アンケート「幼稚園で英語の授業がいらないと思う理由ベスト3」

こちらでは、0歳~6歳の小さなお子さんを持つ、50人のママさんに、英語学習に関するアンケートを行っていますので、是非、その結果を参考にしていってください。

今回のアンケート内容は「幼稚園での英語の授業がいらないと思う理由は?」というものです。

英語学習を始める時期って、早ければ早いほどいいと言われているので、幼稚園では是非、英語教育をして欲しい!という望むママさんが多い一方で、逆に「幼稚園では英語学習はむしろやらないで欲しい」「幼稚園での英語学習は必要がないと思う」ということを考えているママさんもいるということです。その理由が一体何なのかって、気になりませんか?

それではさっそく、英語の授業が「いらない派」のママさんが、どんな理由を挙げているのか、ベスト3を順番にチェックしていきましょう。

第1位は、「興味のない子どももいるから」ということでした。

なるほど…。確かに、小さな子どもは、英語に対して苦手意識やアレルギーがない…と一般的には思われていたりしますが、既に英語に対して、既に「大嫌い」と思っている子どもだって、いるかもしれませんよね。

だったら、そこへさらに幼稚園で英語学習が始まることによって、苦手意識がより一層強まってしまうなんて可能性も…?あるかもしれません。

逆に、英語に対して興味がある子どもや、親が熱心な家庭の子どもは、個人的に学習をすればいいから、幼稚園で足並みを揃えて、わざわざ英語学習をしなくても…ということを思っている親御さんもいるようです。

英語に限定しなくても、「異文化」という枠で体験をさせてあげて欲しい、なんて意見もありました。確かに、英語圏ではない国の文化も、早いうちからどんどん教えてあげる方がいいのかもしれませんね。また、同じ日本国内でも、地方ごとに文化や言語は違っていたりしますから、そういったことを先に学ぶ方が、もしかしたらさらに意味があったり、効率的だったりするのかもしれません。

第2位の回答は、「他に大切なことがあるから」というものでした。英語、英語…、と異文化を必死で学ぼうとするよりも、もっと大切なことを先に学んだ方がいいのでは?ということです。

この考え方は、確かに一利あるかもしれません。英語よりも、日本語よりも、もっと大切なことってありますよね。

それはたとえば、お友達を大事にするということ。一緒に遊んだり、一緒にご飯を食べたり、時には喧嘩をしながら、友情や絆を築いていく、ということの方が、言語を学習することよりも、重要だと考えている人は多いようですね。

外で思いっきり遊ぶ!といった経験も、小さいうちにしかできないことですから、そちらを優先した方がいいという、それは確かに、その通りとも言えるでしょう。

第3位の回答は、「日本語を優先して欲しいから」という内容でした。英語をマスターするためには、できるだけ小さいうちから始めた方がいいという、それは確かにその通りなのですが、英語と日本語を同時に学習するとなると、その分、英語のために、日本語を勉強する時間を削らなくてはいけないわけですよね。

英語学習を始めることによって、あれも…これも…と頭に詰め込むことになってしまい、その結果、肝心の日本語がトンチンカンになってしまったらどうしよう…、あるいは、日本の心、日本人としてのマナー、心得を学ぶことなどが中途半端になってしまったらどうしよう…、そんなことを心配している親御さんもいるようです。

まずは、母国語である日本語をしっかり話せるようになった上で、後から英語をやるようにすれば、それで充分だと感じている人も、一定数いるようです。

それでは続いて、その他にあった回答を見ていくことにしましょう。

まずは、良い指導者に恵まれないと、かえって英語が嫌いになってしまったり、発音がおかしくなったりしてしまいそう、なんてことを心配しているパターンです。

こういった回答を寄せていた人は、良い先生にさえ恵まれれば、小さい頃から英語学習をしてもいいと思っているのでしょう。しかし、どんな先生に当たるのかは、巡り合わせの運次第ですからね…。

