アンケート「将来子どもが英語を話せた方がいいと思いますか?」【その1】

こちらでは、小さいお子さんを持つ、ママさん、パパさん達に対し「将来子どもが英語を話せた方がいいと思いますか?」というアンケートを取り、その結果をまとめていますので、是非チェックしていってください。

英語を話せた方がいいのか、それとも、話せなくても別にいいのか、という2択で質問をされたら、それは「話せるに越したことはない」という感じで、誰もが「はい」と答えたくなることでしょう。なので、「はい」という結果がほとんどになりそうである、ということは、ある程度予想ができます。

ただ、ここで注目して欲しいのは、その「理由」についてです。一体みんながどうして、我が子に小さい頃から英語学習をさせてまで、英語を話せるようにしてあげたいと思うのか、なんとなく気になりませんか?

そこにもし、すごく納得できる理由があったとしたら、「そうか!だったらうちも、早いうちから英語学習を始めてあげなくちゃ」という心境になったりするかもしれませんよね?

あるいは、「やっぱりうちの子に、早くから英語学習をさせてあげて正解だった!」と思うパターンだって、かもしれません。というわけで、さっそくアンケートの結果を発表していくことにしましょう。

それでは、自分の子どもに英語が話せるようになって欲しいと思うのかどうか、その結果と、理由のベスト5について、セットでご紹介していきます。

将来子どもが英語を話せた方がいいと思う」という質問に対し「はい」と回答した人は、全体の「90%」になりました。ほとんどの人が、やはりその通りだと思っているようですね。

「いいえ」と回答した「10%」の人にも、もしかしたら深い理由があったりするのかもしれませんが…、とりあえず、ここではあまり触れないでおくことにします。さっそく、「はい」と答えた人の理由、ベスト5についてご紹介をさせてもらいます!

「はい」と回答した人の理由、堂々の第1位は「就職の際に有利になるから」ということでした。これは、納得の答えかもしれませんね!やっぱり、我が子には将来、安定した職業に就いて欲しいという思いが、どんな親御さんにもあることでしょう。そして、社会がグローバル化するに連れて、英語が話せることを採用の際に必須事項と制定する会社も増えてきていますからね。

子どもが必ず、海外に拠点を置いている企業に就職するとは限らないにしても、少しでも選択肢や可能性を広めてあげたい、という意味において、英語を学習させてあげるということは一種、親の愛情表現の1つでもあるのでしょう。

1位の回答理由を見ていると、1つ1つに納得ができます。単純に採用基準として英語が必須になりそうだからというだけでなく、ものの考え方に関して「視野が広がるであろう」ということを期待している親御さんもいるようでした。英語を学ぶということは、言語そのものだけでなく、文化や価値観なども同時に学ぶことにつながったりしますから、そこから新たな発想を得る機会等があるかもしれませんよね!

我が子に将来、英語が話せるようになって欲しい理由、第2位は「日本に外国人が増えており、今後もますます増えそうだから」というものでした。確かに、実際街で見かける外国人の数も、年々増えてきていますよね。せっかくなら、そういった人々とコミュニケーションを取れる方が、人生や暮らしそのものが豊かになっていきそうなイメージです。

たとえば、道をきかれるというシチュエーション1つとってもそうですし、学生時代、飲食店などでアルバイトをした際、外国人のお客さんが訪れてくる、なんてこともあるでしょう。

そういった時に、英語でコミュニケーションができたら、そこから「何か」が始まることだってあるかもしれません。英語が話せるようになれば、暮らしやすくもなるし、チャンスも広がるし、一石二鳥どころか、何鳥も手に入れることができそう…、という、そんな無限の可能性を感じますよね!

