで熱心に耳を傾けてくれるとなったら、ママさんとしても楽しんで絵本を読み聞かせてあげることができそうですよね?というわけで、親子で夢中になれそうな英語の絵本を積極的に探してみてください!

本屋の店頭でプッシュされていたり、ネットの動画などで紹介されていたりする「オススメの絵本」を選んでみるというのも、もちろん悪くない方法です。

ただ、1番良いのはお子さんとママさんが、直感でその絵本を気に入るかどうかです。本屋の隅っ子の方に置いてある、あまり注目されていなそうな絵本が、一生の宝物になる可能性だってありますから、あまり他人の意見には惑わされないようにしてくださいね。

まずは英語を好きになってもらう

冒頭でも少し触れましたが、英語が苦手で、正しい発音ができそうにないから、子どもに英語の絵本を読んであげることができない…と考えてしまうのは、とてももったいないことです。

発音の良し悪しなど、一切気にする必要はありません!それよりも、なによりも、まずは子どもを「英語好き」にしてあげよう、という思いを持つことが大切なのです。

自分の母親がとても楽しそうに英語の絵本を読んでくれたら、それだけで子どもは英語に対して良い印象を抱くことでしょう。また、あえて下手クソに読んだり、カタコトな感じで読むというのも、それなりにオススメできる方法です。子どもは、お母さんの下手クソな英語を、面白がって喜ぶかもしれませんし、「僕の方が上手だよ!」「私がママに正しい発音を教えてあげる!」というような感じで、かえって自信を持ってもらえるキッカケとなるかもしれません。

発音は気にせずに

正しい発音は、大きくなってから英会話スクールなどに通えば、自然と身についていきます。ですからまずは、英語の絵本を読んであげることで、親子の交流を図りましょう。

絵本を読んであげるというのは、それだけで親子の大切な団欒の時間になりますし、英語の絵本を読んであげるようにすれば、さらに異文化に興味を持ってもらえるキッカケにもなり、本当に一石二鳥どころか、たくさんのメリットが得られるので、挑戦してみてくださいね。英語を読むことに対して、恥ずかしがっていたらダメですよ!

さて、それでは最後に、この記事でお伝えしてきたことをあらためてまとめ、おさらにしていくことにしましょう。

まとめ

子どもが小さい頃から、英語の絵本の読み聞かせは、絶対にやってあげた方がいいです!もし、本の種類が多すぎて迷ってしまった時には、できるだけその子が興味を持ってくれそうなジャンル、内容のものを選んであげるようにしましょう。また、年齢やレベルに合わせたものを選ぶということも大切です。

まだまだストーリーを理解するのが大変そうな子には、イラスト中心の図鑑などを与えてあげて、一緒に指をさしつつ、発音するなどして楽しむようにするといいでしょう。そして、もう少し大きくなってきたら、物語形式の絵本を読んであげるようにするといいかもしれません。

オススメ図書としてプッシュされている本や、話題の本を選ぶのもいいですが、1番大切なのは、ママさんとお子さんがその本に対して、ピン!と来ているかどうかです。小さい頃に手に取る本というのは、本当に一生心に残りますから、本屋さんへ行ったら是非、じっくりと運命の絵本を吟味してみてくださいね!

正しい発音で読まなくちゃ…なんて、身構える必要はありません。とにかく、まずは親子で英語の絵本を楽しみましょう。