お友達の子供に英語の本を贈るのってアリ?

「気にしちゃう」…繊細なママパパさんへ

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

この記事を読んでらっしゃる、小さなお子さんのママさん、パパさんの中には、とても繊細な感受性を持っている方もおられることでしょう。最近、話題になっている「HSP」と呼ばれる人ががまさにそうです。いわゆる「繊細さん」と呼ばれる人のことです。

繊細さんなママさん、パパさんにとって、お友達の子供に何かプレゼントを…と考えるのは、楽しいことであると同時に、非常に重荷でありプレッシャーだったりもすることでしょう。

「あんなものあげたら迷惑がられるかな…」とか、「こんなものあげたら陰で何か言われるんじゃないかな…」なんて。

そして、この記事を読んでらっしゃるママさんパパさんは、当然、英語学習に強い興味を持っておられることでしょうから、小さな子への誕生祝いや入園祝いなどに「英語の絵本」「英語関連のグッズ」なんかを贈ってあげたいな、と考えたことがあるかもしれませんね。

さて、英語に関連するプレゼントをあげるのって、一般的にどうなんでしょうか?

何をあげようが、そんなの気持ちがこもっていれば何だっていいじゃん!というナチュラルボーンな考え方を持っている人は大丈夫なので、ともかくとして。色んな考え方を持っている人がいる中で、英語関連のプレゼントを贈ることが、失礼になったり、嫌味になったり、迷惑になったりしないか、ということが少しでも気になる!という人は、是非、こちらの記事に目を通していってください。

英語学習に対する考え方の違いが気になる?

この漫画のママさんは、英語の絵本を買ってしまった後で、「やっぱり日本語の絵本にすればよかったかな…」と、少し後悔をしているようです。

先生は「あら、素敵!きっと喜んでくれるわよ」とコメントしていて、これが至って普通な大人の考えというものなのですが…。ママさんは一体、何を心配しているのでしょうか?

この漫画のママさんは、幼少期の英語学習が自分の中でブームだったから、それを理由につい買ってしまったということに関して、ちょっと後悔をしているようです。

一般的に誰もが欲しがる便利なものを買ってきたのでなく、自分の価値観を押し付けてしまったような気がしている、ということなんですね。

幼少期の英語学習に関しては、確かに色々な考え方を持っている人がいるというのも事実です。日本語もロクに習得していないうちから英語に触れされるのは、害悪だ!なんていう極端な思考を持っている人もいたりするので、余計に悩んでしまっているのでしょう。

また、そこまで強い思想は持っていなかったとしても、なんとなく、小さいうちからこどもに英語を習わせるママさんに対して「お高く止まっている」といったイメージを持っている人、「人を見下している」というイメージを持っている人、「カッコつけてるだけ」「流されているだけ」みたいな偏見を持っている人もいたりします。基本的には、妬みやコンプレックスの裏返しだったりするのですが、「自分だけはあんな風になりたくない」という思いから、我が子に小さいうちから英語学習なんて絶対にさせたくない!と思っている人も、中にはいたりするかもしれないわけです。

プレゼントって難しい?

ただ、そんなことを気にしていたら、結局何もプレゼントできなくなってしまいます。たとえば、絶対に便利と思われる「タオル」だって、「趣味に合わない」という理由で、疎まれてしまうことはあるでしょう。また、そのタオルの値段が安いといって気にする人もいれば、逆に高過ぎて気を遣ってしまうという人もいるかもしれませんよね。

じゃあ、お金ならいいのかというと、現金なんて生々しいものをよこすなんて…!という人もいるわけです。自分のために何かを選んでくれることが嬉しいのに、それを早々に放棄してお金で解決しようとしたんだな!なんて卑屈に考える人もいるくらいなんですよ。

かといって、何もあげなければあげないで、「何もくれなかった」と言われるわけですから、もう100%の正解なんて存在しないと考える方が正しいわけです。

自分がピン!と来たものを、サクッと購入して、笑顔でサラッとプレゼントするというのが、一番最高の選択肢と言えるでしょう。もし、それで何かゴチャゴチャ言うような人がいたとしたら、それは相手のレベルが低いのだと考えればいいです。そんな人とは、たとえプレゼントのことが原因で疎遠になったって、何の問題もないでしょう。相手から、心のこもったプレゼントを受け取ったら、どんなものでも嬉しい!と感じるのが、本当にレベルの高い大人であり、本当に付き合うべき相手です。

英語の絵本に触れることの重要性

少し話が逸れてしまったかもしれませんが、そもそも、幼少期には英語の絵本に限らず、様々なジャンル、様々な価値観、様々なテイストの絵本に幅広く触れるということがとても大事です。

偏った絵本やオモチャにばかり触れていると、なかなか世界が広がっていきません。子どもの興味は、どこに向くかわかりませんし、何がキッカケとなって変わるかもわかりませんから、本当に、色々なタイプの絵本やオモチャや動画などに触れさせてあげるべきなんです。

ある一定の価値観しか受け入れられないような大人になるよりも、幅広く様々な価値観を柔軟に取り入れることのできる大人になる方が、世の中で生きていきやすくなることでしょうし、多くの人から必要とされる存在にもなれることでしょう。

そんな中、あなたのプレゼントする英語の絵本が1冊「ある」か「ない」かでいったら、ある方がいいに決まっています。

もしかしたら、その本がキッカケで、英語に猛烈な興味を示し始め、将来は海外で活躍するようなパフォーマーになるかもしれませんし、通訳や外交官になったりするかもしれません。

もし、その子の人生を大きく変えるキッカケを与えることができるのだとしたら…と考えると、英語の絵本をプレゼントするのって、とてもロマンのあることですよね!

英語の絵本にも、様々なタイプがありますから、どんな絵本をプレゼントするのか、ここは是非、あなたのセンスを見せつけてあげましょう。そう考えると、とても楽しいはずですよ!

たとえば、イラストと英単語だけのシンプルな辞典のような絵本もあるでしょうし、物語になっているものもあるでしょう。その物語に関しても、絵が中心のものもあれば、文章が中心のものもあるはず。さらにはストーリーに関しても、サラッとしていてすぐに読める楽しいものもあれば、ものすごく深いメッセージ性のある絵本、という場合もあるでしょう。

1冊だけ選び抜いてプレゼントするのもいいでしょうし、それぞれテイストの違うものを2~3冊プレゼントするのもいいかもしれませんね!

まとめ

さて、それではこの記事でお伝えしてきたことを、最後にまとめていきます。

お友達の子供にプレゼントを贈る時、英語の絵本を選ぶのがアリかナシか…という話ですが、結論から言うと、これは大いにアリ!です。

幼少期には、様々な価値観に触れ、柔軟な感性を育てるということがとても大事になってくるからです。

英語の絵本をあげることで、迷惑だな…なんて感じる人はいないでしょう。仮にいたとしたら、その人は結局、何をあげたとしても満足せず、どこかしらに欠点を見つけて文句をつけるようなちょっと卑屈なタイプの人です。そんな人とは、これからの時代、無理してお付き合いを続けたりせず、ほどほどの距離を取って、あまり影響を受けないようにしていくのが正解です。

あなたが心を込めて選んだ本は、きっと喜んでもらえるはずですよ!