アンケート「幼稚園の英語でやって欲しい内容は?」

こちらでは、0歳~6歳の小さなお子さんを持つママさん50人に、英語学習に関するアンケートを行っていますので、是非、参考にしていってください。

今回の内容は、「幼稚園でもし英語学習をするとしたら、そこでやって欲しい内容は?」というものです。想像以上に濃厚な回答結果となっていますので、お子さんの英語学習に対する意識を高めるためにも、熟読していってもらえたら幸いです。

それでは、さっそく気になる回答結果を発表していくことにします。幼稚園で英語学習を行うなら、やって欲しい内容ベスト3を順番に見ていきましょう。

第1位は、「歌などを歌って楽しく英語に親しむ」というものでした。

なるほど、英単語を教えて欲しい、とか、文法を教えてあげて欲しい、といった生真面目な回答ではなく、まずは英語を楽しんで欲しい、英語そのものを好きになって欲しい、という回答がメインとなっているようですね。

確かに、まだ3歳~6歳くらいの小さな子どもは、机の前に座って、何かを無理やり覚えさせられることに対し、苦痛を感じてしまうでしょうから、まずはみんなで歌って踊って、という感じで英語を楽しく学ぶ方がよほどいいのでしょうね。

第1位の結果がこれ、ということは、多くの親御さんが、子どもに英語の歌を歌って欲しい!と思っていることがわかるわけですが、これはよくよく考えれば、幼稚園でやってもらえなかったとしても、自宅でだって充分にできることですよね。

もちろん、みんなで一緒にやると、また雰囲気やヤル気も違うのかもしれませんが。とりあえず、CDや動画を流すだけでもよい、と考えれば、空いた時間で、無限に続けていけることでしょう。

英語を習得するためには、インプットを2000時間も3000時間も行う必要がある、と言われていますから、少しでもそこに到達するように、日常的に英語の曲を掛け、英語の歌を口ずさめるようになっておきたいものです。今は、YouTube などの配信サービスも充実していますから、わざわざお店にCDを買いに行かなくたって、世界中の音楽をほぼ無料で楽しめてしまうわけです。こんな素晴らしい時代をテクノロジーを味方にしない手はないでしょう。

それに関する意見としては、基本的なABCソングや、挨拶などを教えてあげて欲しい、というものや、英語を使ったリズム遊びをやってあげたり、読み聞かせなどを行ってあげて欲しい、といったものがありました。

英語を使った遊びなどは、1人きり、あるいは母親と子どもだけだと、どうしてもちょっと盛り上がりに欠けてしまったりしそうですもんね…。そういった意味でも、幼稚園でワイワイやってもらえたら、ありがたいですよね!読み聞かせも、お母さんに読んでもらうのと、先生に読んでもらうのとでは、また緊張感が全然違うでしょうから、是非、幼稚園でもやってもらえたらいいなぁ、といったところでしょう。

さて、気になる第2位は「外国人の先生による授業」を行って欲しいというものでした。確かに、これは自宅でどんなに頑張ったって実現できることではありませんからね!

たとえ、出張でたまに…であってもいいから、幼稚園に外国人の先生が来てくれたらいいなぁ…というのは、誰もが願うところでしょう。日本人がどんなに必死で英語を教えたところで、ネイティブの人が話す、生の英語の説得力、破壊力には勝てません。

もちろん、母親の話す英語、日本人の先生が話す英語も、効果がないわけではありません。英語を好きになるキッカケとなれば、それは充分に意味、価値のあることです。

しかしやはり、できたら外国人の先生とのリアルな触れ合いの場が欲しいですよね。これから日本はどんどん国際化が進んでいきますから、もしかすると、幼稚園にも外国人の先生が1人、2人いるのって、当たり前の時代になっていくかもしれません。