幼稚園の場合だと、個人レッスンと違い、あまりよくない先生だった場合に、そこから逃げ出すということもなかなかできませんから、だったら、余計なことはして欲しくない、という思いがあったりするのでしょう。

その他には、英語学習は「別にしてもいいかな」とは思うけれど、「絶対にすべき」とまでは思わなかったという意見も。本当はそんな風に考えているママさん、パパさんも、意外に多いのかもしれませんね。

時代の流れと共に、いつしか幼稚園でも自然に英語を学習することになっていきそうだから、それに身を任せていればいい、という感じなのでしょう。たまたま、英語学習のない時代に幼稚園に入ったのであれば、その状況を素直に受け入れるという。ある意味、一番ナチュラルで負担のない考え方であるとも言えるでしょう。ないものねだりをするのではなく、「足るを知る」という感じなのかもしれません。

それでは、ここまでの回答結果をあらためてまとめ、おさらいしていくことにしましょう。

幼稚園での英語学習に関して「必要ないと思う」と答えた人の理由を、1位~3位までチェックしてきました。

目立っていた理由としては、英語よりも大切にすべきことが、もっと他にあるのではないか、という考えです。その大切なことというのは、日本語であったり、お友達との絆であったり、マナーであったり、外で遊ぶといったことだったり。我々が子どもの頃には、英語学習というものは、もっと大人になってから始まりましたし、そのことと比較しても、さすがにちょっと早すぎるのではないか?ということを感じている親御さんもいるのでしょう。

さて、ここまで、英語学習は「必要ない」という内容を中心にお届けしてしまったので、本当にそうなのかな…と、迷い始めてしまった人のために、ちょっとだけフォローをさせてください。

英語よりも、日本語を大切にしたいという思いや、英語を学習する時間より、友達と遊ぶ時間を大切にすべきという思いは、確かに価値のある考え方で、それも一利あると言えます。

しかし、幼少期に対して、そこまで「限られた時間の中で…」ということを思ったり「全然時間がない…」ということを思う必要はないのではないでしょうか?

脳の容量に関しても「限られている」と変に思い込んでしまっているからこそ、日本語を優先して覚えさせてあげたい、英語なんて入り込むスキがない、と思ってしまうのでしょう。

しかし、実際は「時間」に関しても、「脳の容量」に関しても、思っているより「ある」というのが正解かもしれない、と発想を逆転させてみてはいかがでしょうか?

なんだかんだいって、日本語を優先する…と言いつつ、実際は、ダラダラとあまり有益でない YouTube 動画を見てしまっていたりすることって、わりとあったりしそうですよね?

もしそうなのだとしたら、その時間で英語の歌を聴いたり、英語のアニメを観たりしたって、そんなに脳に悪影響はないはずです。10冊ある絵本を順番に読み聞かせてあげるのだとしたら、そのうちに1冊くらいが英語の本だったとしても、それで日本語の能力がガクンと落ちる…なんてこともないはず。

もちろん、ギュウギュウに詰め込んでしまおうとするとパンクするのかもしれませんが、そもそも人間の脳には、無限の可能性があり、ある程度の許容力もあります。

実際に、バイリンガルとして世界を飛び回っている有能な人もたくさんいますから、小さいうちから、日本語だけ…というように、可能性を限定して狭めてしまうのは、ちょっともったいないことかもしれない、と考えてみてはいかがでしょうか?

実際に英語学習を始めてみて、子どもが極度の拒否反応をしたら、その時は中止をすればいいだけのこと。楽しんでできそうなことであれば、そんなに嫌がるはずはありませんし、是非、積極的に生活の中に取り入れてみてください。

料理を覚えたり、ピアノを覚えたり、自転車に乗ることを覚えたりするように、自然と英語を覚えることができたら最高だと思いませんか?そして、実際にその英語力は、かなりの確率で将来的に役立つことでしょう。交流できる人々の幅もグンと広がるに違いありません。

以上、「幼稚園で英語の授業がいらない」と思う理由や、それにまつわる話などをお届けさせてもらいました!考え方のヒントになるようなことを見つけてもらえたら、幸いです。