アンケート「幼稚園に外国人が在籍していて欲しいですか?」

こちらでは、0~6歳の小さい子どもさんがいるママさん50人に、アンケートを行った結果を発表していきます。アンケートの内容は、子どもの通っている幼稚園に「外国人が在籍していて欲しいですか?」という質問です。

さて、それではさっそく気になる結果を発表していきましょう。アンケートは、現在、幼稚園に外国人が「在籍していない」と答えた人に行っています。

幼稚園に外国人が在籍していて欲しいですか?」という質問に対し、「はい」と回答した人は、96%にのぼりました。これはもう、ほぼ全員という感じですね!

ちなみに…、「いいえ」と回答した人の理由については、特別に調査を行ったりしていないですが、決して外国人にいて欲しくない、ということではなく、おそらくは現状のままでも特に不満がないから、ないものねだりはしないようにしよう、という程度のことだったりするのではないかと思われます。あるいは、日本人であろうと、外国人であろうと、お友達であることには変わりがないから、別にどちらであっても同じことだ、ということが言いたいのかもしれません。なんで「いいえ」と答える人がいるの?と、気になった人もいるかもしれないので、念の為、触れておきました。

それでは、96%の「はい」と回答した人が、一体どういった理由で、外国人に在籍していて欲しいと思ったのか、詳しく見ていくことにしましょう。

同じ幼稚園のクラスに外国人のお友達がいると、英語の発音や、異文化といったことも含め、全てがダイレクトに刺激として伝わりますよね。「はい」と回答した人の多くは、そういった部分で、おそらくは我が子がとても良い影響を受けることができるだろうと期待しているようです。

もう少し大人になってからだと、自分の内側と外側の境界線が次第にハッキリしていってしまいます。そして、異なる文化を受け入れるということに対して、徐々に敷居が高くなっていってしまうんですよね。親御さんの中には、そういったことを無意識に自覚している人も多いのかもしれません。だからこそ、我が子には、小さいうちから自分達の外側にある文化に、積極的に触れて欲しいと願うのでしょう。

中には、外国人のお友達だけでなく、外国人の先生がいてくれてもいいと思う、という声がありました。その理由は、外国人の先生もいることによって、「身近に外国人がいる」という環境が、より当たり前のことに感じられるから、ということのようです。外国人の子どもだけがいる状態だと、どうしても「なんで言葉が違うの?」「なんで髪の色が違うの?」という質問が、その子にばかり集中してしまいそうなので、そのことを心配してあげている、ということのようですね。ここまで、外国人の気持ちに寄り添ってものごとを考えられるって、素晴らしいことですね。

英語学習、英会話というものは、やはり使う場面、シチュエーションがあってこそ、モチベーションが持続するようなものです。だからこそ、身近に英語を喋る外国人がいてくれると、子ども自身の語学能力アップにつながるだろう、ということを期待している人はとても多いようです。

また、異文化を受け入れるということは、それだけ「考え方」の幅が広がり、「多様性」が生まれるということでもあります。単純に、2つの言語が喋れるようになるという側面だけでなく、あらゆるモノゴトを多角的な視点で考えることができるようになる、という可能性を考えても、やはり、外国の人が身近に存在してくれているというのは、素晴らしいことだという類の意見も見受けられました。

幼少期から外国人のお友達と接することによって、外国人に対する差別意識がなくなるというのも大事な発想ですよね。人間は、どうしても、自分と比較した時に「異質だ」と感じるものを排除しようとする傾向にあります。これはもう、本能のようなものなので仕方のないことですが、異質=有害だと判断するのは、あくまでも反射的なものであり、よくよく考えてみれば、自分と異なる存在はとても貴重です。

自分と異なるということは、自分に足りないものを補ってくれる存在でもあるわけですし、自分になかった価値観を教えてくれる、本当にありがたい存在なのです。人がそれぞれ異質であることは、素晴らしいことであり、ありがたいことであると解釈することが何より大事でしょう。色々な人がいるからこそ、世界は助け合いで成り立っているのです。

