幼児英語の疑問解消コンテンツ

外国人の先生=100%ネイティブとは限らない

ネイティブな英語の先生だと思っていたら…

英語を教わるなら、やっぱり日本人で英語が得意な先生より、海外生まれで海外育ちの、外国の先生に教わった方がいいに決まってる!そう思って、わざわざ外国人の先生がいる教室を選んだのに…。意外や意外、その先生が実はネイティブでなかった!…そんなショックを経験したことってないでしょうか?

実際に、こういった経験をしたことがある人は少数派かもしれませんが「そういうこともある」という事例として、今回は是非、この知識を身に着けていってください。

ところで、自然にネイティブという言葉を使ってしまっていますが、「ネイティブ」ってどういう意味?と、首をかしげてしまう人もいるかもしれないので、念の為に説明をしておきます。

ネイティブとは、その現地に元々いる人のことを指します。要するに「先住民」のことです。
日本人に対しては、ネイティブという表現はあまり使いませんが、ネイティブな京都人といったら、その人は生まれた時からずっと京都で育ち、京都弁を使っている人、ということになります。

最近では「デジタルネイティブ」という言葉も登場しているようです。これは、生まれた時からスマホやパソコンに触っている世代のことを指します。
「お笑いネイティブ」という言葉があるかどうかはわかりませんが、それは、生まれた時からハイレベルな笑いの文化に触れている人のことを指すのでしょう。

さて、ネイティブの意味について解説させてもらったところで、話を元に戻しましょう。

私
今度、うちの子が教わることになった英語の先生
ネイティブの外国人なの!

この漫画のママさんも、意外な事実を知って衝撃を受けた一人。子供に生きた英語を身に着けてもらうためには、やはりネイティブな外国の先生に、リアルな英語を教えてもらいたいという願いがあったのでしょう。

ママ友
ママ友
えっ?
あの先生、外国人だけど
確かネイティブじゃないって言ってたような…
私
えーっ!?

しかし、 実際のところママさんが選んだ先生は、風貌こそ外国人ではあるものの、どうやあネイティブとして英語を話す先生ではないようでした。日本以外の文化のことをよく知らないママさんは、ただただビックリ。いかにも英語を話せそうな風貌の先生だったので、すっかり現地の人として、生まれた時から英語を話していると勘違いしてしまったようです。

私
そんなことってあるの…?
(ボーゼン)
ママ友
ママ友
いかにも英語が話せそうな風貌をしていてもネイティブじゃない場合は当然あるわよ!

本当にネイティブな先生が一番なのか?

しかし、考えてみればこれは当然のことですよね。見た目が完全にアメリカ人でも、日本で生まれて日本で育っていれば、日本語しか話せなくなるのは当たり前。

たとえば、よしもとの芸人であるアントニーは、飲み屋さんで一人だけお通しとしてポップコーンを出されるなど、どこからどう見ても外国人の風貌なのに、生まれも育ちも完全な日本人。だからこそ日本語しか話せず、英検5級に落ちて学級新聞に載ったことがネタとなっています。

逆に、完全に日本生まれの日本育ちであったとしても、なんとなく日本語が拙い人って普通にいますよね?そもそも、ネイティブかどうかに関わらず、言語には得意、不得意があるのです。

下手な日本人に日本語を教えてもらうくらいだったら、たとえ日本人でなくてもパックンマックンのパックンに教えてもらった方が、正しい日本語を習得できるような気がするといった具合です。つまり、ネイティブなはずの人を、後天的に学習した人が能力的に超えることも、あり得るのです。

また、言語が得意かどうかに関わらず、人にモノゴトを教えることに関して、得意な人もいれば、不得意な人もいます。ピアノや絵画や料理だってそうでしょう。

自分は完璧にこなせるけれど、いざ人に教えるとなったら、どうやって説明していいかわからない!なんてケースはざらにあります。逆に、自分自身はそんなにできないのに、人に教えることだけは天才的に上手い人もいたりします。だからこそ、本当にお子さんに英語を教えるのに適している先生が、どこの国の誰なのかは、案外未知数なのです。

ネイティブなアメリカ人だからといって、教えるのがうまいかどうかはわかりません。あるいは、完璧に教える技術を習得している先生であっても、ものすごく厳しくて意地が悪かったら、その子はトラウマから英語嫌いになってしまうかもしれないわけです。

流暢な先生に教わらないと不安?

