アンケート「習い事の1番の効果は何だと思いますか?」その2

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

0歳~6歳の小さなお子さんを持つママさん達50人に、「習い事の1番の効果は何だと思いますか?」というアンケートを行いましたので、その結果をチェックしていってください。

ちなみに、こちらの記事は、結果の「2」の方になります。「1」の記事では、ベスト3の発表をしており、こちらでは4位以降の結果をお伝えしていますから、併せて読んでいってくださいね。


それではさっそく、気になるアンケート結果を詳しくお伝えしていきます。

習い事で貴重な人間関係を学べる

第4位は、「集団生活や上下関係を学べる」という結果でした。

学校や家庭内だけだと、どうしても交流が限られてしまいがちです。何かを学ばせようにも、親が子供に指導をしようとすると、そこにはどうしても「甘え」や「馴れ合い」のような状況が…。

だからこそ、外の世界で親や担任の先生以外の大人と触れ合ったり、別の地域のお友達と交流するということは、貴重な経験になるはずだと考えているママさんが多いようです。

もちろん、ピアノのように個人のレッスンの場合だと、そこで集団生活や上下関係を学ぶことはできないかもしれませんが、英会話スクールであったり、スイミングスクールであったり、「教室」のような形で取り組む習い事の場合、そこでの人間関係を、学校とは別に体感できるのって、やはり特別に意味のあることですよね。

特に、スポーツ系の場合は上下関係が厳しいので、よりシビアな人間関係を学ぶいい機会となることでしょう。この経験は、社会に出てから確実に糧となり、役に立つはずです。

技術以外にも内面的に成長できる

第5位は、「人格形成」という結果でした。

幼稚園や学校に行っているだけでは習得できないような技術をマスターすることによって、間接的に優秀な人格を形成していって欲しいという願いを持っているママさん達が多いようです。

つまり、何か具体的な技術を身につけること以上に、内面的に成長して欲しいという思いが強いということですね。

習い事というのは、たとえば、ピアノにしても、バイオリンにしても、絵画にしても、始めから上手くできるわけではありません。最初は右も左もわからないようなところから、挫折を何度も繰り返しつつ、厳しいトレーニングを経て、徐々に徐々に、できるようになっていくわけです。

そんな経験をしている人と、全く何もしていない人を比べたら、遥かに前者の方が人間的に優れていくに違いないでしょう。人間の内面は、苦しみを味わえば味わうほど、成長していくものですからね。そして、達成感を味わったり、成功体験を培うこともまた、人間にとって大事な経験であると言えます。

人生において大切なことを学べる機会という観点から考えても、学校に通っているだけより、習い事にも通っている方が絶対、遥かに多くのチャンスに恵まれることでしょう。

以上、4位と5位の結果を発表させてもらいましたが、ここで、それ以外に寄せられていた結果についても発表をしていきます。

それ以外の結果

1つは「集中力の向上」というものでした。集中力は、何を習得する上でも大切になってくることです。学校に通っているだけでも、ある程度は身につくのでしょうが、やはり特別に専門的な習い事をしようという方が、より高い集中力が身につきそうだと思いますよね!

そのほかには、「将来役に立つ」という回答が寄せられていました。たとえば、将来ミュージシャンになる可能性のある子にとっては、ピアノやギターを習うというのは、非常に有益で意味のあることになってくるでしょう。

あるいは、バレエを習うことによって、身体の柔らかさや表現力を身につけておく、なんていうのも強力な武器になりそうです。

そろばんにしても、脳内でイメージを使って計算するということが一生を通して楽になるのであれば、これほど役に立つことはないでしょう。

自信がつく」という回答もありました。何かの技術を身につければ、それが直接的に人生の役に立つかもしれないのと同時に、シンプルに人間として「人よりも優れた特技を持っている」という「自信」を得ることができるので、そこに価値を見出しているということです。

友達が作れる」という回答も寄せられていました。学校の外でできる友達というのは、適度に新鮮さや距離感があって、いいものですよね!学年や年齢にも関係なく、習い事という共通の項目で繋がることができるため、特別な絆で結ばれそう、というのもポイントです。地域にはない情報を自然と入手できることになるのも魅力です。

子供が楽しめること」「健康で丈夫な体をつくること」という、とてもシンプルでほっこりとできるような回答もありました。

習い事というと、忍耐力を…とか、集中力を…、というように何かに立ち向かうようなイメージを抱き、身構えてしまいがちだったりしますが、「本人が楽しめたらいいな」というのは、優しい親の思いが伝わってくるようで、ホッとしますね。健康であって欲しいからという理由で習い事をやらせるのも、優しさの極みという感じがします。

もちろん、1位からズラッと並んでいる理由の全てに、親の優しさと愛情が詰まっているんですけどね!

さて、これまでの結果をまとめ、おさらいをしていきましょう。

まとめ

今回、登場した意見の中には、習い事をすることによって「人間関係」や「集団生活」や「礼儀作法」を学べるので、それを目的としている、というようなものが見られました。

習い事というのは、週に1回くらい家庭や学校を飛び出て通うものですから、適度に緊張感や新鮮さがあって、集中力を高めたり、より真剣に取り組むという姿勢を学ぶ上で、とても効果的なんですよね。これは、習い事をやる上での大きなメリットであると言えるでしょう。

子供に何か習い事をさせる時には、その習い事から得られる技術そのものを目的としているケースは、案外少ないということに気づかれた人も多いのではないでしょうか?

つまり、どうせピアノなんか習ったって、将来ピアニストになるわけじゃないし…とか、英語を習ったところで、将来は翻訳機が発達するだろうし…、という、その能力が「必要か」「必要でないか」という2極では判断しない方がいいのかもしれない、ということです。

英語にしても、ピアノにしても、スイミングにしても、それを使う時が来るかどうかが大事なのではなく、技術を習得し、マスターしていく上で、人間として何重にも大きく成長できるというところにスポットを当ててみてはどうか?というわけですね。

もちろん、始めから当たり前にそう考えていたという人もいることでしょうが、中には「その考え方は、目から鱗だった!」という人もいるのではないでしょうか?習い事をすると、その分、お金が掛かったり、時間も使ってしまったりしますが、それもこれも全て、大切な我が子の未来への「投資」であると考えたら、途端に安く思えてくるはずです。

特に、ミライコイングリッシュへの投資に関しては、特別リーズナブルであるよう設定されているので、さらに抵抗がなく始められるはずです。投資は必要…とわかっていても、やはりいざ大金を払うとなると躊躇してしまう、なんて人でも安心して始めることができますから是非、内容をチェックしていってください。

しかも、ミライコイングリッシュなら、空いた時間で気楽に英語の学習をスタートすることができますから、他の習い事と並行して行うことも簡単です!ピアノやスイミングなどと一緒に、ミライコイングリッシュで是非、頑張ってみてくださいね。