アンケート「幼稚園に外国人がいることは良いことですか?」

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

こちらでは、0歳から6歳の小さいお子さんがいるママさんに、アンケートを行っています。その内容とは、「子どもの幼稚園に、外国人がいるということは、良いことだと思いますか?」というものです。

あなたのお子さんの幼稚園には、外国人の子どもがいるでしょうか?もし、いたらどんなことが起きるでしょうか…?実際に、お友達に外国人がいるという人もそうでない人も、是非、想像を膨らませながら、このアンケート結果に注目してみてください。


幼稚園に外国人がいることはとてもいいこと

それではさっそく、気になるアンケート結果を発表していきましょう。

幼稚園に外国人がいることは良いことですか?」という質問に対し、「はい」と回答した人は全体の90%でした。90%ということは、ほぼ全員ということになりますね。ただ、10人集まると、1人くらいは「それはちょっと…」ということを思ってしまうようです。その理由については、また後ほど詳しく解説をしていくことにします。

さて、「はい」と回答した人の理由についてですが、やはり、外国人の子どもが幼稚園にいてくれると、ネイティブな発音で英語を喋ってくれるので、語学の生きた勉強ができる!という面で大いにメリットがあると考えているようです。

英語に触れられるというだけでなく、同時に「異文化」にも触れることができる、という意味において、外国人の子どもが傍にいてくれるというのは、とてもありがたく、何事にも代えがたい、貴重な体験となりますよね。

逆に、日本人しかいないという環境の方が、今となってはもはやレアなのでは?ということを感じている人もいるようです。これから、国際化が進んでいく時代において、日本人としか交流していない、という状況はむしろ閉鎖的で時代遅れ…という感覚になっていくのかもしれませんね。

この世界には色々な人がいるのだ、ということを、まだ頭が柔らかい小さな子どものうちから感覚として理解しておく、というのも非常に大事なことですよね。人種、髪の色、目の色、話す言葉が違う、というだけでなく、同じ日本人同士であっても、1人1人、価値観や外見は違うわけですもんね。同じような人ばかりのコミュニティで、朱に交わって赤くなるような感覚だけで過ごしていると、自分とは異なる性質を持つ相手に対し、すぐに嫌悪感を持ったり、排除をしたりしたくなってしまうようになるかもしれません。そんな、ちょっと残酷な大人になって欲しくはないですよね。

たとえば、同性愛者であったり、障がい者であったり、家庭環境に恵まれていない人であったり。どんな人が相手であっても、同じ人間同士、お互いの価値を認め合いながら、仲良く平和に暮らしていきたいものです。

幼稚園に外国人のお友達がいてくれたら、色々な価値観や文化を知るキッカケになりますよ。そのことは、決してマイナスにならないと思う、という意見がありました。これはまさに、そのとおりでしょう。

外国人とのトラブルが心配…

ちなみに、幼稚園に外国人がいるのは良いことだと思うか、という質問に対し、10%の人は「いいえ」と答えているわけですが…、この理由については、主に「トラブルを懸念しているから」ということのようです。

うーん…、確かに、外国人のお友達がいると、お互いに言語が違うことによって、意志の疎通がうまくいかないこともあるでしょうね。文化が違えば、たとえ好意のつもりでしたことであっても、相手から否定的に取られてしまったり、といったことだってあるでしょう。

たとえば、これは一例ですが、日本では、出された食事は残さず食べるのがマナーですよね。美味しかったからこそ、残さず頂きました!ありがとう!ということを伝えたい気持ちがありますし、シンプルに食べ物を粗末にはしたくない、という思いだってありますから、普通の神経であれば、大事な人に招待された時は、最後まで残さずに食べようと思うことでしょう。

しかし、これがちょっと隣の国になると、食事を残さず食べることは失礼にあたってしまうことがあるのです。「こんなにたくさん、食べきれないほど私をもてなしてくれてありがとう」ということを伝えるのが、その国では本物のマナーである、というわけなのです。

この事実ひとつとっても、文化や価値観のすれ違いは、頻繁に起きるであろうことが想像できるわけです。コウモリのことを、おめでたいものの象徴と捉える国もあれば、不吉なものの象徴として捉える国もあるのですから、プレゼントをするのだって、実はそんなに簡単なことではありません。ちゃんと相手の国の文化を調べてからでないと、うっかり何かをあげることだってできないわけです。

お互いへの理解と気持ちが大事

ただ、大事なのは、それでも全ての人を受け入れ、世界中の人と仲良くしたいと願う気持ちです。この気持ちさえ持っていれば、多少のミスやトラブルは、きっと乗り越えられることでしょう。うっかり失礼なものを贈ってしまったとしても、きちんと誤解を解いていけば、本当は喜ばせたいと思っていた、という優しい思いはきっと伝わるはずです。

自分と自分の子どもだけは無難にトラブルなしで生きていきたいから、異質な人とは一切交流したくない…、できれば、そこにいて欲しくもない…、と願ってしまうようでは、ちょっと寂しいですよね。

身近に、自分とは違う言語を話す子がいたとしても、あるいは、男の子なのに女の子っぽい服装の子がいたとしても、ちょっと奇抜な髪型をしている子がいたとしても、身体が大きかったり、小さかったりしても。それだけが理由で、相手を自分から遠ざけたりしようとするのは、あまり良いことではありません。

相手のことを、外見や特徴だけで「異質」だと判断して、交流を断ってしまうのは、とても残念なことです。逆に自分が、外国へ行った時、せっかくみんなと仲良くしようと思っているのに、髪の色が黒いからという理由だけで、いじめられたり、バカにされたり、避けられてしまったり、必要ないと思われてしまったりするのは、悲しいことですもんね。人間は皆、それぞれに価値があるということを、改めて理解していきましょう!

さて、それではこの記事で話してきたことを、あらためてまとめていきましょう。

まとめ

自分の幼稚園に「外国人がいることは良いことだと思うか?」という質問に対し、90%の人は「はい」と答えました。小さいうちから、異文化に触れたり、生の英語に触れたりできるといういことは、確実に我が子にとって良い影響になると考えている人が圧倒的なようですね。

また、英語学習を進める上でも、身近に外国人のお友達がいるのと、いないのとでは、モチベーションが全然違ってきます。これから、日本でもどんどん英語が必要とされる時代になっていきますから、外国人のお友達が幼稚園にいてくれると、助かる!と考える人が多いようです。その子と会話をしたいから、というだけで英語を始めるのだって、立派なキッカケですよね!むしろ、一番いい動機であると言えるでしょう。

中には、少数派ですが、幼稚園に外国人がいることに対し、良いことだとは思わない、と答えた人もいます。そういった人は、決して外国人を排除したいわけではなく、小さいうちから異文化と触れ合えるのはいいことだけれど、意思疎通がうまくいかないことから、不要なトラブルが起きてしまうのでは?ということを心配しているようです。

確かに、文化が違ったり言語が違ったりすると、トラブルは起きやすくなるかもしれませんが、大事なのはそれでも相手のことを思う心です。お互いに異質だからこそ、その壁を乗り越えて、心と心で結ばれた時には、他では決して得られない、貴重な経験ができることができるでしょう。

もし、幼稚園に外国人のお友達がいたら…、自分がその外国人の子どもだったらどうだろう…ということを想像してみましょう。どれほど心細いだろうか、どれほど孤独だろうか、どんな言葉を掛けてもらったら救われるだろうか、ということを想像してみるだけでも、なんとなく色々なことが変わってくるはず。その優しい思いは、世界すらも変えていくことでしょう。是非、こういったことについて、英語学習という枠を越え、お子さんと語り合ってみてください。