私
じゃあ
発音があんまり上手じゃなかったり…
私
微妙におかしな英語を教えられちゃう可能性も
あったりするってこと?
ママ友
ママ友
まぁ、そうかもしれないケド…

ところで、この漫画のママさんは、自分の選んだ先生が、完璧な発音のネイティブな英語の先生でないことについて、急に不安を抱き始めてしまったようです。もちろん、先生として活動しているわけですから、ある程度は能力があるに決まっているのですが…。それでも、あまり綺麗な発音でなかったり、文法が時々おかしかったりするのかもしれない、なんてことを心配してしまっているようですね。

ママ友
ママ友
そもそも、英語圏では色々なイントネーションの英語が飛び交ってるのが当たり前なので
そこはあまり深く気にしなくてもいいわよ
私
ソッカ!

しかし、そもそも英語圏では、様々なイントネーションの英語が飛び交っていて、個性豊かだったり、ユニークだったりするのが当たり前。たとえるなら、東京でも、関西弁を聞くことがあったり、東北弁を聞くことがあったりするのと、同じような感覚です。

時々、流暢な大阪弁を話している外国の人もいたりしますが、それは、たまたま日本語を教えてもらった時に、その先生が関西出身の人だったのでしょう。本人にしたら、ローカルな言語を話している自覚などないのかもしれませんが、それはそれで、聴いている方からしたら微笑ましいですし、ちゃんと日本語として意味は通じるので、不便に感じることも特にないでしょう。

ママ友
ママ友
ネイティブではなかったとしても…
優しくて、ユニークで
熱心な先生だったらそれが一番!

何より本当に大事なのは、その先生の人柄が良く、お子さんに対して熱心に向き合ってくれるかどうか。お子さんがその先生のおかげで英語大好きになることができるなら、ネイティブな先生なのかどうかは、あまり関係のないことかもしれません。

ところで、海外の人が話す日本語って独特ですよね。英語圏の人が話す日本語と、中国系の人が話す日本語は、同じカタコトであっても、かなりイントネーションが違っていて、やはりその国の人の、元々の話し方が特徴として現れています。

日本人が話す英語にもきっと、独特のクセがあるのでしょう。日本人の立場からすると、どんな特徴があるのかは、感覚的に理解しがたいですが…。我々が英語や中国語なまりの日本語をモノマネすることがあるように、海外の人も日本人の独特の英語の話し方を、やはりモノマネできるのかもしれませんね。そして、きっと今なら、そういった面白い動画をYouTubeなどで簡単に探すことができるのでしょう。

まとめ

さて、それではこの記事で解説してきたことを、最後に改めておさらいしていくことにします。

チェックポイント!
  • 外国人の英語の先生だからといって、100%ネイティブであるとは限らない
  • 気にする人は、あらかじめ確認しておく必要があるが、ネイティブではない人たちの英語も、海外では普通に飛び交っているので
    、たいして気にするほどの問題ではない

英語を教えてくれる外国人の先生が、必ずしもネイティブな現地の英語を話すとは限りません。もしかしたらその先生は、見た目こそアメリカ人そのものかもしれませんが、日本生まれの日本育ちかもしれませんし、どこか全く別の国で育ち、英語とは関係のない言語を使って来た人である可能性もあります。

また、ネイティブな先生だからといって、英語を人に教えるのが上手いとは限りませんし、逆にそこまで発音が完璧でなかったとしても、人にモノゴトを教えるのが得意な先生だっています。

大事なのは、その先生との相性であり、お子さんが楽しくその先生の英語のレッスンに通えるかどうかでしょう。

もし、完璧に正しい発音の英語を学ぶことができなかったとしても、そもそも英語圏では様々なイントネーションの英語が飛び交っており、それが当たり前です。ですから、あまり先生の英語の発音やクセにとらわれ過ぎないようにしましょう。

ABOUT ME
ミライコイングリッシュ編集部
「日本語が不十分なのに英語始めても大丈夫?」「フォニックスって聞いたことあるけど重要なの?」など幼児英語教育や子ども教育全般に関する最新情報を発信します。