幼児期に英語を始める際には、一体どこを重視すべき?

我が子の教育に熱心な、お母さん、お父さんは、幼稚園や小学校に通う前から、なんとかして英語を覚えさせようと、一生懸命ですよね!あなたもそんなお母さん、お父さんの1人なのではないでしょうか?

ところで、幼児期に英語を覚えてもらうためには、一体何から始めるのがいいのでしょう…。まずは、英単語を覚えてもらうのがいいのかな?とか、間違ってインプットされたら大変だから、文法なんかも最初からきちんと教えておくべき?とか、あれこれ悩んでいる人もいるかもしれませんね。

そんな時、自分が英語を学習し始めた時のことを思い出す人もいることでしょう。あなたが英語を覚え立ての頃はどうでしたか?学校で初めて英語を教わったという人は、文法、構文などから入ることが多かったでしょう。とても難しかったし、あまり楽しくもなかったし、苦手だったなぁ…なんて感じの印象を持っている人もいるかもしれませんね。

さて、それではここで正解をお伝えしましょう!幼児期の英語教育は「リスニング」から始めるべきなんです。「えっ!?」と驚いた人もいるかもしれませんね。

リスニング、聞き取りの授業って、なんとなく英語学習の後半に出てきて、とても難しかった…という印象がある人もいるはず。しかし、人間が言語を習得する過程における、最も初期段階のことを考えてみると、やはりリスニングが一番に来るのです。

それは、日本語であっても、同じことです。赤ちゃんが、お母さんの言葉を聞き分け、認識するのに、いちいち文法から入ったりするでしょうか?違いますよね!あなたが小さかった頃も含め、小さな赤ちゃんは皆、お母さんや、お父さんや、周りの人達が話している言葉を、ちょっとずつ理解しながら、徐々に言葉を覚えていくはず。そして、それを真似するかのように、いつの間にか勝手に話し始める、というわけです。

あなたの小さなお子さんも、日本語については、文法など、細かいことをまだ何も知らないはずですよね?それなのに、自然に上手に話し始めていませんか?ただ、それでも英語のこととなると「日本語と全く一緒ではないはず」なんて思ってしまいがちです。「ただ聞くだけでは、いつまで経っても話し始めるようにならないと思う!」なんて決めつけてしまっている人もいるかもしれませんね。

いやいや…、そんなことはありません。我が子がいきなり英語をすぐに話し始めなくても、全く焦る必要はないんです。一見、なんの変化も起きていないように感じられたとしても、子供の脳の中では、目には見えない変化が常に目まぐるしく起きているのです。

それはたとえば、バケツにどんどん水が溜まっていっているようなイメージで、捉えてみてください。最初はチンプンカンプンでも、何度も何度も、同じ言語を耳にし続けているうちに、やがてバケツの水は満タンになります。そして、ある時、ついにその水が溢れ出すというわけです。そうして初めて、「英語を喋る」というステップに移行できるわけです。

「うちの子、英語をなかなか話し始めないなぁ」「あんなに聴かせているのになぁ」「やっぱり無理矢理にでも、話し始めさせた方がいいんじゃないかな」なんて、あれこれ心配をしてしまう気持ちはとてもよくわかります。しかし、焦る必要は全くありません。大事なのは「目に見えない変化」の部分を信じること。バケツにどんどん水が溜まっていく様子をイメージしながら、まずはとにかくリスニング!今は「インプットの時期なんだから」ということを意識し、自分に言い聞かせながら、温かく見守りましょう。

その際には、何を聴かせるのか、ということも大事かもしれませんね。子供が気に入っているキャラクターや、アニメの世界観があるのならば、それを流してあげる方が、より強い興味や関心を持って言語を耳にすることになるので、バケツの水はよりスピーディーに、そして色濃く溜まっていくことでしょう。

「教育向けの番組だから、こちらのコンテンツの方がいいだろう!」と親がいくら思っても、子供が肝心の興味をそそられなかったら、意味がありません。やはり「楽しい」という気持ちと、脳の働きには密接な関係があるので、子供が、楽しいと感じて夢中になれるような、大好きなコンテンツを選んで、与えてあげるということも重要になってきます。

さて、ここまでのことをまとめ、おさらいしていきましょう。

小さい子供の英語教育って、何から始めたらいいの?という疑問を持っているお母さん、お父さんは、まず「リスニング」から始めよう!」ということを意識してください。文法や構文などから無理矢理教え込もうとしたり、英単語を詰め込もうとしたりしても、あまり効率的ではありません。日本語を学ぶ時に、耳から学んだことを思い出せば、それは理解できるはずです。

というわけで、まずはどんどん英会話をインプットしていくようにしましょう。すぐに話し始めないからといって、焦る必要はありません。子供の脳の中はバケツのようになっていて、今はそこにどんどん情報が溜まっているのだということを信じましょう。

その際には、できるだけ子供が興味を持ち、夢中になれそうなコンテンツを与えてあげるということも大事です。あまり関心がないのに一生懸命英語を聴かせようと頑張っても、それは結局耳から入ってこないかもしれませんので、親子で一緒に楽しめるような最高のコンテンツをまずは探してみましょう!