やっぱり「アメリカ英語」で始めるべきなの?

我が子に、早いうちから英語学習をさせてあげよう!というお母さん、お父さんの中でも、特に意識の高い人達は、こんなことが気になっているのではありませんか?

それは、小さいうちから「アメリカ英語」で教えるべきなのか、それとも「イギリス英語」で教えるべきなのか、ということ。

確かに、カジュアルだけれど、世界的に通用するアメリカ英語は、標準言語として押さえておきたいところですよね。実際に日本でも、最も学習されているのは、アメリカ英語です。しかし、将来的にイギリスに留学するかもしれない可能性を考えると、フォーマルなイギリス英語を覚えさせてあげた方がいいんじゃないのかな…?なんて。悩みは尽きませんよね。

アメリカ式とイギリス式でしゃ、発音やイントネーションに若干違いがある、ということをなんとなく知っていると、将来、少しでも苦労をしなくて済むように、できるだけ目的に近い方の言語を習得させてあげたい、なんて思ったりもするかもしれません。

そもそも、子供が小さいうちから、そんなことを気にする必要があるのかどうかも含めて、真面目なお母さん、お父さんは、どんどん頭を悩ませてしまうことでしょう。

さて、そんなお悩みを持つお母さん、お父さんにお答えしましょう!

その答はズバリ、アメリカ英語か、イギリス英語かには「こだわらなくても、全然大丈夫!」です。

そもそも、英語というものは、色々な国において、色々なイントネーションで発音されているのが、当たり前!という言語なので、「これでなければいけない」というように、こだわる必要は全くないんです。

それはたとえば、日本語でも同じようなことが言えます。東京で話されている言語が、一応の「標準語」だと決められてはいるものの、仮に小さい頃、関西弁を覚えて育ったとしても、それで将来的にそこまでコミュニケーションに苦労するようなことはありませんよね?むしろ、イントネーションの違いは「個性」として捉えられ、可愛がられたり、人気者になったりするくらいのことだと思いませんか?英語に関しても、それと同じことが言えるんです。

究極を言えば、「好きな方を学べばいい」と言えますし、逆に「このコンテンツは、イギリス英語だからやめておこう…」なんて、妙な排除をしてしまうと、多種多様な価値観やクオリティのものに触れる機会を、一気になくしてしまうことになります。

そちらの方が、大きな損失だとは思いませんか?たとえば「関西弁を絶対に覚えさせたくないから…!」といって、東京のお母さんが関西のお笑いを徹底して見せない!というシチュエーションを想像してみると、なんだか滑稽ですし、狂気の沙汰…みたいに思えてきますよね?

というわけで、アメリカ英語だろうが、イギリス英語だろうが、それに関係なく、とにかく英語のコンテンツに数多く触れる機会を持つようにしましょう。そして、まずは英語を「好きになる」ということが何よりも肝心です。

アメリカ式であっても、イギリス式であっても、その他のイントネーションであっても、どんな方言の英語だろうと、かまわず、まずは親子で英語のアニメや歌などを、楽しんでみましょう。

「今から、英語の学習の時間!」というように肩肘を張らず、親子で英語を楽しもう!という風に捉えてみると、次第にその時間は「習慣化」していきます。

英語学習において「継続していく」ということは、とても大事なことですから、日常の中で、お英語学習の時間を「楽しい時間」として習慣にしていくことも、同時に意識してみてください。

そのためには、最初に張り切り過ぎて3日坊主になってしまわないよう、時間の調整をすることも大事です。1日2時間の学習を義務づけて、1ヶ月くらいで疲れ切ってしまうのであれば、たとえ、30分でも、15分でもいいから、細々と毎日長期的に続けていくことの方が意味があったりします。

ちなみに、60日くらい頑張ってこれを続けていくと、そのうち「なんだか英語の時間がないと落ち着かない」という風に、感覚が変わっていきます。そうなってしまえば、こっちのもの!実際に英語を習得するには、2000時間も、3000時間も掛かる…なんて言われていますから、英語学習とは長期戦なのだと割り切り、少しずつ毎日の中に取り入れていきましょう。

では、ここまでのことをまとめて、おさらいしていきます。

日本で最も学習されているのは、アメリカ英語です。しかし、留学はイギリスへ…という道をいずれ選択する人も多いので、子供に習わせるのは、イギリス英語の方がいいのかな?なんて、不安になるお母さん、お父さんもいることでしょう。

しかし、正解はどちらでもありません。アメリカ式の英語であっても、イギリス式の英語であっても、そんなに差はないのです。発音の違いや、イントネーションの違いで、将来的に困ってしまうことを闇雲に想像するよりも、アメリカか、イギリスか、にこだわることで、素晴らしいコンテンツに触れる可能性を逃してしまわないようにすること…、そちらの方を是非、重要視してみてください。

英語はむしろ、様々なイントネーションで耳にしておく方が、脳も刺激を受けて、学習をする上で効果的だったりします。変にこだわって、何かを排除しようとするのではなく、何でも取り入れていくのが一番!くらいのつもりで、英語学習を進めていくといいでしょう。