発音に自信がなくても、英語の読み聞かせってやった方がいいの?

子供に絵本を読んであげるのって、とてもいいことですよね!

まず単純に、色々な音を聞かせ、絵を観てもらい、言葉やお話を覚えてくれたら、それだけで学習能力がものすごくアップしそうって思いますよね。色々な世界に興味を持ってもらえそう、という意味でも、絵本には無限の可能性を感じます。

それに、何より親子のコミュニケーションの時間にもなって、素晴らしい!と捉えている人も多いことでしょう。

子供もみんな、お母さん、お父さんに、絵本を読んでもらうのが大好き!ですよね。

さて、そんな絵本の読み聞かせについてですが…、せっかくなら子供が幼いうちから、「英語の本」を読み聞かせてあげたいと考える人もいることでしょう。

しかし、そう思い立った、お母さんや、お父さんの多くが、思い立っただけで挫折してしまい、実際には英語の絵本を読み聞かせずに終わってしまいます。それは一体なぜなのでしょうか?

理由はズバリ、自分自身の「英語の発音に自信がないから」です。

英語を覚える際には、耳からネイティブの正しい発音を入れることが大事だ、なんて言われていたりしますから、自分流の奇妙な発音で英語の絵本を読み聞かせることによって、間違った教育を施してしまったらどうしよう…!と不安になってしまう人がとても多いんです。確かにそう思う気持ちは、とてもよくわかります。

実際、絵本を読んであげている時に「little red」なんて文章が出てきたとして、日本人丸出しの「りとるれっど」という発音で、そのまま読んでしまったら…?子供が、その発音のまま、まる覚えをしてしまいそうでとても不安になることでしょう。

「L」と「R」の違いも、日本人にとってはとても難しいことですから、正確に読もうとすればするほど緊張してしまって、余計にうまく読むことができませんよね?

プラスの効果がないだけならまだしも、そこにマイナスの作用があるのだとしたら…?そんなことを想像してしまったら、恐ろしくて英語の本なんて手に取ることができないでしょう。

しかし、英語教育のプロに言わせると、それでも構わず、英語の絵本はとにかく「読み聞かせてあげた方が良い!」ということなんです。

「えー…、でもなー…」と、まだまだ不安に感じる人は、これから解説する理由をきちんと理解していってください!

親が英語の絵本を読み聞かせてあげた方がいいという、一番の理由は、子供が「英語を好きになることができるから」です。

いざ、本格的に英語を勉強しよう…という時期を迎えた際、英語が自分にとって全く未知なる存在だと、そのハードルはとても高く感じられてしまうことでしょう。しかし、幼い頃から、お母さん、お父さんの読んでくれた英語の絵本で、英語そのものに慣れ親しんでいたら…?それだけで、英語に対する「苦手意識」というものがない状態の、素晴らしいスタートを切ることができると思いませんか?

そのためには、英語の絵本を読んであげる時の、ムードや表情なども「楽しく、楽しく!」ということを意識するのが重要です。親が楽しんで英語に触れている姿を見せてあげれば、子供も自然と「そうか!英語は楽しいものなんだ」という風に認識をしてくれます。

親が子供に英語の絵本を読んであげる時には、決して、正しい発音を覚えてもらうことが目的ではないのだ!と、ここは思い切り割り切りましょう。英語の絵本を読み聞かせしてあげるのは、あくまでも、英語に興味を持ってもらい、英語を好きになってもらうのが真の目的だと思っておくべきです。

それに、あえて、つたない発音でたどたどしく英語を読んでみるというのは、かえって子供の成長心に火を付けるかもしれませんよ!

たとえば、「お母さん!そこは、パープルじゃなくて、パーポゥって読むんだよ!」というように。英語が苦手なお母さんに、子供が自ら「正しい発音を教えてあげたい」と思うようになってくれたら、それはそれでしめたものです。

子供は、優越感や自尊心を刺激してあげると、さらにやる気を出したりしますから、上手に手のひらの上で転がしてあげましょう。

ある有名なピアニストのお母さんも、子供がなかなか練習をしない時、「練習しなさい!」と叱りつけるのではなく、あえて自分がピアノの前に座り、わざと下手クソな曲を弾き始めるようにしたと言います。

すると、子供の方からすっ飛んで来て、「お母さん!そこは、そういう風に弾くんじゃないよ!ちょっとそこどいて!」と、自らピアノの前に座りたがるわけです。

逆に、お母さんがもしピアノを上手に弾け過ぎてしまったら…?子供は「あんな風にうまくは弾けないしなぁ…」なんて引け目を感じてしまい、やる気を失ってしまっていたかもしれません。

この例からもわかるように、子供のやる気を刺激するためには、親はあまり完璧でなくていいのです。いや、むしろ発音は完璧でないくらいの方がいい場合もあるのです。

どうでしょうか?安心して、英語の絵本を読み聞かせてあげたい!という気持ちになったのではないでしょうか?もちろん、上手に発音できるお母さんやお父さんは、その発音を聴かせてあげればOKですが、それができないという人も、全く気にする必要などなく、どんどん英語に触れる機会を与えてあげて欲しいというお話でした。

そして、正しい英語の発音を耳にする機会というものは、それはそれでまた別に作ってあげるようにしましょう。

さあ、それではさっそく、子供の好きそうな英語の絵本を探しに行ってみてください!