アンケート「早期英語教育には賛成ですか?」

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

幼児英語に関する『ミライコアンケート調査』の結果を、是非、参考にしていってください。

世の中のママさん達が、どういった思考を持っているのかを幅広く知っておくことで、自身の意識を高めることにもつながるはずですし、時には同世代のママさん達から良い刺激や影響を受けることもあるはずですよ!

さて、今回も0歳~6歳という小さな年齢のお子さんを持つママさん達、50人にアンケート調査を行っているわけですが、そのテーマは「早期英語教育には賛成ですか?」というものになっています。

近年では、英語でも芸術でもスポーツでも、始める時期は、早ければ早いほどよい、というのが常識になってきていますが、早期英語教育について賛同しているママさんの割合はどれくらいなんでしょうか?

また、もし賛同できるとしたら、あるいは賛同できないとしたら、その背景にはどういった思いが潜んでいるのでしょうか?是非、興味を持ってアンケート結果をチェックしていってくださいね!何か、新しい発見があるかもしれませんし、新しい価値観が生まれることになるかもしれません。


早期英語教育に賛成の割合は?

それではさっそく、アンケート調査の結果を発表し、解説を行っていくことにしましょう!

「早期英語教育には賛成ですか?」という内容のアンケートに対し、「はい」と回答した人は全体の74%でした。それに対し、「いいえ」と回答した人は、全体の26%という結果になっていました。

74%ということは、およそ4人に1人のママさんが早期英語教育には賛成である、ということがわかりました。この結果についてはどのように受け止めましたか?すごく多いな!と感じたでしょうか?それとも、あれ?案外低い…!と思いましたでしょうか?

早い方がいいと考える理由

では次に、「はい」と回答した人が、どのようなことを考えているのか、「はい」と答えたママさんが挙げていた理由について、ご紹介をしていきます。

やはり、子どもの学習に関しては「早いに越したことがない」ということを、当たり前に考えている人が多いようですね。早い段階から始めた方が、脳も柔らかいですし、様々なことをあっという間に吸収してくれるので、効率が良いと考えている人も多いのでしょう。これは、たしかにその通りであると言えます。大人になってから、子どものように素早く理解をし、飲み込もう…と思っても実際問題としてそれは難しいでしょうからね…。

英語脳を早い段階から作れる環境を!

一旦、日本語をマスターしてしまうと、英語を理解する際にいちいち、意味を日本語で翻訳してから理解する…という経過を辿ることになってしまうため、これを「もったいない!」と考えているママさんもいるようでした。

この回答を寄せた方は、英語学習に関してとても高い意識や知識を持っているようですね。英語脳を作ることができるような環境に、早い段階からお子さんを置いてあげたいという思いを持っておられるようです。

早いうちから英語に触れてもらうことは、とても有益だと考える一方で、生活を英語中心にしてしまうのは、やり過ぎかな…ということを懸念している人もいるようでした。もし、肌に合わなかった場合、英語が嫌いになってしまうなど、取り返しのつかないことになってしまうかもしれませんからね…。ただ、そうならない範囲であれば、早期から英語教育を積極的に行うことに関して、基本的には賛成をしているようですね。

英語教育は遊びから入った方が楽しく覚えられる

早期英語教育は、大人の英語学習と違って、楽しい「遊び」から入るので、英語に対して「好き」という意識が芽生えやすい、というメリットを感じている人もいるようでした。これも確かに、その通りですね。

しかも、人間が言葉を覚えるのに適している時期は、3歳頃まで…と言われていたりするので、やはりできるだけ早い段階から英語に触れさせてあげたい!と考えているママさん達がとても多いようです。

最近の英語教育はとても進んでいて、子どもに飽きさせない工夫や、好きだと思ってもらう工夫が以前よりも念入りに施されているので、早期英語教育に対して「難しそう…」という先入観を持っているのだとしたら、それはもったいないことかもしれません。

一度、「最近はどのようなことが行われているのかな…?」という観点で、テキストや動画教材などをママさんやパパさんががチェックしてみる、ということもオススメします。おそらく、ママさんやパパさんが子どもの頃とはまた大きく内容が変わっているということに気づき、驚くことでしょう。

早期教育をすでに始めている人も

実際に早期英語教育をもう始めている、というママさんの回答もありました。そして、やはり早くから始めたことによって、発音の良さが全然違う!ということを実感しているようですね。

小さいうちは、子どもの脳がスポンジのように何でも吸収してくれるので、とにかく英語のシャワーを浴びせ、大量のインプットを行うということだけでもやっておこう!意識しておくといいでしょう。

小難しいイメージの文法の習得や、煩わしい単語の暗記などは、とりあえず受験の時まで置いておき、幼少期には英語の会話のリズムを掴む…ということに徹底してみるといいかもしれません。要は「耳を慣らす」というような感じです。こうすることにより、本格的な英語のレッスンが始まった時にも、抵抗なくスッとその世界に入っていけることでしょう。

お子さんが将来、バイリンガルやトリリンガルになることまで意識し、早期英語教育を施しているママさんもいるようでした。みなさん、とても意識が高いですね!

英語に対して、「怖い!」「無理!」「難しそう!」というように、高い壁を感じてしまう前に、「英語って楽しいな」と思えるような機会を設ける…ということは、いずれにしてもお子さんにとってとても貴重な体験になると言えるでしょう。

まとめ

さて、それではこれまでの記事で解説してきた内容を、あらためてまとめていくことにしましょう!

まず、子どもの早期英語教育に関しては、4人に3人のママさんが賛成であるという結果になりました。できるだけ小さい段階からやらせた方がいい、と思っている理由は、年齢が小さい頃の方が飲み込みが早く、様々なことに対して興味を持ち、スポンジのように要素を吸収することができると考えられているからです。

完全に英語中心の生活にしてしまったり、トラウマを背負わせてしまうほど英語漬けにしたくはないものの、将来は英語がペラペラのバイリンガルになってもらって、我が子には世界を舞台に活躍して欲しい!というママさんの熱い思いが伝わってきました。

この記事を読んでいるママさんは、どのように思っているでしょうか?バイリンガルやトリリンガルになるほどのレベルは期待していないにしても、できるだけ早い段階から英語で耳を慣らし、本格的な学習が始まった時に苦労をしない程度にはしておいてあげたいな!と思っている人も多いのではないでしょうか?

早期英語教育…という単語や字面からは、ついつい難しいことを想像してしまうかもしれませんが、遊びやゲームの延長のような感覚で、楽しく英語を学習できるような工夫が、最近の教材には凝らされていますから、是非、一度その中身を詳しくしってみてください。

もちろん、ミライコイングリッシュの教材も、親子で自宅にいながら楽しく英語を学習するのに適していますからオススメですよ!スタートさせるために掛かる初期費用もリーズナブルですから、是非、導入を検討してみてくださいね。