アンケート「インターナショナルスクールに惹かれない理由ベスト5」

アンケート「インターナショナルスクールに惹かれない理由ベスト5」

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

こちらの記事では、0歳~6歳の小さなお子さんを持つママさん達50人にアンケートを取り、その結果をまとめてお伝えしています。

今回のアンケート内容は、「インターナショナルスクールに惹かれない理由」というものです。惹かれる理由…ではなく、「惹かれない理由」です。

もし、我が子をインターナショナルスクールに通わせたいかも…、なんて興味を持っていたとしても、様々な理由で通わせられないママさん、パパさんがいたら、是非、こちらのアンケート結果を参考にしてみてください。

「どうせうちは通わせられないから…」なんて切ない思いを抱えながら悩んでいたとしても、この結果を見ているうちに、やっぱり日本の学校の方がいいじゃん!なんて感じで、気持ちが吹っ切れるかもしれませんよ!

あるいは、そもそも日本の学校への進学を考えていたというママさん、パパさんにとっては、「ほらね!やっぱり日本の学校が最高なんだよ」と思えるいいキッカケになるかもしれません。

とにかく、心理的に何らかのプラスな影響があると思える人に読んで頂けたらと考えています。


惹かれない理由 第1位は英語が喋れるに越したことはないけれど…

それではさっそく、気になる理由のベスト5を解説していくことにしましょう!

ママさん達が、インターナショナルスクールに惹かれない理由の第1位は、そもそも「興味がない」というものでした。

小さい頃から英語力を身につけられるという点に関しては、「確かに魅力的」と思えるものの、他人と比べてそこまで英語力のみに特化して欲しい!とは思えない人も多いのでしょう。

もちろん、英語が喋れるのに越したことはないけれど、日本国内にいて、日本の学校に通いながら、できる範囲で英語を学習していく…というごくごく一般的な選択をする方が、なんとなく安心ですし、無難であると考えるのは自然なことかもしれません。

それほど興味もないし、あまり有用な意義も見出せないから、特にインターナショナルスクールにまで通わせる必要なんてないのでは?というのが、理由の第1位という感じでした。

第2位 まずは日本語を学習

第2位は、「英語よりまずは日本語を」というものでした。

外交官になるとか、通訳になるとか、英語を使ってバリバリ仕事をしていくことが前提なのであれば、インターナショナルスクールに通わせてもいいのかもしれませんが。とりあえず、日本で暮らしていき、日本で就職をしたり、日本で活動をしたり、ということをざっくり想定しているのであれば、英語はあくまでも「プラスアルファ」のレベルで学習できればいい、と考えている人が多いようです。

言語はあくまでもコミュニケーションの「ツール」なので、まずは我が子の「考える力」や「発想力」などを重視したいと考えている親御さんも当然いることでしょう。

そんな時、まずは日本語で考える力を身につけ、日本語で日本人とコミュニケーションしていく力を何より先に身につけて欲しい、と考えるのもこれまた自然なことです。

インターナショナルスクールに入れてしまうと、日本語が不完全なまま英語ばかりをひたすらインプットする…という事態が発生しそうなので、軸がブレてしまうのでは?ということを恐れているのでしょう。

幼少期にはまず、母国語をしっかりと身につけて欲しいし、日本の幼稚園や学校に通っていても海外の文化に触れる機会はそれなりに充分にあるから…、だからこそ特別インターナショナルスクールに頼る必要はないだろう、という意見もありました。

脳内に2つの言語が混在することで、思考力が落ちるのではないか…?ということを懸念し、積極的な理由で、日本語の学校に通わせたいと考えている人はけっこう多いようですね。

第3位 他の場所でも英語に触れられる

第3位の理由として挙げられていたのは、「他でも英語は学べるから」というものでした。

子どもは吸収力が高いので、わざわざインターナショナルスクールへ通わせなくても、英語に触れることのできるサークルやコミュニティ、近所の英会話スクールなどへ通わせるようにすれば、そこで充分、英語を学習することができるという考えのようです。

また、ママさんが、自分自身の英語力の高さを考慮した上で、別にインターナショナルスクールへ通わなくても、ある程度喋れるようになったから、という経験を元に「必要ない」なんて判断をしているパターンも。

たとえば、大人になってから語学留学をしたとしても、そこで充分に喋れるようになる…と考えたら、貴重な幼少期を英語の習得のみに超特化させてしまうのは、たしかに極端過ぎることなのかもしれませんよね。

ただし、そんな考えを持っているママさんも、もし、子どもが「インターナショナルスクールへ通いたい」と望めば、その時は子どもの意志を尊重してあげたいと考えているようでした。

第4位 スクールがない…

第4位の理由は、そもそも「近くにスクールがない」というものでした。

確かに、ちょうどよい距離感のところにちょうどよいスクールがなかったら、そもそもインターナショナルスクールというものに惹かれるキッカケを持たないですよね。

そのために、遠くへ移住するというのもやり過ぎな感じがしますし、とりあえず、身近な存在の学校へ通わせておくか…!というのが無難な結論ということになってくるでしょう。

この回答を出した人は、もし、近くにインターナショナルスクールがあったら、その時は入学を検討するのでしょうか?そのあたりについては、ちょっと気になるところですよね。

第5位 その他の教科が気になる

第5位の理由は、「教育レベルに疑問を感じる」という内容でした。

インターナショナルスクールは、確かに「英語の能力を高める」という意味においては、特化していると考えて良いでしょう。しかし、そのほかの教科は一体どうなの?ということについては、たしかに疑問を抱いたとしてもおかしくありません。

算数や理科や社会、体育や音楽や家庭科など、どのようなレベルで教えてくれるのか…ということについて、しっかりと理解をし、納得ができた上でないと、たしかに不安は不安ですよね。しかし、スクールによっては、もしかしたら日本の学校よりも遥かに高いレベルで教育を施してくれるのかもしれませんから、もしそうなのだとしたら、通う意義は断然あるかもしれません!

その他 さまざまな考えが

そのほかに挙げられていたのは、以下のような回答でした。

本人の意志が定まらないまま極端な結論を出してしまうのではなく、ある程度大きくなってきてから英語を学習させたいという意見や、日本人としての礼儀作法や集団行動の大切さなどを、まずは学んで欲しいという意見。

また、そこまでの英才教育は必要だとは思わない、あくまでも自然に生活していく中で教養や人間性が身につけば、それでいい…というような、ニュートラルな意見、などなど。

インターナショナルスクールへ通ったところで、その後も英語を学習し続けないと、結局は意味がなくなってしまうから…というのも、「なるほど」と思わせてくれる、説得力のある意見ですよね。貴重な時間を最大限に投資するのに、それが無になってしまうのだとしたら、それは確かに考えものです。

まとめ

さて、今回のアンケートの回答結果、いかがだったっでしょうか?

インターナショナルスクールへ入れることについて、もし、どうしようか…と悩んでいる段階のママさん、パパさんがいたら、上記のような意見を参考として、取り入れてみてくださいね。

今回の記事は、インターナショナルスクールへ入れることに関して、否定的な意見が中心となってしまいましたが、デメリットがあれば、もちろんメリットだってあるわけなので、両方の意見をバランス良く取り入れつつ、決断をするようにしてください!