英語学習のコツをネットで勉強する時の注意点とは?

この記事を読んでいるママさん、パパさんは、我が子の英語学習に対して、とても高い意識を持っておられるはず!

我が子のために、どんな教材を使って、どれくらいの時期から、どんな勉強をさせてあげれば良いのか、あるいは、どんな教室に通わせてあげれば良いのか、はたまた、他の子はどんな勉強をしているのか、ネットを使って様々な情報収集をしていることでしょう。

全く何も知識がない状態では、自信を持って我が子の学習のお世話をしてあげることができませんから、ネットで情報集めをするのは、とても素晴らしいことです。

ちゃんと時間と手間を掛けて情報収集をしていれば、それだけで「やるべきことをやってあげている」という自信が付くので、その時点でとても意味があることだと言えます。

しかし、ネットで多方面からの情報収集をしていると、こんな落とし穴が待っていることに気づくでしょう。それは、この漫画に登場するママさんのような状態になってしまうこと。

情報が多過ぎて混乱してしまう!

あっちのサイトでは、「こうすることが正しい」と言われていたのに、また別のサイトでは「そうするのは間違い」と言われている。そんな目に遭ったこと、あなたはありませんか?

似たようなことが言われているけれど、内容が微妙に違うのだったらまだしも、全く真逆のことが言われているケースもあったりするので、これだともう本当に途方に暮れてしまいますよね。

たとえば、英語のリスニングについて、あるサイトでは「意味がわからないまま先に進んでしまうのはよくないから、1つ1つ丁寧に確認していくようにしましょう」と言われていたとします。しかし、また別のサイトでは「意味なんてわからなくても良いので、とにかくどんどん英語のシャワーを浴びせることが大切」と言われている。

これって、どちらも正しいようですが、全く逆のことを言っていますよね。

両方の情報を目にした時、果たしてどちらを信じれば良いのかって、とても判断の難しい問題です。どちらかのサイトが明らかに胡散臭い感じだったらまだ見分けもつくかもしれませんが、どちらも名の知れた学者さんや著名人が唱えている説だったら、いよいよ、「これって、どちらも正しいの!?」ということになってきてしまいます。

そんなはずはない!どちらかが正しい情報で、どちらかは間違った情報だ!と、あなたは思うでしょうか?

ところが、真実は少し違っています。

ここは、伝え方が難しいところですが、本当はどちらも正しい情報なんですよ。

本当はどの情報も正しいの…!?

実は、英語をマスターするための方法って、たった1通りだけとは限らないんです。

多くの人が皆、それぞれの方法で英語をマスターしており、その方法こそが、自分も含めて、世の中の皆に合っている方法だと感じているため、良かれと思って「自分なりの真実」を語ってくれているんです。

英語学習のことに関して、あえて間違った情報を伝えることで、皆を混乱に陥れてやろうとしているような人は、ほぼいないと考えて良いでしょう。どのサイトを作っている人も、「これこそが皆のためになる情報だ!」と思って伝えているんです。

最適な情報を選んで取り入れよう!

じゃあ結局、どの情報を信じたらいいかわからないじゃない!ということになってしまうかもしれませんが

この記事を読んでいるママさんパパさんとお子さんにピタリと合う情報なのであれば、そのサイトの内容を目にした時、おそらくワクワクするような感覚があり、スムーズに理解もできて、「腑に落ちる」感覚があるはず。

いわゆる直感が働くような状態で、ピン!と来るはずなので、「これ、なんだかいいな!」と思った感覚を信じて、英語学習に取り入れてみてください。

見るだけでテンションの上がるサイトに書かれている情報や、自分が素直に「素敵だな!」と思って憧れている人の言っていることは、信じた方が良いでしょう。

逆に、なんだか読んでいると不安感を煽られる、焦ったような気持ちにさせられる、そんなサイトに書かれていることは、思い切って無視してしまっていいのかもしれません。

ちなみに、英語学習のことに関しては、そもそも「幼少期からやらせるべきではない」という説を唱えている人もいたりします。

日本語の学習が完璧にできていないうちから英語を学習させてしまうと、論理的に物事を考える力が奪われてしまうのでは?と考える派閥の人もいるのです。

ミライコイングリッシュでは、「幼少期から、英語に興味を持たせてあげた方が良い」「意味がわからなくても、リスニングを中心とし、たくさん英語のシャワーを浴びせてあげるのが良い」といったスタンスを取っていますが、全く逆のことを唱えている人もいるわけです。

先にも述べた通り、どちらを信じるかはあなた次第!であり、ミライコイングリッシュのサイトに書かれている情報以外は、大嘘なので信じないでくださいね!という一方的な主張を押し付けるつもりはありません。

冷静な目でどちらの情報を受け入れることがしっくりくるか、じっくり感じながら1つ1つを比較して見極めてみてくださいね。

信じることで現実が変わってくる?

ちょっとスピリチュアルな話になってしまいますが。人間の潜在意識は、絶対にこれが正しい!と信じていると、実際にその通りになっていくよう作用する、なんて言われています。

つまり、どちらを信じても間違いではなく、ただ純粋にその説を絶対的に確信しているかどうかこそが重要だったりするわけです。

「意味がわかっていなくても、とにかくどんどんリスニングをさせるのが良い」という情報を見て、それが腑に落ちたのであれば、そこからは「とことん信じる」ことによって、よりその説を確かにしていくことができるのです。

「別の情報もあったから、真偽が疑わしいな」なんて思った状態で学習していると、結局、その説の良さを吸収することができずに終わってしまう可能性が高いわけです。

信じると決めたら信じ切る、というスタンスを取ることも案外重要なポイントだったりするので、このことも合わせて覚えておいてください。

ところで、話は少し脱線してしまいますが、様々な情報が錯綜しているといえば、昨今のコロナウイルスワクチンに関してもそうでしょう。ワクチンを打った方が良いのか、打たない方が良いのかについて、様々な情報が駆け巡っている中、どちらを正しいと信じて進むべきなのか、自分と大切な人の命を守るためにも、日頃からメディアリテラシーを高めていくことは、とても重要ですよね。

まとめ

それでは、今回の記事で解説してきたことを、最後にまとめてお伝えさせてもらいます。

ネットの世界には、たくさんの情報が無限に溢れているため、全く逆の説を両方同時に目にしてしまうこともあるでしょう。

そんな時は、どちらが正解なのかわからない!と混乱してしまうかもしれませんが、実はどちらも正解だったりします。どれか1つを目にしただけで鵜呑みにするのではなく、冷静に1つ1つを見比べ、自分に合っていそうな情報を選ぶようにするのがいいでしょう。

あとは、直感でピン!と来た情報を信じるのが大事なのと、その情報をとことん信じ切ることが大事なので、是非意識してみてください。