英会話スクールに行ってるのに、全然話さないのは大丈夫なの?

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

我が子を、英会話スクールに通わせている!…にも関わらず、なんだか全然話すようになれない…と悩んでいるお母さん、お父さんはいませんか?


ぜんぜん言葉が出てこない!

先生が英語で質問しているのに「………」という感じで、何も言葉が出てこない様子なんかを目の当たりにしてしまうと、「ちょっとちょっと、大丈夫!?」という感じで、どんどん不安になってしまうことでしょう。

週に1回、ちゃんと英会話教室に通っているはずなのに、どうしてうちの子は英語を話せるようにならないんだろう…と不安を感じているお母さん、お父さんに、これから是非、意識して欲しいことがあります。

それは、日頃のインプットをちゃんとやっていこう!ということです。

英会話のレッスンはあっという間に過ぎてゆく

英会話のレッスンは、1時間かもしれませんし、30分かもしれませんが、週に1回、その場限りで英語を耳にしたからといって、それは全く頭に入っていないのと同じだったりします…。一週間が経てば自然と忘れてしまったりもしますし、毎回、よし!英語の頭に切り替えようと頑張っているうちに、気づけば30分はあっという間に過ぎてしまいます。

たとえば、ピアノのレッスンでも同じことが言えると思いませんか?週に1回レッスンがあるからといって、そこでさえ頑張っておけば、ピアノが弾けるようになるか…といったら、そんなことはありませんよね?一週間、ちゃんと練習していった成果を先生に聴いてもらうことで、さらに上達するためのアドバイスをもらえたり、次回までにやっておくことがわかって、初めて上達していくわけです。

英会話教室で、先生からの質問にスラスラ答えられるようになるためには、その日までに大量のインプットをしておくことがとても大事なんです。英会話教室にいる時間だけが、英語学習の時間ではない、ということです。むしろ、そこでしか英語に触れないでいると、かえってもったいないことになってしまいかねません…。

英会話スクールはアウトプットの場

「え、じゃあ、英会話スクールって、実は全然意味ないんじゃないの!?」と焦ってしまった人もいるかもしれませんが、決してそういうわけではありません。英会話スクールは、インプットの場としては、自宅での学習量にかなわなかったりしますが、アウトプットをする場としては本当に最適なんです。

英語というのは、本来、コミュニケーションのための手段ですよね?それが、自宅だと、ただインプットをすることしかできなかったりしますが、英会話教室へ行けば、その英語を使って実際に他の誰かとやりとりをすることができるわけです。

また、先生が外国人だったりすると、その国特有のジェスチャーや、話し方、雰囲気などにもリアルに触れることができますよね。日本人との違いを、実際に肌で感じることができるという意味においても、とても大事な機会となります。

自宅学習と英会話スクールを使い分ける

こういったメリットを、うまいこと、自宅での映像による教育などと組み合わせていきましょう。両者を組み合わせることで、相乗効果が起き、さらに英語に対する理解力は深まっていく、というわけです。

せっかくの英会話教室での時間や、そこへ通わせるために必要な労力等を最大限に活かすためにも、自宅でのインプットは本当に大事なことであると心得ましょう。

そう聞かされると、なんだか毎日大変なことをしなければならないのではないか…と、憂鬱になってしまうかもしれませんが、心配になる必要はありません。

インプットといっても、楽しい英語のアニメを観たり、歌を聴いたりするだけで、実は充分だったりするんです。親が常に傍についていて、宿題の面倒を見てあげなければならない、というようなイメージで捉えてしまっている人は、そのイメージを書き換えましょう。

もちろん、映像を流しっぱなしにしているうちに、別の YouTube 動画を見始めてしまっていたり、飽きてしまって、他のことを始めたりしてしまったら意味がありませんので、その変はしっかり監督をしてあげる必要もあるでしょうが…。

ただ、そのためにいちいち、高い教材を用意したり、叱りつけて集中させたり…というようなことは必要ありません。一番大事なのは、その子が英語に対して苦手意識を持ったりせず、楽しんで学習できる環境を用意してあげられるかどうかです。夢中になれる英語のコンテンツを見つけたら勝ち!みたいなところもありますから、まずはそれを探すことが最優先かもしれません。

さて、ここまでのことをまとめ、おさらいしていきましょう。

まとめ

英会話スクールに行っているのに、我が子が全然、英語を話せるようにならない…と不安や焦りを感じている、お母さん、お父さんは、自宅での「インプット」の時間を、今以上に意識してみてください。

英会話教室という場所は、自宅でインプットしたことを、アウトプットするのに最適なのである、という風に認識を改めることがポイントです。

さらに、英会話スクールというものは、異国の文化や雰囲気に触れることもできる良い機会であると、捉えてみてください。

自宅での英語教育と、英会話教室での実践を組み合わせることによって、本当に最高のパフォーマンスが発揮されますので、是非、これからはこの図式を意識してみてください。

自宅でのインプットは、子供が嫌がっているのに無理矢理行わないようにしましょう。これでは親子共々、疲弊しきってしまいます。そうではなく、本当に心から楽しめそうなコンテンツ、子供が夢中になれる映像というものを探し、与えてみてください。