英語学習の意欲を落とさせない方法とは?

英語へのヤル気…、落ちていませんか?

お子さんの英語学習、順調に進んでいますか?

中には、中だるみのような現象を起こしてしまって、最近ではすっかり我が子ヤル気を失ってしまっている様子…、なんてケースもあるのでは?

親としては、将来のことが心配だったり、高い授業料やテキスト代が気になったり、という感情があるので、どうにかして、子どもにはヤル気を出してもらいたい!と思うものですよね。

しかし、無理にやらせようとしてしまうと反発を起こされてしまったりしがちです。そこで、親子の衝突が起き、英語学習のことがキッカケで家の中が殺伐として来てしまった…!などという、本末転倒な事態を招いてしまっている人も、密かにいるのではないでしょうか?

喧嘩こそせず、ただ見守っているだけだけれど、漠然とした不安やストレスに包まれてしまっている、なんて人も多いかもしれませんね。「このままでいいのだろうか…」という不安ってやつですよね。こういった不安は、地味に身体に毒だったりするものです。

子ども自身が、やりたくないのであれば、やらせなければいい…!というスタンスを貫いてはみるものの、高校受験でも、大学受験でも、入社試験でも、英語は必須となっている場合がほとんど。英語ができないと、これから社会の国際化が進んでいく中で、うちの子がすっかり取り残されてしまうのではないか…?なんて考えだしたら、不安が止まらないことでしょう。

意欲の低下は「よくあること」だと認識しよう

しかし、こういった不安を抱えてしまうのは、子を持つ親であれば「あるある」なことです。

英語学習というものは、マラソンのように長時間の戦いですから、途中でモチベーションが落ちてしまうのって、当たり前なことなんです。

まず、この「よくあること」「当たり前のこと」という感覚を持つことが1つ、大事になってくるでしょう。ヤル気をなくしてしまっているのが、「うちの子だけ」であり、「うちの子がダメな性格だから」というような思考を持ってしまうと、事態はよくない方へ進んでいってしまいます。

どんなに優秀ないい子であっても、一定の条件が重なってしまったら、ヤル気が落ちるのはごくごく自然なことなんですよ!

意欲が低下した時に放置をするのはNG…?

ただ、モチベーションが落ちてしまった時や、ヤル気がなくなってしまった時、そこで対策を取るか、取らないか、ということはとても大きいです。

「よくあることなんだから、まあこのままでもいいか…」という感じで完全に放置してしまうと、やはりそのまま英語離れを起こしてしまい、英語が苦手なまま成長してしまうという現実を引き寄せてしまうことになるでしょう。

では一体、どういった対策を取ればいいのでしょうか?以降で具体的に説明をしていきます。

意欲アップのためには適切な「目標設定」を!

まず、モチベーションを落とさないためには、「適切な目標設定」を行うことが大切です。そして、その目標を日々、ちょっとずつクリアしていく、ということが大事になってきます。

漠然とただ「英語ができるようになる」「ペラペラ話せるようになる」という目標だけを掲げてしまっていると、1週間経っても、1ヶ月が経っても、全然前に進めているような気がしないというわけです。そして、いつまでも目標を達成できないので、だんだん英語学習に嫌気が差すようになり、どんどん英語を嫌いになっていってしまうんですよね。

だからこそ、目の前にすぐにクリアできそうな目標を作るということは、とても大事なんです。

ちなみに、これは、英語学習に限ったことではありません。

たとえば、スーパーマリオのようなアクションゲームを想像してみてください。あれも、ボスを倒すという漠然とした目標しかなくて、長いステージをダラダラプレイさせられていたら、途中ですっかりイヤになり、みんな投げ出してしまうことでしょう。

ところが、どうしてみんなが夢中になって次へ進もうとするか…といったら、それは、ステージが1つ1つ区切られているからです。

最初の方のステージって、とても簡単ですよね?そんな簡単なステージをいくつもクリアし、「やったー!」「クリアできた!」という達成感をこまめに得ることができているからこそ、アドレナリンのような物質が放出され、「このゲームは楽しい!」「もっとやりたい!」「早く次へ進みたい!」と感じられるようにできているわけです。

英語学習においても、この原理を是非、応用してみてください。

どんな目標を設定すればいいの?

では、具体的にどんな目標を設定してあげればいいのかな…、と悩んでいる人へ。

目標は、小さいステップで大丈夫です。ちょこっとだけ頑張れば、すぐにクリアできそうな簡単なことから用意してあげると、子どもは自然と「それならできそう!」といって食いついてくることでしょう。

この食いついてくる感じを、持続させていくことがとても大事になってきます。

たとえば、この単語カードの単語を、10個とも見ないで全部言えたら合格だよ!というように。

ご褒美に、おこづかいやお菓子やゲームを与えて気を引く…、という方法も、もし効果的なのであれば、時には試してみてください。

お金が絡んで来てしまうと生々しいしいかもしれないので…、もっと可愛らしいご褒美であってもいいでしょう。たとえば、特別な台紙にシールを貼ってあげる、とか、スタンプを押してあげるといったようなことでも、充分に子どもの気を惹き付けることができたりします。

設定された目標を自分の力で達成し、クリアできた!という感覚を得ることだけで充分、それが脳にとってのご褒美となっているので、高価な景品などは別途用意しなくても大丈夫かもしれません。

そのほかにも、この会話文をスラスラ言えるようになったら合格、この文法の間違いを見つけることができたら合格、この問題集を1冊解けたら合格、というように、とにかく我が子にとってちょうどいい塩梅の課題を設定してみてあげてください。

もちろん、クリアできた時には全力で褒めてあげることも大切です。

褒められるという経験は、人間のモチベーションアップと大きく関係していますからね!

まとめ

それでは、ここまで解説してきたことを、最後にまとめていくことにします!

英語学習は長期戦ですから、途中でモチベーションが低下してしまい、ヤル気を失ってしまう…というのは、あるあるなこと。どんなに優秀な子でも、「今日はやりたくない…」という気分に陥ってしまうのは、よくあることですから、我が子が英語学習に対して意欲を失ってしまっていても、それは決して責めないであげてください。

ヤル気を持続させるためには、適切な目標を設定してあげること非常に重要となってきます。まずは小さいステップを用意し、それを1つ1つクリアしていく、そして達成感を得て満足する、という経験をこまめに経ることが、長い戦いを制するコツとなってきます。

モチベーションがアップするのであれば、時にはご褒美などを用意してあげるのも効果的でしょう。そのご褒美も、ささやかなもので充分、価値があったりしますから、是非、アイデアを練ってみてください。

以上、我が子の英語学習の意欲が低下してきてしまった時には、この記事に書かれている内容を是非、参考になさってみてくださいね!