私英語教えられないんですけど…

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

このページを読んでいるママさんは…、おそらく我が子の英語教育にとても熱心な人ですよね!お子さんが英語ペラペラになる、そのためであれば、どんな努力でも惜しみなくやりたい!と考えているタイプの人が多いことでしょう。

ただ、完璧主義が過ぎてしまうママさんは、逆にこんなことを心配していたりするのではないでしょうか?その心配事とは、「私って英語が得意じゃないから、子どもに教えられそうにないなぁ…」ということとか。あるいは「それだったらいっそ、家庭での英語教育はやらない方針でいこうかな…」なんて結論に達してしまうママさそれ、中にはいるかもしれません。しかし、それはちょっと待った!

こちらの記事では、英語力に自信がなくて、自分で子どもに英語を教えられそうにないから、自宅での英語教育自体を放棄しようとしてしまっている…そんなママさんに向けたお役立ち情報をお伝えしていきます。是非、最後まで読んで自信をつけていってくださいね!

自宅で英語教育する自信がない…

最近では、子どもが小さい頃から英語を教えようとするママさん達がどんどん増えてきていますよね!何事もマスターさせるためには、できるだけ小さいうちから始めることが肝心!というのは、もはや常識になってきている世の中です。

ただ、小さい頃から英会話スクールに通わせる…となると、それはそれで大変ですから、できれば自宅で英語教育を行ってあげられたらいいですよね。

しかし、自宅で英語教育を行う…となると、ママさんかパパさんに、ある程度の英語力が求められることが想像できてしまうわけで。そうなってくると、「あれ…?ひょっとしてうちじゃ無理ってこと?」なんて結論に行き着いてしまうママさん、パパさんも多いことでしょう。

やっぱり英会話スクールに頼るしかないの?

「そんなの別に関係ないし、気にしない!私は英語そんなに得意じゃないけど、子どもに教えるくらいならできるもーん」と気楽に考えられるタイプのママさんなら良いのですが…。

日本人のママさんの多くは、基本的に、とても真面目で完璧主義な人が多いですからね。「私が英語を教えることによって、子どもが変な英語をマスターしてしまったらどうしよう…」なんてことを、どうしても先回りして心配してしまう傾向にあるんですよね。

たとえば、妙な発音やカタコトな喋り方で英語を覚えてしまったら、それが形状記憶のように子どもの脳裏に焼き付いてしまい、一生、変な英語の発音のクセが抜けないなんじゃないかしら…?なんて。だったら、英会話スクールに頼るしかないけれど、そんな余裕はないしなぁ…という感じで、どんどん出口のない迷宮に迷い込んでいってしまうんですよね。

諦めちゃダメ! 自宅でも英語教育はできる!

でも、諦めちゃいけません!小さな子どもへの英語教育は、自宅で誰でも簡単にできるんですよ!気にせず、ガンガンやってしまっていいんです。

親の英語力が高いか、低いか、というのは、自宅で英語教育を行う上では全く関係がありませんので、その心配はまず捨て去ってしまいましょう。「正しい英語を教えなくちゃ!」とか「間違ったことを教えては大変!」というように、身構えた精神状態で始めるのではなく、子どもと一緒に「親子で英語を楽しもう!」とする姿勢が何よりも大切です。

発音よりも熱意や真心が大事

発音に全く自信のない人や、スラスラと英語の文章を読めない人は、そうはいっても臆病になってしまい、なかなか子どもの前で勇気を持って英語を話せないかもしれませんが…

発音なんて、究極をいえば、上手であろうと下手であろうと関係がないんです。世界にはたくさん英語を話す人々が存在していて、実は、その全てが流暢なネイティブスピーカーというわけではないんですよ!本当に大事なのは、発音の美しさではなく、英語という言語を使って、相手に自分の思いを届けよう!とする熱意や、真心なんです。

英語のシャワーを浴びせ続けましょう

ですから、小さい頃にはとにかく何も気にせずに英語のシャワーを浴びせ続けてあげましょう。ネットの動画サイトを使って、ネイティブな人の発音を聴かせてあげてもいいですし、ママさんの可愛らしい一生懸命な英語を聴かせてあげるのでも全然いいわけです。

子どもの耳はとても高性能にできているので、色々な英語を聴かせ続けているうち、次第に「これが正しい発音なんだな」というのを聴き分けることができるようになっていきます。だから、妙に心配をして、間違った発音を聞かせないようにする必要なんてないんですよ!

英語の初心者マーク!と開き直ってみよう

むしろ、ママさんやパパさんも、子どもと一緒で、英語に関してはズブの素人で初心者マーク!という方が、うまくいったりもします。

変にママさんやパパさんの英語力が高いと、子どもに対して「どうしてそんなこともわからないの?」とか「こんなに簡単なのになんで発音できないの?」なんて、上からな態度で接してしまうことが懸念されたりするのです。

そうすると、子ども達は「どんなに頑張っても、ママやパパのようにはなれそうにないし…」なんてはじめの段階で萎縮してしまう危険性があります。要は、好きになれたはずの英語を「嫌いになってしまう」危険性が高いというわけです。

もちろん、英語力が高くて、なおかつ子どものペースに合わせてあげることのできる、優しくて心の広いママさん、パパさんなら何の問題もないのですが。

子供の自尊心をくすぐってみる

子どもはむしろ「ママよりも上手に喋れた!」「パパよりも早く覚えられた!」ということで、優越感を覚え、自信をつけ、「もっと頑張ろう」と思ったりする傾向がありますから、英語の発音に関しては、あえて下手くそに読むくらいでちょうどいいのかもしれませんよ。

なんなら「これってどう読むのかなぁ…」「ママに教えて!おねがい!」というスタンスで接するようにすると、子どもの自尊心がより成長するかもしれません。

ちょっぴり未熟なママさんやパパさんだと「子どもにバカにされたくないから」なんて張り合ってしまったりもしがちですが、それはちょっとおとなげないですよね。本当に大人な人は、子どもに自分の弱いところや、ダメなところもちゃんと見せることができるというわけです。

まとめ

さて、それではこの記事でお伝えしてきたことを、最後にあらためてまとめ、おさらいしていくことにしましょう。

子どもに自宅で英語を教えるにあたり、「私は英語が得意じゃないから、むしろ何もしない方がいいのかな…」なんて心配しているママさんもいると思われますが、それは間違いです!

親の英語力が高いか低いか、発音が上手か下手か、というのは英語教育を行う上では全く関係がありませんので、安心してください。

小さい頃の英語教育において一番大事なのは、英語を好きになることであり、英語を楽しむ姿勢です。ママさんやパパさんの英語の発音がたとえ下手っぴでカタコトだったとしても、子どもがそれを面白がってくれれば全然いいわけです。「僕が上手になって、ママに英語を教えてあげるよ!」なんて展開になれば、それはしめたもの。

無理して、親の英語力を高めようとするよりも、子どもと一緒に上達していこうと考えたり、なんなら子どもに教えてもらおう!と気楽に構えることが大事です。

あまりにも英語力の高いママさんやパパさんが先生だと、逆に子どもはヤル気や自信を失ってしまい、英語を嫌いになってしまうかもしれませんので、ここは発想を転換させましょう!

ちなみに、ミライコイングリッシュの教材を使えば、自宅にいながら、本格的な英語の学習を親子で楽しめてしまいますから、オススメですよ!まだ未体験な人は是非、購入を検討してみてくださいね!