アンケート「YouTubeの英語動画を見せない理由は?」

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

こちらの記事では、0歳?6歳の小さいお子さんを持つママさんたち50人に「YouTube の英語動画を見せない理由は?」というテーマでアンケートを取った回答結果について、お伝えをしていきます。

この記事を読んでいるママさん、パパさん達は、お子さんに YouTube の動画を何かしら、日頃から見せていたりしますか?

質の悪いものも多そうだから…という理由であえて避けている人もいれば、すっかり YouTube に頼り切りで、スマホに子守を任せきっている!なんて人もいるかもしれませんね。

YouTube を活用しているという人も、そうでないという人も、こちらのアンケート結果を是非、参考にしていってください。また、アンケート結果を受けて、問題点を解決するための具体的な秘策なんかもお伝えしていくことにしますので、最後まで目を通していってくださいね!


質が悪いものは見せたくない

それでは、さっそく気になるアンケート結果を発表していきます。

YouTube を見せていない最もメジャーな理由として挙げられていたのは、「質の悪いものが多そうだから、見せたくない」という感じの意見でした。

有料のしっかりとしたコンテンツであればともかく、YouTube は基本的に無料で利用できてしまうツールですから、その内容については本当に玉石混交。素晴らしく質の高いものもあれば、イタズラまがいの粗悪なものまで、レベルは様々なんですよね。

なんらかのフィルターに掛けることが自動で可能ならば良いのですが…、うっかり我が子が悪質な動画に触れてしまったらどうしよう!ということが気がかりな親御さんは、やはり多いのでしょう。

英語云々…に関わらず、とにかくPCもスマホもタブレットも一切禁止!動画は中毒になるし、悪影響がありそうだから見せない!という家庭も少なからずあるはずです。

見たくなければ意味がない

また、「強制的に動画を見せてもあまり意味がないから」というような意見もありました。自然に子どもが興味を持つよう、誘導をしているつもりでも、本当に一切関心を示してくれないため、挫折してしまう…というようなケースもあるのでしょう。

「子どもに関心を持ってもらうのって、そんなに難しいこと?」と思えてしまうかもしれませんが、こればっかりは、その子のママさん、パパさんになってみないと、うまいことその子の気をひくのがいかに大変なことか…というのは、わかりませんからね。

見て欲しいものに誘導するのが難しい…

きちんと英語の動画だけを子どもに見せるのが、実は難しい…という意見も目立っていました。英語動画の質自体については、評価できるけれども、その動画だけを見てくれるとは限らない、というものです。

これについては確かにそうなのですが…、ただ、こういった意見を述べている人は、子どもにスマホやタブレットを「丸投げ」してしまっているのかもしれませんよね。

スマホの操作まで、すべてを子どもにまかせてしまったら、結局子どもが別の動画を見始めてしまうというのは、当然、想定の範囲内といったところでしょう。

日本語の面白い情報発信をしている YouTube rが普通にたくさんいるのにも関わらず、わざわざよくわからない言語の動画を真面目に閲覧しようとする子なんて、むしろごくごく少数で限られていることでしょう。

しかし、だからという理由で、YouTube の利用そのものを完全に控えてしまうというのは、ちょっともったいないかもしれませんよ!

もし、子どもが別の動画を見始めてしまう…ということについて懸念しているのであれば、ママさんやパパさんの方で、操作を担うようにしてみてはいかがでしょうか?たとえば、動画はテレビの画面で流すけれど、操作だけは手元のスマホで行うようにする…といった感じです。

こうすれば、次にテレビの画面から流れてくる動画については、大人が自在にコントロールをすることができます。もちろん、その間はしっかりと傍にいて管理をしなければいけない状態になりますが、うまいこと「再生リスト」などを利用すれば、たとえ長時間その場を不在にしていたとしても、大人が選んだ動画のみを自動で再生することだって可能になります。

こういったテクニックについては、他にもいくらでも考えられるので、大人は大人で、自分にとって必要な勉強をし、工夫をするようにしてみるといいでしょう。

動画の真似をしてくれない…

そのほかには、動画を見せてあげても、子どもの方が見るだけでちっとも真似をしないから、見せる必要性を感じない…といったような意見がありました。また、動画を適当に見せているだけでは、あまり意味がないのでは?というような、近い意見もあがっていました。

これについても「考え方を変えることで打開の道が見えるのでは?」といった感じです。まず、見ているだけでちっとも真似をしてくれない、ということについてはあまり深刻に考える必要がないでしょう。

幼少期には、アウトプットよりもむしろ、「大量のインプット」の方が大事です。一見、何も吸収できていないように見えて、実は水面下にある脳内のバケツに、どんどん情報の水が溜まっていっているような…、そんなイメージを持ってみてください。

このバケツの水は、突然いっぱいになったりはしません。何日も、何週間も、何ヶ月も掛けて、徐々に徐々に溜まっていき、ある日突然、飽和状態になって溢れ出すのです。

適当に見せているだけでは意味がない

動画を適当に見せているだけでは意味がないのかな…という疑問に対しても、同じようなことが言えます。もちろん、質の高い動画をピンポイントで狙って、濃厚に与えてあげることができればそれに越したことはないのですが…、適当に流れてきた英語の動画をただ漫然と眺めているだけであっても、英語の情報はちゃんと水面下のバケツにちゃんと溜まっていきます。

一番よくないのは、「何も意味がないのかな?」と思って、インプットをパッタリとやめてしまうことです。英語を学習する上でもっとも大事なのは、とにかくコツコツ毎日継続をするということなんです。

そのため、たとえ真似をしてくれないように思えても、あまり重要そうでない動画を見ているように思えたとしても、まずは英語のインプットを続けてみるように意識してください。

まとめ

さてさて、それではここまでの記事でお伝えしてきたことをまとめておさらいしていくことにしましょう。

YouTube の英語動画は、多くのママさん達を魅了しています。その理由は、無料であることや手軽で誰でもすぐに楽しめることなど。しかし、中には子どもにはできるだけ動画を見せたくないい!と考えているママさんもいます。

質の低い英語動画を見せることに対して危機感を持っている人や、気づけばいつの間にか関係のない動画を見ているといった事態に対して懸念しているからこそ、動画とは距離を置いているようなのですが…。

こういった心配事というのは、親側のちょっとした努力によって払拭をすることもできます。たとえば、次に流れてくる動画を、親の方で管理したり、質が高く信頼できるサイトの配信している動画ばかりを意識的に選択するようにする、などなど。

はじめからスマホやタブレットを子どもに丸投げしてしまうのではなく、ママさん、パパさん達の方でも、設定を調整するなど、できる限りの努力や配慮をしてみるといいでしょう。その分、手間は掛かるかもしれませんが、そこさえ乗り越えてしまえば、YouTube はある意味、最強の英語学習ツールであるといえます。しかも無料なのですから、これを積極的に利用し、我が子に大量の良質なインプットを行ってあげられるよう、是非、挑戦してみてください!