お子様は英語教育を未就学児の頃にやっていましたか?2

小さなお子さんにどんな英語学習をさせていた?

こちらでは、0歳〜6歳の小さなお子さんを持つママさん50人に、英語学習にまつわるアンケート調査を行っています。

今回のテーマは、「お子様は英語教育を未就学児の頃にやっていましたか?」というもの。こちらは、パート1の続きの記事になりますので、パート1とパート2、併せてチェックしていってくださいね。

さて、それではさっそく気になる続きの結果をお伝えしていきましょう。

まず、未就学児の頃から英語学習をさせていたと回答したママさんに、「何をやっていましたか?」と尋ねています。その質問の結果が上の図の通り。

最も多かったのが「英会話教室」という回答で、これが全体の半数以上、56%を占めていました。英会話教室に通わせるとなると、お月謝が気になるところですが…。半分以上のママさんが頑張って高いレッスン料を払っていたと考えると、すごいですね!

続いて多かったのが「自宅での英語学習」で、こちらが全体の33%、「幼稚園」で英語教育が行われていたというケースも、全体の11%ほどあったようです。

もっとこうすればよかったと思う点はある?

続いて、「はい」と回答したママさんに、「もっとこうしておけばよかったと思うことはありますか?」と尋ねています。

英語学習をやってはいたけれど、足りなかったと感じる部分、後悔している部分があるとしたら、それは何か?という質問です。

こちらで最も目立っていた回答は、「リスニングやスピーキングをもっと重点的にやっておけばよかった」というものでした。

こう回答したママさん達は、本当ならネイティブな先生の元で、もっと生の英語をたくさん聴かせてあげたかったと感じているようですね。簡単なレベルの英語にしか触れさせてあげれなかったことをちょっぴり後悔しているようです。英語に触れさせてあげてはいたものの、話す機会を与えてあげることができなかった…!なんてことを実感している人もいるようです。

次に多かった回答が、「ライティングや文法をやらせておけばよかった」というもの。幼少期に耳から入る英語学習を中心に取り入れるのはとても良いことなのですが、その分、文法がとても苦手になってしまい、苦労している親子さんがいるようです。

ただ、これは非常に意識が高いからこその感想である感じは否めません。正しい文法をマスターし、スラスラ英語の文章が書けたら、もちろんそれに越したことはないでしょう。ただ、ひょっとするとそう感じているママさんのお子さんは、他の子と比較したらめちゃくちゃ英語が話せるのかもしれません。

「英語教育をやっておけばよかった」が8割以上!

さて、ここからは、未就学児の頃から英語教育をやっていましたか?という質問に対し「いいえ」と回答したママさんにスポットを当てていきましょう。

「英語教育をやっておけばよかったと思いますか?」という質問に対し、「はい」と回答した人はナント84%という結果に。この数字はかなり高いと言えるでしょう。8割以上もの人が「やっておけばよかった」と回答しているのですから、未就学児の方に英語をやっておいた方が良いのは、もうほぼ間違いがないと言えます。

その理由についても考察していきましょう。

目立っていた回答の1つは、小学生になる前の方が頭が柔軟で、何でもすぐに吸収できた気がするというもの。また、早い段階で英語への馴染みを得なかったため、小学生になってからも英語になかなか興味を持ってくれない様子なのが心配というママさんも。

他の生徒と比較して、どうしてあの子はあんなに英語が得意なんだろう…、やっぱり小さい頃からやっておくって大事なんだな!と改めて痛感したママさんもいるようです。

英語は自宅でリーズナブルに学習できる!

ところで、英語教育を未就学児の頃にやっておかなかった理由についても触れておきましょう。

そのアンケートの結果は上の図の通り。

特に気になるのが「金銭的な問題」と「近くに教室がない」の2つでしょう。この2つについては、その他の理由と毛色が違います。何が違うかというと、金銭的な問題がなく、近くに教室があれば習わせてあげる可能性があったという点。

習わせる必要がないと始めから思っていたのならともかく、お金や場所のことが理由で英語を学習させてあげられなかったのだとしたら、これはとてももったいなく、残念なことです。

この2つの回答に当てはまったママさんは、英語学習についてある特殊な先入観を持ってしまっていた可能性があります。その先入観とは、英語学習をさせるなら「教室に通わせなければならない」という思い込み。そして「英語学習をさせるには高い金額が必要」という思い込みです。

未就学児の頃から、ネイティブな先生のいる英会話教室に通わせてあげることができたら、それは最高かもしれません。しかし、必ずしもそれだけが正解ではないんですよ!英語学習って、実は自宅でも充分にできるんです。しかも、高いお金を掛けることなくです。

特に最近は、新型コロナウイルスの影響もあり、わざわざ人が集まって密になるような教室に小さなお子さんを通わせるとなると、抵抗を感じる人も多いでしょう。だからこそ、英会話教室に通わせる以外の選択を取りつつ、どのように英語を学習させてあげるかが、重要なポイントとなってきます。

ミライコイングリッシュは、まさにそんな親子さんのニーズにピッタリ。自宅にいながら、体系立った英語学習を楽しみつつ行うことができ、しかも経済的にも優しいのです。

未就学児の頃からの英語教育を、金銭的な理由や、土地的な理由で諦める必要がなくなりますので、「やっておけばよかった!」と後で泣き寝入りをしないためにも、是非どんな教材なのかチェックしていってくださいね。

ところで、最後にもう1つだけアンケートの結果をご紹介します。

未就学児の頃から英語学習をやらせていたかという質問に対し「いいえ」と回答したママさんのお子さんは、英語が好きなのか、嫌いなのかという問題です。

その結果は上の図の通り。

「はい」の数もそれなりに多いようですが、やはり半数以上のお子さんは、小さな頃から馴染みのない英語に対して「嫌い」「苦手」という意識を持ってしまっているようです。この結果を見ても、やはり英語学習は小さいうちからやっておくに限る!といったところでしょう。

必ずしも、ネイティブな先生の元でハイレベルな文法まで学ぶ必要はありません。ただ、英語って楽しいんだな!英語をしゃべってみたいな!という感覚を小さい頃から身につけておくと、小学校へ進んでからの授業も楽に受けられ、可能性が広がるようです。

まとめ

それでは最後に、この記事で解説してきたことをまとめておさらいしていきます。

お子さんに未就学児の頃から英語学習をやらせていたママさんのおよそ半分は、英会話教室に通わせていたようです。

「もっとこうしておけばよかった」という質問に関しては、頭が柔軟なうちにリスニングや発音をしっかり鍛えておけばよかったと回答している人が目立ちました。

未就学児の頃に英語教育をやらなかったママさんのうち、およそ半数近くは金銭的な事情や、環境的な事情が関係しているようでした。本当はやらせてあげたかったのにできなかったのだとしたら、それはとてももったいないことです。

実際、英語学習をさせてあげなかった場合、8割以上のお母さんが「やっぱりやらせておけばよかった」と後悔をしているようなので、ミライコイングリッシュの教材を使って、自宅で楽しく小さな子に英語学習をやらせてあげてください!