教育ママへの偏見が消えない…!という人へ

英語学習をさせることに抵抗を感じる?

我が子には、勉強を頑張ってもらいたい!特に、英語の能力は早いうちから身につけてもらいたい!そんな風に思っているママさんは、とても多いことでしょう。特に、この記事を読んでいるママさんは、その気持ちが強いかもしれませんね。

しかし、こんな考えがあって、戸惑ってしまうことはありませんか?

それは、自分だけは典型的な「教育ママ」になりたくない!という思い。勉強を頑張ってもらいたい気持ちと同時に、子供には自由にのびのび育ってもらいたいという気持ちもあって…。だからこそ、その狭間で揺れ動いてしまうママさんがいるようですね。

教育ママの悪いイメージが定着している

我々の中にイメージとして浸透している、いわゆる「教育ママ」って、あまりいい印象ではありませんよね。「あれをしなさい、これをしなさい」とガミガミ口うるさくて、神経質ですぐに注意してくるし、いつも怒っていそうな感じがしませんか?

人間の価値を学歴だけで決めつけているような感じがありますし、テストの点数だけでその子の良し悪しを判断していそうな感じもします。色々な生き方あるのに、それを決して認めようとせず、自分の思い描いたエリート路線を進んでもらうことでしか、幸せになる道はない!と思い込んでいるところが、どこか宗教めいており、恐怖心すら感じることもあるでしょう。

我々が子供時代に夢中だった漫画『ドラえもん』でも、のび太のママや、スネ夫のママは、怖い母親の象徴として描かれていたので、その影響もあるのかもしれません。

のび太のママは、のび太が0点を取って帰ってくると「またこんな点取って!」と鬼のような顔で激怒します。「学校のテストが0点でも、あなたにはきっと特別な才能があるのよ」なんて、柔軟性のある解釈はしてくれたことがありません。

スネ夫のママも、スネ夫にいくつも習い事をさせ「うちの子は、あれができて、これもできて…」と、まるで子供を自慢のための道具のように扱っている節がありました。ちなみに、スネ夫のママの口癖は「〜ざます」でした。

子供の視点で漫画やアニメを見ていた頃、「こういう母親はイヤだな…」なんて、誰もが教育ママのことを「恐怖の対象」「子供の敵」として捉えていたことでしょう。だからこそ、自分自身が子供のために夢中で英語の教室や教材を探している時、「なんだか教育ママみたいでイヤだな」「自分が教育ママの側に回ってしまうなんて」と思ってしまう人もいるはずです。

教育ママにも色々なタイプが存在する

しかし、こんな風に考えてみてはいかがでしょうか?「教育ママの中にも、色々な教育ママがいる」と。極端な話、子供に嫌われる悪い教育ママもいれば、子供に愛される良い教育ママもいる、といった具合です。

教育ママにネガティブなイメージがあるのは、子供にとって勉強が退屈でストレスを感じるものだという前提があるからでしょう。そんなことを無理やりやらせようとしてくる大人は、子供にとって害悪でしかありません。

しかし、勉強そのものが、ゲームやレクリエーションのように、楽しいものだったらどうでしょうか?毎日、そんな楽しいことを教えてくれて、一緒に幸せな時間を過ごしてくれる大人は、子供からしたら神様のようにありがたい存在となるでしょう。

退屈なはずの勉強を、楽しくて仕方ないものと感じさせてくれる。そんな魔法使いみたいな教育ママさんになることができたら、最高ですよね?

あなたにとって、新しい時代の素晴らしい教育ママって、どんな存在でしょうか?自分なりに、理想像を思い描いてみてください。

理想的な教育ママのパターン

ここで、理想的な教育ママのパターンをいくつかご提案させてもらいます。

(1)切磋琢磨型

子供と一緒に、同じ目線で勉強を頑張っていこうとする教育ママさん。自分が先生となって、上の立場からモノゴトを教えるのではなく、一緒に学んでいこう!一緒に頑張ろう!と、手を取り合ってくれるタイプの教育ママさんの理想像です。

子供からすると、偉そうにガミガミ言われることなく、時には自分の方が大人にモノゴトを教える立場にもなることができるので、勉強を好きになることができたり、リラックスした雰囲気の中でモチベーションをアップさせることができるでしょう。

問題点があるとしたら、子供と距離が近くなり過ぎるので、関係性によってはナメられてしまうことがあったり、逆にマウントを取られてしまい、親としての立場を失ってしまう可能性があったりすることです。

(2)レクリエーション型

豊かな創造性を発揮し、子供にオリジナルの教材を作ってあげたり、クイズ形式で問題を出してあげるなど、勉強を楽しいものとしてプレゼンテーションできるタイプの教育ママさんです。

こんな風に勉強を教えてもらうことができたら、子供の創造性もアップするでしょうし、のめり込むように英語を好きになれたりするでしょう。

問題点としては、独自のアイデアを出すのに苦慮したり、それを表現するために使うエネルギーがバカにならないことです。才能があるかどうかはともかく、仕事をしていて忙しく、時間や余裕のないママさんには、あまり向いていないでしょう。

(3)乗せ上手型

とにかく、子供のことを褒めちぎり、やればできる!すごいすごい!と乗せてしまうことが上手な教育ママさんです。

大人に褒められて悪い気のする子供はいませんから、よほどひねくれた見方をしない限り「もっと頑張ろう!」「いい成績を取って、また褒めてもらいたい」と思う子が多いはず。時間もコストも掛かりませんし、リスクもほとんどないので、かなりおすすめな教育ママの理想像です。

気をつけるべき点があるとしたら、褒め言葉のパターンが少なくなってしまったり、無感情で褒めてしまったりすると「本当に褒める気があるのかな…」なんて疑われてしまう可能性があることかもしれません。

そのため、同じように褒めるのでもできるだけ緩急をつけ、派手に褒めたり、しみじみ褒めたり、バリエーションを設けると良いでしょう。また、機械的に褒めていると思われないよう、ある程度は演技力も必要です。

悪い成績を取って来てしまった時の対応は難しいかもしれませんが、ここで眉をひそめてしまうなど、怪訝な顔をしてしまうのは考えもの。納得のいかない成績であることは本人が一番良く理解しているでしょうし、「そんなこともあるよ、ドンマイ!ドンマイ!」と元気づけてあげるのがベストです。

また、テストの点数などの結果だけで良し悪しを判断するのではなく、勉強に対して取り組む姿勢、前向きであること、過去の本人と比べて成長していることなどに目を向け、画一的な褒め方をしないことが大切です。

まとめ

以上、教育ママへの偏見が消えない人へ、新しい教育ママの理想像を描き、そこを目指してみては?というお話をさせてもらいました。

あなたは、どんな教育ママを目指したいと思いましたか?自分だったら、お母さんにどんな言葉を掛けてもらえたら勉強を頑張れるだろう…、なんて逆の立場になって考えてみる姿勢が大事かもしれませんね。

昔の教育ママに対する悪いイメージは、捨て去りましょう。同じ教育ママでも、子供に良い影響を与える教育ママと、悪い影響を与える教育ママがいると考え、前者の素敵な教育ママになれるよう、考えを深めてみてください!