特に、これからの日本はグローバル化がどんどん進んでいくので、外国の人に対して差別意識を持たないということは、非常に重要です。

そして、これは、何も外国の人の話に限ったことではありません。自分とは違うセクシャリティで生きる人、自分とは違う家庭環境に育っている人、自分とは違う方言をしゃべっている人、違う髪型の人、違う洋服のセンス人、多種多様な人間、周りの人全てに対して、心から愛することができる人間に育ってもらうことが大切です。そのためには、入口として、外国の人とお友達になるということが、とても効果的であると思われます。自分と違うからといって、その相手を簡単に排除したり、攻撃したり、無視したりする人間にはなって欲しくないですもんね。

それでは、ここまでの内容をあらためて、おさらいしていきましょう。

我が子の通う幼稚園に、外国人が在籍していて欲しい、と願っている人は、全体の96%にものぼるという結果になりました。ほぼ全ての人が、クラスに外国人が1人でもいてくれたらいいな、と思っているようです。

その理由は、ネイティブな英語に触れることができるから、異質な文化にダイレクトに触れることができるから、ということのようでした。より、多角的な考え方が身についたりもしますし、異質な人に対する差別意識がなくなったりするから、ということもポジティブな理由としてあげられていました。

日本はこれから、どんどんグローバル化が進んでいき、日本人として日本で暮らしていくにしても、あたりまえのように、日常生活で英語が必要とされる時代になっていきます。だからこそ、小さい頃に外国人と触れ合い、英語で会話を楽しむという経験をしておけば、それは必ず将来的に役に立つでしょうし、純粋に素晴らしい思い出ともなることでしょう。

ちなみに…。ここからは余談ですが、「いいえ」と回答した人が、一体どういったことを懸念しているのかについて、もう少しだけ推測をし、触れておきましょう。

「いいえ」と回答した人は、もしかすると、幼稚園に外国人の子どもがいることによって、クラスでいじめが起きやすくなるかもしれない…ということを不安に思っている人もいるのかもしれませんね。「はい」と答えた人の中にも、密かに、それについては不安だ…なんて思いがよぎっていたかもしれません。

自分達と外見の違う子、発音の違う子がクラスにいると、純粋かつ残酷でもある子どもは、すぐに外国人であるその子を、目立つからという理由で、いじめのターゲットにしてしまう傾向があったりします。そんなことは、起きないで欲しいのですが…。

我が子がいじめの主犯格になったりなどしなくても、もし、クラスで行われているいじめを、ただ黙認せざるを得ないような、傍観者の立場に立たされる…なんてことがあったりしたら、それはそれで、とても辛いことですよね。

いじめはよくないことだよ!」と言って、いじめっ子に立ち向かっていける勇気があればいいですが、かえってそんなことをして、自分がいじめられるようになってしまったら、余計に辛い日々が始まってしまうことになります。

子どもの世界で起きるいじめの問題は、綺麗事だけでは片付けられませんから、外国人の子どもがいるか、いないかに関わらず、いじめが起きた時に、親として我が子に何を言ってあげられるのか、心のケアをどうしてあげればいいのか、どういった対策が考えられるのか、ということについては、常に考えを深めておくといいでしょう。英語学習のことと同時に、こういったことについて考えるのも、大事なことです。

今は、ネットが発達していますから、同じようなSOSを発信している人と、すぐにつながることができる時代です。こういったシステムをうまいこと生活に取り入れつつ、孤独にならないように、悲惨な未来を招かないように、愛情たっぷりに我が子や、そのお友達に接してあげるようにしたいものです。

長くなってしまいましたが、ここまで読んでくださって、ありがとうございました。日本人と外国人が仲良く、お互いの魅力を褒めたたえ合いながら、助け合って生きていける世の中になるといいですよね!