アンケート「習い事の1番の効果は何だと思いますか?」その1

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

こちらでは、幼児英語に関することや、それに付随するようなテーマに関して、0歳~6歳の小さなお子さんを持つママさん50人にアンケートを取った結果について、ご紹介していきます。

今回は、「習い事の1番の効果は何だと思いますか?」という題材でアンケートに答えてもらっていますので、その気になる結果を是非、チェックしていってください。


効果の第1位は「努力を続けることを経験できた」

第1位は、「努力の継続性の経験」という結果になりました。

これは、意外な結果だったでしょうか?それとも、「うちもそうだよ!」と自然に納得できる感じでしょうか?

習い事をすることで、専門的な知識や技術を身に着けて欲しい…というよりも、実は「1つのことを長く続ける」という経験から得られるものこそを大事に考えている、ということなんですね。挫けそうになっても、そこでめげずに次も通うという経験は、確かに強い身体や心を養うことにつながりそうです。

昔から「継続は力なり」と言われている通り、何か1つのことをずっと持続するということは、人間にとって非常に貴重な能力です。どんなに高い技術を有していたとしても、何かを始めてみよう!と思い立った時、それが結局3日坊主で終わってしまうようでは、全く意味がありませんからね…。

だからこそ、習い事というフィルターを通して、1つのことを継続して続けられるような、根性のある人間に育ってもらおう!という、ママさん達の意図が働くわけです。

上のように、人間として、継続して努力する力を身につけて欲しい諦めずに最後までやり遂げる人になって欲しい何かに一生懸命コツコツ取り組むという経験をして欲しい、といったようなことがトータルで1位にランクインしていました。

新しいなにかに対する好奇心が育った

第2位は、「好奇心の促進」という結果になっていました。

幼稚園や、学校に通っているだけだと、どうしてもそこだけが「世界の全て」だ…と思ってしまう傾向にあります。実は、学校というのはごくごく限られた狭い世界であって、そこから一歩外へ出れば無限の世界が広がっているんだ…、ということを感じられる、そのまず第一歩が習い事であるというわけです。

そこで出会う先生や、別の学校のお友達というのは、日常の世界から少し外にいる存在なので、本人にとって非常に刺激的に感じられることでしょう。

そういった世界に足を踏み入れ、新しい何かを専門的に学ぶということにより、知的な好奇心や探究心が育つであろう、というのは当然の発想です。そこで学んでいることそのものが大事…というよりも、ありとあらゆることに興味を示すような、感性の豊かな人間に成長して欲しいという思いがあるわけですね。

また、人間として価値観が多様になり物事を多角的に捉えたり柔軟に発想できたりするようになることも、期待しているのでしょう。これからの時代、何か問題が起きた時には、それを自分の力で解決する能力が求められます。それに、これまでのやり方では通用しなくなるシーンもどんどん増えてくるはずなので、発想力の豊かさはなおのこと求められるようになっていきます。

そのための成長の一助となるように、習い事をやらせるというのはとても効果的だと考えられているわけです。

単純に、可能性が広がるという意味でも、習い事には意味があると考えられているようです。興味のある何かにとことん向き合うことで、周囲の友達よりも深く1つの物事を極めることができ、それによって優越感や達成感を味わうことができるというのも、貴重な経験となることでしょう。

技術が身についた

第3位は、「技術が身につく」という結果でした。

第1位や、第2位の結果は、習い事をすることにより、間接的に人間として大きく成長して欲しい…というような内容でしたが、第3位の結果は、とても率直でストレートなものです。

たとえば、水泳を習わせる場合には、「水を怖がらなくなくなって欲しい」という思いがあるわけです。泳ぎがうまくなって、運動神経が良くなり、体力も身につくだろうから、というごくごく自然な発想ですね。

ちなみに「泳げる」というのは、いざという時に命を守ってくれることになる技術ですから、必然的にその優先度は上がります。海や川に入って、小さな子が溺れてしまう…という事故は毎年、起きていますからね。


以上、ランキング結果を発表させてもらいました。

習い事は技術以外にも付加価値が

この結果から言えるのは、習い事というのはどうやら、何か専門的な技術を身につけて欲しいから、という理由だけで通わせるものではないようだ、ということです。

習い事に通うという経験を通して、人間的に成長して欲しい、視野を広げて欲しい、というような願いをこめているママさん達が多いみたいですね。

その中でも特に、多くのママさんが願っているのが、コツコツと何かを継続できる人間であって欲しいということのようです。この結果は意外だったでしょうか?それとも、普通に納得できる結果だったでしょうか?

なぜ「英語」なのか?

つまり、「英語なんて、習ったところで将来必要にならないかもしれないから、別に通わせる必要なんてないわ!」と判断するのは、ちょっと早いのでは?ということです。

そうではなく「とにかく毎日英語をやるんだ!」と決めてしまい、それを継続してやり続ける、という行為にこそ意味があるというわけです。もっといってしまえば、その内容は、英語であっても、フランス語であっても、ドイツ語であっても、何でもいいわけですが…。

せっかく何かを継続して学ぼう!というところの手前に立っているのであれば、少しでも将来的に役立ちそうなものを優先的に学ぶのがいいに決まっていますよね。そうなってくると、世界共通語である「英語」を学ぶのが当然、ベストになってきます。そして、ありとあらゆる試験であったり、コンテンツ制作であったり、重要な人とのコミュニケーションの時に備える、というのが最高の選択肢でしょう。

まとめ

習い事に対しては、実はちょっとネガティブなイメージを持っているというママさん、パパさんも、中にはいるかもしれませんね…。何しろ、小さい頃は、家でファミコンをするなどして遊んでいたかったのに、強制的に習い事に連れて行かされるわけですから。習い事がある曜日だけでなく、そのほかの曜日も、その習い事のために練習、トレーニングを積まなければいけなかった…なんて。そんな苦い思い出を抱えている人も少なからずいるのではないでしょうか?しかし、その経験は、確実に今のあなたの忍耐強さなどを作る土台となっているはずです。

子供本人が死ぬほど嫌がっているのに、無理をしてまで連れて行く必要はないのかもしれませんが。しかしそうでもしないと、完全に自らの意志に任せていたのでは、本当に何もやらないままできるだけ楽をしようというぬくぬくとした考えの甘い大人になってしまうかもしれません…。やはり、ある程度は親が半強制的にコントロールしてあげた方が、本人のためになるのではないか?ということです。

以上、何か参考になるようなことや、考え方の転換につながるような発見はありましたでしょうか?英語が必要になるか、必要にならないか、ということばかりに囚われ過ぎず、是非、「継続をする」という貴重な能力を磨く良い機会になるのだ、と発想しつつ、ミライコイングリッシュのことも検討してみてください!