お子様は英語教育を未就学児の頃にやっていましたか?

赤ちゃん時代から英語学習をさせて人もいる!

ミライコイングリッシュのアンケート調査、今回のテーマは、お子様が未就学児の頃に英語学習をしていたか、という内容のものです。

やっていたか、やっていなかったか、という回答だけでなく、何歳の頃からやっていたのか、またやっていてよかったと思うかどうか、といった質問も行っていますので、現在、お子様に英語学習をやらせようか迷っているという人などは特に、参考になさっていってください。

それではさっそく、気になるアンケート結果を見ていくことにしましょう。

子どもが未就学児の頃に英語教育をやらせていたというママさんの割合は、全体の38%という結果でした。

いかがでしょうか?

「そんなにいるの?」と思った方もいれば、「案外少ないんだな」と思った方もいるかもしれませんね。

もし、自分のお子さんが英語学習をまだ始めていないという場合、このアンケート結果が「50%」を越えていたら焦るかもしれませんが、40%以下なので、そこまで不安になる必要はないという感じでしょう。

ただ、未就学児であるにも関わらず、3分の1を越えているという結果は、なかなかに高いと言えるかもしれません。

やはり、これからの時代、英語は喋れるに越したことがありませんから、少しでも早いうちから習得させてあげたいと考えるママさん、パパさんが多いのでしょう。

続いて、何歳から始めましたか?というアンケート調査の結果を見ていきましょう。

グラフの通り、3歳〜、4歳〜、という結果が最も多く、この2年のうちに始めている人が全体のちょうど半分という結果になっています。次に多いのが、5歳、6歳、2歳という結果で、1歳から始めているという家庭も、わずかながら存在していることがわかりました。

1歳というと、まだ日本語もままならない状態ではないか…という感じですが、この時期から外国語にも触れさせるなんて、かなり意識が高いですね。

必ずしも英語が得意になるわけではない?

次に、未就学児の頃に英語学習をしていたお子さんの現在の様子について尋ねています。

ズバリ、そのお子さんは今、英語が好き(得意)ですか?という質問に対し、「はい」と回答した人は、全体の63%という結果になっていました。

これは、高いような低いような、微妙な結果かもしれませんね。半数は越えているので、未就学の頃から英語をやっていれば、およそ英語を好きになる傾向にある…、と言えそうなのですが、3割以上のお子さんは、英語があまり好きではなかったり、苦手だったりするようです。

もしかすると、強制的にやらされてしまったことで、かえって英語に対してアレルギー反応が出てしまっているということなのかもしれませんね。

あるいは、ママさんが勘違いをして、うちの子には英語の才能がない!なんて勝手に決めつけてしまっている可能性もあります。

英語の能力が開花するまでには、かなりの時間を要しますので、始めてから数ヶ月程度で「うちの子は英語が苦手」と決めつけてしまうのって、実はナンセンスなんですよ!

やらせていてよかったと思う率は100%!

ただ、こちらの結果を見ると、「おぉー!」と思うことでしょう。

なんと未就学児の頃からお子さんに英語を習わせていたママさん達は、そのことについて「やっておいてよかった」と皆、思っているようなのです。100%というのは、なかなか出ない数値ですから、英語を習わせておけば、ほぼ確実に何らかの手応えが得られるということなんですね。

ちなみに、なぜ英語を習わせておいてよかったと思うのか、その理由について筆記で回答をしてもらっていますので、その結果についても、まとめてお伝えをしていきます。

最も多かった回答は、「今、英語が得意だから」というものでした。

英語学習をしていない子どもと比べると、やはり小さい頃からやっていた子というのは、英語に対して「自分は得意である」という意識を持てているようで、自信があるからこそ、さらに学習能力がアップするという感じで好循環を生み出せているのでしょう。

次に多かった回答は、「小学校の英語の授業にスムーズに入れたから」というものです。

ある程度、物心がついてしまい、日本語もすっかり喋るようになった段階から「はい!英語がスタートしますよ」…と言われても、戸惑ってしまったり、照れてしまったりすることが多いようなんですね。ところが、未就学児の頃から英語に触れている子は、何の違和感も抵抗感もなく、スムーズに英語の授業に入っていけるようです。

そのほかに見られた回答としては、「発音やリスニングの能力が高いから」というものでした。

ふとした時に出る英語の発音がとても綺麗で驚いているママさんもいるようです。

小さい頃は聴覚が優れているので、聴いた通りに発音するということがスムーズに行えるのでしょう。

これが、ある程度大きくなってしまってからだと、まず英語のつづりを見て、それをカタカナに直して…という感じで発音するようになってしまうので、たどたどしくて、いかにも日本人の話す英語、という状態になってしまいがちなんですよね。

大人になってから英語を始めたような人からすると、小さい頃から英語学習をやっている人の発音にはなかなかかなわないため、「うらやましい…」と思う大きな要素の1つだったりします。

英語の能力において、これからの時代に求められるのは、コミュニケーション能力であると言われています。以前は、文法の間違いを指摘する能力や、英単語を覚える能力なんかが重要視されていましたが、これからはもっぱら英語で相手と会話をし、意思の疎通を図れるかどうかが大事になってくるわけです。

だからこそ、英語を聞き取る能力や綺麗に発音する能力が鍛えられていると、今後の人生において非常に有利となってくることでしょう。

将来どのような道に進むとしても、英語の能力が高ければ高いほど、それに越したことはありませんから、やはり小さい頃から英語学習を行っておくというのは、かなり重要と言えます。

アスリートになるにしても、ミュージシャンになるにしても、海外で活躍をすることになる可能性や、英語でコンテンツを発信することになる可能性は充分にありますから、外交官や通訳を目指しているわけじゃないから…、なんて理由で英語を遠ざけてしまうのはもったいないことです。

将来、国際結婚をするかもしれない、なんて可能性まで考え出したら、それこそ小さいうちから英語に慣れ親しんでおくということは、とても有意義で価値のあることです。

まとめ

それでは、この記事でお伝えしてきたことを最後にまとめてお伝えしていきます。

未就学児の頃からお子さんに英語学習をさせていたというママさんの割合は、全体の3〜4割ほど。その中でも特に多かったのは、3歳〜4歳くらいから子どもの英語学習を開始したというママさんでした。

英語学習を未就学児の頃から始めていれば、子どもが必ず英語好きになる!…とは限らないようですが、少なくとも英語学習をさせたことに関して、後悔している人はほぼいないようです。

英語が得意になる可能性はとても高いですし、小学校に入って英語の授業が始まった歳、スムーズにそれに入っていくことができるので、ほぼ全てのママさんが「やらせておいてよかった」と感じているようです。

文字を覚えるよりも前の、小さい頃に英語を始めると、聞き取りや発音の能力がとても高くなるので、そういった観点からも、未就学児の頃からの英語学習スタートは有意義であると言えるでしょう!