英語の聞き流し。◯◯を意識しよう!

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

我が子の英語の能力を伸ばしてあげたい!と考えているママさん、パパさんの多くは、「音楽」の力に頼っていることでしょう!

英語の曲を流すと、曲調を耳にしているだけでテンションが上がったり、癒やされたりしますし、それだけなく自然と語学の能力まで身についてしまうので、これに頼らない手はないというわけです。

英語の音楽は「聞き流し」勉強が可能

絵本の読み聞かせをやってあげよう!と思ったり、一緒に英語の動画を鑑賞しよう!という感じで有意義な時間を過ごそうとすると、どうしてもその時間、まるまる集中力を使わなければいけないので、他のことが一切できなくなってしまいますよね…?

ただ、音楽というものは「聞き流し」を行うことが可能です。つまり、子どもはおもちゃで遊びながら、ママさんは家事や自分の仕事をしながら…という感じで、自然と英語に触れることができてしまうわけです。だからこそ、日常の中で積極的に、この音楽の「聞き流し」を取り入れていって欲しいのです。

どの曲を使えばいいかわからない…

ただ、いざ「英語の曲を聴かせよう!」と思っても、アーティストやジャンルなど、あまりにも幅が広過ぎて、一体何を聴かせてあげればいいのか、さっぱりわからない!なんて混乱してしまう人もいることでしょう。

ネットにアクセスすれば、耳にすることのできる曲数は、ほぼ無限…!そんな中から一体、どのように英語学習のために適している楽曲を選び出せばいいのでしょうか?

曲選び、3つのポイント

もし、迷ってしまった時には、次のことを参考にしてみてください。

ポイントは、3つあります。

1つ目は、子どもが興味を持ってくれそうかどうか、ということ。たとえば、ミッキーが好きな子だったら、ディズニー系のアニメの主題歌などを選ぶようにすれば、自然と興味を持って楽曲に耳を傾けてくれることでしょう。あるいは、戦隊モノが好きな子だったら、それに近い、勇ましいイメージの曲を選ぶ、などなど。子どもの好きなジャンルを把握することは大切です。

2つ目は、テンポやリズムが軽やかで、いかにも子どもが好みそうなものを選ぶということ。最初から子ども向けに作られている曲でなく、大人が聴くような曲の中にも、子どもが自然と反応してしまう曲ってありますよね?世界的に大ヒットしている曲の多くは、それに該当します。楽しげでテンションが上がるような曲、思わずリズムに合わせて身体を動かしたくなってしまうような曲だと、英語の吸収力も高まるはずです。

また、個人差こそあるかもしれませんが、しっとりと聴かせる系のバラードだと、小さな子どもにとっては退屈で、反応しづらいかもしれません。また、激し過ぎるロックなども、子どもからするとちょっと抵抗があるかもしれません。ダンス系、ハウス系の曲であれば、スッと身体に入ってくることでしょう。

3つ目は、擬音の多い曲を選んでみるということです。「キラキラ」とか「チクタク」とか、繰り返し系の言葉が多いと、それは耳に自然に入ってきやすく、興味を示してもらいやすいはずです。

どこで曲を見つければいいの?

上記のような曲が、英語学習にとてもいい!ということを踏まえた上で、では一体、どうすればそういった曲を知ることができるのか、については様々な方法が考えられます。

たとえば、YouTube でお気に入りの曲を流しているうちに、関連動画としてそれに似た曲が流れて来る…なんて形で知ることもできるでしょうし、友人や知人に「こんなイメージの曲で、オススメってない?」と尋ねてみるのもいいでしょう。あるいは、まとめサイトなどにアクセスすれば、オススメの曲のタイトルを一覧で紹介してくれているかもしれません。

敏感な子どもの耳は学習効果も抜群

幼少期の子どもの耳は、大人が想像している以上に、とても敏感です。そのため、音楽とセットで英語が一緒に入ってくると、それは強烈に耳や脳に残ることになります。この効果を是非、狙っていきましょう。

また、その上で大切なのは音楽を「楽しむ」という姿勢です。こんな曲に別に興味はないけれど、英語学習のために仕方なく流しているんだ…という雰囲気でいくら曲を流しても、あまりいい影響は得られないでしょう。

それよりは、一緒に歌ってみたり、踊ってみたり、「いい曲だね!」と言ってみるなどして、ママさんやパパさんも、楽しんでいるということを大いにお子さんにアピールしてみてください。

どの曲も気になる時は…

あの曲も気になる…この曲も気になる…という感じで、とりあえず子どものためにたくさん音楽を集めて来たら、そこからはあまり気にせず、どんどん流してみましょう。お子さんが実際に、どんな曲に反応するのかは、流してみないとわからない、というところがあります。

たとえば、親としてはディズニー系のミュージックに興味を持って欲しい、と思っていたけれど、実際に試してみたら、もうちょっとコアなテクノ系の音楽に反応を示した!なんてケースだってあるかもしれないわけです。そんな時、「あくまでもディズニーを聴かせたい!」といって固執するのは、ちょっともったいないかもしれません。

大切なのは、子どもがどんな曲なら自然と英語を吸収をしてくれるのか、ということであり、どんな曲なら楽しんで学習して触れてくれるのか、ということですから、意外な曲を好んでいたとしても、親の方が柔軟にそのニーズに合わせてあげましょう。

子どもによっては、ハードなロックが好きかもしれませんし、しっとりとしたバラードが好きかもしれないので、最初は幅広く、とりあえず、英語の曲ならなんでも!という感じで聴かせてしまっていいでしょう。

子どもがどの曲を気に入ったのか、ということはわざわざインタビューをしなくても、様子を見ていればわかるはず。たとえば、音楽が流れていない時でも、自然とその曲のメロディーを口ずさんでいるようなら、その曲を気に入っているという証拠です。

さて、それでは、ここまでの記事で解説してきたことを、最後にもう一度、おさらいとしてまとめさせてもらいます。

まとめ

子どもの英語の能力を伸ばしていく上で、音楽の力を使うというのは、非常に有用ですから、できるだけ早いうちから、この習慣を取り入れていくようにしてください。

音楽は、ただ流しているだけでも自然に耳から入ってくることになります。家事や勉強など、他のことをしながらでも学習ができてしまうので、かなりオススメです。

どんな曲を与えてあげるべきか、迷ってしまった時には、とりあえずたくさんの曲を集めてきて、片っ端から聴かせてみてください。その中から反応の良かった曲を選び出し、リストを作っていくといいでしょう。

ちなみに、子どもが反応しやすい曲は、明るくてリズムや曲調が軽やかなもの、繰り返し系の言葉が多く、自然と口ずさみやすいようなものです。ただし、感性には個人差がありますから、たとえばハードロックが好きな子だったら、ハードロック系の洋楽を中心にリストを作ってあげる方が、結果として英語をより素早く吸収してくれることでしょう。

音楽を「英語学習のために聴かなければいけない」という感覚で流していても、あまりいい効果は得られないでしょう。それよりは、積極的に楽しむ姿勢でいることが大切です。ママやパパと一緒に英語の歌を口ずさむ、ということが子どもにとっては何より、刺激的で楽しい経験となるはずです。

是非、以上のようなことを意識してみてくださいね!