お子様は英語教育を未就学児の頃にやっていましたか?2

みんなは小さな我が子にどんな英語学習をさせている?

こちらでは毎回、英語学習に関するアンケート調査を、0歳〜6歳のお子さんを持つママさん50人に行っています。同世代のママさんの意見は、参考になる部分がとても大きいと思いますから是非、目を通していってくださいね。

今回のテーマは、お子様が未就学児の頃から英語学習をやっていかたどうか、ということに関するアンケート結果のパート2です。是非、パート1の結果と併せてチェックしていってください。

さて、それでは引き続きアンケート結果を見ていくことにしましょう。

まずは、お子さんが未就学児の頃から英語学習をさせていたというママさんに対し、どのような英語教育を行っていたか、ということについて尋ねています。

最も多かったのは、「英語教室に通わせていた」という回答で、これが全体の半分を越えていました。

英語教室に通わせるとなると、バカにならない金額の授業料が掛かって来たりすると思われるのですが…。それでもこれだけ多くのママさんが、それを乗り越えてでも我が子を未就学児の頃から英語教室に通わせようと考えるのですね!

幼少期の頃というのは、後になってからどれほど望んだって取り戻すことができないわけですから、少しでも後悔のないように、できるだけのことをしてあげたい!と考えるのでしょう。

続いて多かったのが、自宅での英語学習、そして幼稚園での英語学習、というものでした。

自宅での英語学習に関しては、どれくらいのレベルのものをさせているのか、本当に様々であると予想されます。きちんとテキストなどを購入して、本格的にママさんやパパさんが教えていた、という可能性もありますし、英語のアニメや動画をテレビで流して楽しむのが中心だったという可能性もありそうです。絵本を読むだけだったり、歌を歌うだけだったりしても、それだって立派な英語学習の時間であると言えますからね。

幼稚園で英語学習を行ってくれるというのは、とても心強くありがたいことですよね!国際化の流れを受けて、最近では幼稚園でも英語の授業を行ってくれるところが増えて来ているようです。常駐で外国人の先生がいたり、あるいは時々、海外の先生がやってきてくれるというケースも見受けられるようです。先生は日本人だけれど、英語でお遊びのようなことをやってくれる、なんてパターンも。

レベルはそこまで高くなかったとしても、単純に英語に触れる機会があるか、ないか、というだけで、その後の英語に対する感覚や反応は、大きく違ってくると思われます。

もっとこうしておけばよかったと思うことは?

さて、続いてのアンケート結果は、未就学児の頃からお子さんに英語学習をさせているママさんに対して「もっとこうしておけばよかったと思うことはありますか?」という質問への回答になります。

これは、今後我が子に英語学習をさせようと考えているママさんにとって、かなり参考になるアンケート結果といえるでしょうから、是非、参考にしていってください。

最も多く挙げられていた回答内容は、「リスニングやスピーキングに力を入れておけばよかった」というものでした。

通わせていた教室に、ネイティブな外国の先生がいなかったり、レベルが幼稚だったりしたために、実際のところあまり発音力や聴力が育っていないのでは…?なんて感じて、後悔をしているママさんが少なからずいるようですね。

発音の美しさは特に、耳が良い赤ちゃん時代に鍛えておく方がいい、なんて言われていますから、この先、我が子を英語ペラペラに育てたいと考えているママさんは特に、先輩ママさん達の心の叫びを覚えておいた方がいいでしょう。

次に多かった回答は、ライティングや文法の能力をもっと高めておきたかったというものです。

幼児相手の英会話教室では、英語を使ってお遊びをする、といった授業内容が中心だったりするので、それだけでは物足りないと感じていたママさんがいるようです。

ただ、未就学児の頃に、そこまで高度なことをやる必要があるか…というと、ここは意見が分かれるところかもしれません。

一番大事なのは、英語に対するアレルギーをなくすこと、英語が好きだという感覚を持ち、自信を身につけることではないかと思われます。ですから、そこまで完璧な英語能力を求めなくても、お子さんが英語学習を楽しんでいそうなら、とりあえず、それが最善であると考えても良いのかもしれません。

英語学習をやらせていなかったママさんはどう思ってる?

さて、ここからは、お子さんが未就学児の頃に、英語学習をやらせていなかったというママさんに対してのアンケート回答結果となります。

「英語教育をやっておけばよかったと思いますか?」という質問に対し、「はい」と回答したママさんは、なんと84%にものぼることがわかりました。

これは、かなり高い数値といえるのではないでしょうか?

その理由は…、やはり、頭の柔らかい幼少期の頃から英語に触れていた方が、もっと英語に馴染むことができたのではないか?という感覚を抱いているからのようです。

同じクラスに、小さい頃から英語をやっている子がいると、その子の方が圧倒的に発音が綺麗だったり、物覚えがよかったりするので、うらやましい…と感じたり、劣等感を抱いてしまったりするようです。ここで付いてしまっている差を取り戻すとなると、かなりの努力が必要になってくるでしょう。

後で後悔をしないためにも、もし今迷っているくらいなら、すぐに英語学習を始めてみた方が良さそうですね!

ちなみに、英語学習を始めさせられなかった理由としては、次のようなものが挙げられます。

最も大きいのは、金銭的な理由。

続いて、他の習い事をしていたから、という理由が挙げられていました。

これらはなんとなく理解できますが、「必要ないと思った」「なんとなく時間が過ぎてしまった」というのは、ちょっと認識不足感が否めませんよね…?

多くのママさんパパさんは、仕事を抱えていて忙しかったりすると思うので、そこまで気が回らないケースもあるのかもしれませんが…。幼少期というのは一瞬で過ぎ去ってしまう貴重なタイミングですから、英語学習に関してどのような手を打つべきかについては、もう少し真剣になってあげてもいいかもしれません。

また、「金銭的な理由」という回答も「近くに教室がない」という回答も、一見まともな理由のように思えるかもしれませんが、英会話教室に通わせないと、英語の学習をさせてあげられない、というのは間違いです。

「ミライコイングリッシュ」もそうなのですが、自宅にいながらにして、高度な英語の学習を未就学のお子さんに施してあげることは充分に可能なんですよ!

そのためには、ママさんやパパさんが積極的に関わってあげる必要が出てくるので、大変ではあるかもしれませんが、高いお金を掛けたり、教室を探したりしなくても、自宅で英語を一緒に楽しもう!という発想を持つことによって、未来は大きく変わってくる可能性がありますから是非、そういった方向でも検討をしてみてください。

以上、2回に渡って、未就学児の英語学習に関するアンケート結果をお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

大切なお子様の幼少期に、どういった形で英語を学習させるか、是非、考えてみてくださいね!