小さい頃に外国人と触れ合っていると、大人になってからいざ外国人を目の前にしても、抵抗を抱くことがないでしょう。大きくなってから触れる文化というものは、どうしても異質に感じられてしまって、無意識のうちに自分の中から排除しようとしたり、遠ざけようとしたりしてしまうものですが…。まだ脳が柔らかいうちに受け入れたものというのは、その本人にとって自然なことであり、当たり前のものとなるわけです。これは、英語学習をしていく上でも是非、意識しておきたいことです。

さて、第3位の結果ですが、これは「会話重視の授業」をやって欲しいというものでした。きっと、この回答をしたママさんの中には、自分が教わってきた英語の授業は、そうではない退屈なもので、全然役に立たなかったから…なんて思いを抱いている人もいることでしょう。

そう、我々親世代が中学校で教わった英語って、全く生きた英語ではなかったですよね。テストで穴埋めを行ったり、マークシートで正解を出すために必要な、最低限の英語の能力を、悩みながら、苦しみながら、つまらないなぁ…と思いながら、イヤイヤ学習したという経験、あなたにもなかったでしょうか?

そうやってネガティブな思いと共に身に付けた英語力は、その時、どんなに努力していたとしても、いつしかボロボロと剥がれ落ちてしまうものです。やはり、英語というものは会話を中心に、生きたものとして学んでいくことが、自然と身に着けていく上ではとても重要だということです。

それをなんとなく実感しているからこそ、子どもには是非、「会話重視の授業」を体験させてあげたいと思う人が多いのかもしれませんね。

さて、それでは、このアンケートの結果から分析できたことを、あらためてまとめ、おさらいしていくことにしましょう。

自分の子どもが幼稚園で英語を教えてもらえるとしたら、どんな内容がいいですか?という回答に対し、現れた傾向は大きく分けて2点あります。

1点は、英語を楽しめるような教育をして欲しいというもの。机の前に座らせて、無理やり暗記させて…ということではなく、音楽と共に、歌って、踊って、楽しんで…という感じで、まずは英語を好きになって欲しいと考えているママさんが多いようでした。

ママさんの世代は、英語学習=苦痛なことであり、いかにも「勉強」という感じで捉えていた人が多かったでしょうから、余計にその思いは強いようです。子どもには英語嫌いになって欲しくないのでしょうね。

そして2点目は、ネイティブな先生と、生きた英語で会話をして欲しいという思い。下手な英語をいくら耳にしても、あまり意味はないのかな…と考えている人が多いのでしょう。それでも、何もしないよりは効果的なのですが、やはり本物の外国人の先生による、リアルな英語の方が何倍も価値があると考える人は多いようですね。

しかも、外国人の先生と触れ合うということは、日本とは異なる「文化」に触れる機会も発生するということであり、これを貴重だと捉えている人も多いのでしょう。

髪の毛の色が違う、ということや、目の色、肌の色が違うということにも気付ける良い機会となるでしょう。この世界には、自分達が普段目にしている人以外にも、様々な人々が存在するのだ、ということを早い段階で認識しておくのは、とても大事なことです。

海外の人と小さい頃から触れ合っていれば、人間は皆、同じ仲間なんだという意識が当たり前のように芽生えるので、自分とは異質な人を変に差別したり、排除しようとしたりすることもなくなるでしょう。

英語を学習する本当の意味は、海外の人と仲良くなり、心と心で交流をすることです。もちろん、就職のためとか、仕事のためといった理由も、正当な理由ではありますが、それだけではなく、もっとその奥にある意味、どうして就職の時に、語学力を求められるのか、といった「本質」を深く考えてみるといいでしょう。

以上、幼稚園で行って欲しい英語教育の内容、ベスト3についてお届けさせてもらいましたが、いかがだったでしょうか?

「わかる、わかる!」と思ったり、「あーなるほど、確かに!」と思ったり、何らかの参考になっていれば、ということを願います。

こういった考えを持っている人が多い、ということがわかれば、幼稚園に直談判できたり、リクエストができたりするかもしれませんよね!ちょっとした勇気と共に、行動を起こしてみることで、自分や、自分の子ども、そして、子どものお友達の人生までもが、大きく変わったりすることだってあるかもしれません。