子どもに英語が話せるようになって欲しい理由、第3位は「仕事で英語を使う機会が増え、英語が話せると武器になるから」というものでした。第1位は「就職の際に有利になる」ということで、企業に入社する段階のことをイメージした感じの回答結果でしたが、3位は実際に働き始めた時のことをイメージしている感じですね。

仕事をする上で、より良いポジションをゲットしていくためにも、英語が話せれば得に決まっているだろう、強力な武器になるだろう、と考えている親御さんが多いようです。同じアジア圏の人との競争にも、英語が喋れなければ負けてしまうかもしれない…なんてことを意識している人もいるようです。

第4位の回答結果は、「グローバル化がますます進み、英語が必要な機会が増えそうだから」というものでした。この回答は、就職して仕事をしていくために、英語をがっつり学ばせておきたい…というよりも、英語は日常生活において必須になるだろうから、せめて最低限のコミュニケーションくらいはできるようにしておいてあげたいという、そんなイメージです。子どもに、常識やマナーを学ばせてあげたい、と思うような感覚に近いのかもしれませんね。

第5位は、「英語は世界の共通言語だから」という回答結果でした。なるほど、それは確かにそうですよね。たとえば、他にも韓国語を学習させるという選択肢や、中国語を習わせる、フランス語を習わせるといった選択肢があったりするわけですが…、やはり、ここで「英語」にこだわる理由は、英語が世界の「共通言語」だからということのようです。ここに異論がある人はいないでしょう。

もし、日本語が世界の共通言語だったとしたら…、それはとても楽だったのでしょうが。(…なんて話をしても仕方ないですが!)現在のところ、この世界においては、普段、どんな言語を使っている人同士であっても、とりあえず「英語で意思疎通をしましょう」というルールがあるわけですから、これにならっておいた方がいい、というのは当然の発想ですよね!「出来ないよりは出来た方がいい」という意見も、まさにその通りです。

さて、それではこれまでのことをまとめ、おさらいをしていきましょう。

将来、我が子に英語が話せるようになって欲しいか、という質問に対し、「はい」と答えた人は、90%という結果になりました。やはり、ほとんどのママさん、パパさんが、子どもには英語が話せるようになって欲しいと思っているようですね。

英語は世界の「共通言語」である、という背景もあるため、就職の際に有利となったり、日本が他人種国家へ徐々にシフトしていくにあたって、「話せないよりは話せた方がいい!」と、誰もが思っているようです。最も多かった回答は「就職の際に有利になるから」というものでした。

この結果を受けて、どのようなことを感じたでしょうか?「そうか、うちの子も就職の際に英語が必要になるかもしれないし、職業に関して選択肢を広げてあげることは大事だな!」なんて、改めて英語の必要性を感じた人もいることでしょう。

ちなみに…、このアンケートの回答結果には、意見として特にあがってきていませんでしたが、子どもがもし、クリエイターになった場合など…、自らコンテンツを発信したい時に、英語ができると、より多くの人々、世界中の人々にそれを届けることができるかもしれない、といった側面についても、是非、深い価値を感じてもらいたいものです。

たとえば、ミュージシャンになったとしたら…、日本語の歌詞しか書けないよりも、英語の歌詞を書けた方が、より多くの人の心に刺さるものを発信できるかもしれないわけです。

あるいは、小説家になったとしたら…、英語で翻訳をする際、人に頼ってばかりいたら、本当に自分の伝えたいことを正しく英語で表現できているのか、不安になってしまいそうですよね?

それに、ファンからメッセージが届いた時にも、翻訳機を使っていたら、ちゃんと自分自身の心で応援を受け止めることができないかもしれないわけです。

就職や試験の時に英語が有利になりそうだから、子どもに英語をやらせた方がいいだろう、というのは、確かにその通りなのですが、本来、英語を学習する本当の意味=「本質」からは少しだけずれているようにも感じられます。もちろん、就職のために英語の学習をするのが悪いことだというわけでは決してないのですが、「試験に通るための英語」という感じでただ勉強をしても、ちょっと苦痛になってしまいそう…というか、あまりモチベーションが上がらないかもしれない、ということは1つ、言えると思います。

まずは何か、海外の人に向けて伝えたい、強いメッセージ、自分なりに表現したいことなどを見つけるのが、本当は一番大切なのかもしれません。世界中の人に届けたい何かがあって、初めて「英語を学びたい!」という強い意欲が湧いてくるということだってあるでしょう。

是非、この機会に「何のために」英語を学ばせたいのか、という部分について、親子で深く考えてみてください。そして、英語を学んでおけば、必ずそれは何かの役に立つはずである、というこにも、確信を持ちましょう。

将来、何を志そうと、英語が話せるようになっておけば、世界中の人々を救ったり、笑顔にさせたりできる可能性が生まれるわけです。そのためにも、できるだけ早いうちから英語学習をしておく、というのはやはりいいことであると言えるでしょう。