英語教育はとにかく◯◯が大事…!一体何のこと?

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

親子で英語の学習を始めて、どれくらいの期間が経ちましたか?

はや1年以上が経過しているという人も、大体数ヶ月くらいだという人も、まだまだ始めたばかりだという人も、これから始める予定だという人も、この記事にはとても大事なことが書かれているので、是非読んでいってください!

英語教育の効果が出ているのか不安…

英語教育の成果については、出ている!と実感できる人も、そこまで出ていない…と感じている人も、様々だと思います。ただ、そんな全ての人に、これだけは覚えておいて欲しい!ということがあります。

それは…

英語教育において、最も大事なのは「継続してやっていくこと」だという事実です。

英語の習得に必要な時間は何と〇〇時間!

半年経っても、あまり成果が出ないと、「う~ん…、これって、続けていて意味があるのかな?」なんて感じてしまったり、「面白くないから、もうやめてしまいたい」なんて思ってしまったりすることでしょう。しかし、焦りは禁物なんです。英語って、実際に習得してペラペラ話すことができるようになるまでには、ナント…2000時間~3000時間くらいもやらなければならない、と言われているんですよ!

「ひえ?!そんなに!?」と思って、面食らってしまった人もいるかもしれませんが、そんなに不安になる必要はありません。英語教育というものは、始めから「長期戦」なんだと割り切って臨むことがとても大切なんです。ご飯を食べたり、歯を磨いたり、お風呂に入ったりするのと同じ感覚で、毎日の中に英語を少しずつ取り入れていきましょう。

英語学習の適切な時間については、こんなことが言えます。たとえば「1日絶対、2時間はやるぞ!」と決めて取り組むことによって、途中で疲れてしまったり、ヤル気がなくなって投げ出してしまったりするのは、一番よくないということ。それなら、たとえ30分程度であっても、細々と長く続けていけることの方がよほど大事です。

ポイントは、英語学習の時間を「習慣」にしていけるかどうかなんです。日々の生活のリズムの中で、負担にならない程度に英語学習ができる時間は、一体何分くらいなのかということを、よく考えて、色々試してみるといいでしょう。

また、継続をさせるためには、それなりの工夫も必要です。誰だって、苦痛な時間が毎日やってくるのは、イヤですよね…?小さな子供であれば、それはなおさらのことです。

ですから、英語学習の時間は、決して苦痛な時間ではなく、あくまでも楽しい時間であるという風に、子供に感じてもらえるよう、できる限りの工夫をしましょう。場合によっては、ご褒美があることによって、ヤル気を出せるかもしれませんよね?あるいは、夢中になれるコンテンツを探すということも、とても大事なことです。興味のない英語のアニメをいくら観たって、それは頭に入ってきません。しかし、子供にとって関心のある英語の映像だったら、何十分だって、食い入るように観続けることでしょう。

もうひとつの大事なポイント

さらに「親子で楽しむ」ということも、大事なポイントだったりします。子供1人の力に任せて、完全に放置してしまうよりも、英語学習は「親子で一緒に楽しむ時間」という感じにした方が、「継続性」という意味においては、有利となるでしょう。

ただし、無理は禁物です…!お母さん、お父さんにだって、他にやるべきこともたくさんあるでしょうから、そこはバランスを取りましょう。たとえば、平日は子供だけでやるけれど、週末はお母さん、お父さんと一緒に英語学習をする、という感じで、状況に合わせて柔軟に、長期で継続していける道を探してみてください

継続を意識する上で「習慣化」させることは、とても大事なのですが、あまりそこにこだわり過ぎて、逆に苦痛を感じないよう、適度に「お休み」の日も作ってあげるようにしてください。何日も連続してサボってしまうとペースが乱れてしまいますから、そこは難しいところなのですが、低空飛行で楽しく飛び続ける感じをイメージしましょう。

ちなみに、継続性を高めるためには、「60日間」という壁を意識してみるといいかもしれません。人は、慣れないことを日常のリズムに取り入れようとすると、最初のうちは拒否反応を起こしてしまいがちで、これが俗に言う3日坊主と呼ばれる現象を起こしてしまうのです。しかし、とりあえず、頑張って60日間くらい続けてみると…、不思議なことに今度は、「やらないと気持ち悪い」という心境になってくるのです。こうして初めて、苦にならずに習慣化させるということが実現しますので、まずは軌道に乗せるまで、とりあえず意識をして頑張ってみてください。

さて、それではここまでのことを、おさらいしていきましょう!

まとめ

子供の英語教育において、最も重要視すべきなのはズバリ「継続性」です。すぐに成果が出ないからといって焦ったりせず、英語学習というものは始めから長期戦なのだということを認識しておきましょう。

苦痛な時間を、長期に渡って続けていくのはとても負担になりますから、まずは英語学習を楽しい時間にするよう心がけることが大事です。そして、たとえ30分でもいいから、細々と毎日続けていくことをイメージしてみてください。

英語学習の時間を長期に渡って継続していくためには、親子で楽しむということも重要になってきます。…といっても、無理は禁物です。親にとっても子供にとっても、負担なく毎日学習を続けていくためには、どうすれば一番いいのかということを是非、じっくりと考えてみてください。