英語を上達させたかったら他の言語は聴かせない方がいい?

このまま別の言語を聴かせ続けても大丈夫?

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

我が子に英語を頑張ってもらいたい!と考えているママさん、パパさん達は、日々、色々な不安や悩みで、頭の中を膨らませてしまいがちです。

そんな中に、ひょっとして、こんな悩み事はあったりしませんか?

その内容は「うちの子が、英語以外の言語に興味を示しているっぽいんだけど、どうしよう…」というものです。

純粋に考えたら、多感な時期の小さな子が、異文化に興味を示しているというのは、とても良いことのように思えますよね!

しかし、気になるのは、英語と同時に他の言語に触れることで、あれも…これも…という感じになって、頭の中が混線状態になってしまうのでは?ということでしょう。

たとえば、こんな人はいませんか?

我が子には英語を習得して欲しいんだけど、どうやら最近、K-POP に夢中みたいで、なんだか複雑な心境なんだよなー、なんて。もちろん、K-POP は世界的にレベルが高く、素晴らしい文化ですし、韓国語が喋れるようになったら世界がグンと広がるということも、承知の上!

しかし、韓国語は世界共通言語ではありません。社会に出て一番役に立ちそうなのは、普通に考えると、やはり英語です。英語は、高校受験や入社試験でも必須科目として扱われることが多いわけで…。優先順位を考えると、やっぱりその他の国の言語よりは、どうしたって英語を覚えてもらった方が有利なんじゃないかな?…みたいな。

せっかく好きなことや、夢中になれることがあるのに、もし、そのせいで英語の学習能力が落ちてしまうのだとしたら…?今すぐにさりげなく、K-POPを聴かせないようにする努力を始めた方がいいのかな?なんて、繊細なママさんは特に、どこまでも深く悩んでしまうことでしょう。

日本語のみを学習するのが良いという説も…?

日本語も、英語も、韓国語も、…という具合に、脳内にたくさん言語が詰め込まれたら、パニックになってしまうのでは?ということを危惧する人も、中にはいることでしょう。それに、実際にそういう説を唱えている学者がいるというのも、事実ではあります。

中には、英語すら学習しないでおく方がいい、と明言している有識者もいます。小さい頃に、復数の言語を覚えようとすることで、脳の容量を使ってしまうと、論理的な思考を働かせることが苦手になってしまうという説を広めている人もいるのです。

人間の脳には無限の可能性が秘められている!

しかし、もうちょっと視野を拡げて見てみると、世の中には言語を習得することそのものを得意としている人がたくさんおり、そんな人は、1人で復数の国の言語を操っていたりします。4ヶ国語、5ヶ国語くらいを使いこなしている人もいるくらいですから、人間の脳に本来、限界というものはないはずなのです。

ましてや、音楽を楽しんでいるくらいのレベルであれば、全然気にする必要はないでしょう。

神経質になって、好きなものを取り上げてしまうよりも、生活の中にどんどんワクワクするもの、ウキウキするものを取り入れ、人生全体の波動を高めていくことの方がよほど重要です。

楽しい時間が長ければ、それだけ脳の馬力もアップするということです。

脳の容量のことを気にするのであれば、将来ミュージシャンになってもらいたい子には、音楽以外の芸術には触れさせない方が良い、ということになってしまいそうですが…、そんなことはないはずだと、直感的にわかりますよね?

絵を描いてみたり、料理をしてみたり、海でのんびりしてみたり。色々な刺激や経験が、その人の可能性の扉を開くことにつながっていくものです。

小学校の授業に関しても、国語の授業の次に、算数を習ったり、理科を習ったり、社会を習ったり、色々なことを同時進行系で学習しますよね?だからこそ、幼いうちから脳のニューロンが様々な方向へと張り巡らされていくわけです。

親から受け取る言葉も脳に多大な影響を与える

ちなみに、人間の子どもは、親から言われたことを、そのまま真実として受け止め、潜在意識の深いレベルに刻み込む傾向があります。ですから、「英語がうまくなりたかったら、英語だけに集中しないと、わけわかんなくなるよ!」と言われてしまえば、その通りの脳の構造になっていくと思ってみてください。しかし、逆に「あなたは天才だから、何ヶ国でも喋れるようになるだろうね」と言われれば、これまたその通りになっていく可能性が高くなるわけです。

そう…、一番大切なのは、脳の構造自体を大胆に変えてしまうことなんです。そして、それは意外に難しいことではなかったりします。人間の脳は「言葉」というマジックによって、いとも簡単に操れてしまうものなんです。良い方向の暗示を掛けることに成功したら、2ヶ国語だって、3ヶ国語だって、余裕で話せるようになるかもしれないわけです!

ちなみに少し話はそれますが、筆者はこういった脳の性質に気づいてから、「私って風邪ひかない身体になったんだよね。全く風邪をひく気がしないわ」と、ことあるごとに人に言い、自分の耳に聞こえるようにしました。その結果、毎年冬になると気管支炎を起こして入院するという恒例行事を繰り返していたのにも関わらず、2年前からパタリと咳をしなくなったんです。これは事実ですから、いかに言葉の力が強いかということがおわかり頂けることでしょう。

せっかくなら英語も好きになってもらおう!

ここまで、異文化に興味を示しても問題ナシ!K-POP が好きなら、どんどん聴かせてあげましょう、という話をしてきましたが、せっかくならば英語の歌も好きになってもらいたいものですよね?

…であれば、他の言語の歌を聴かせないように制限するのではなく「こっちも聴いてみたらどう?」という感じで、自然と英語の音楽を流すようにしてあげる方が、作戦としては妥当かもしれません。

子どもは押し付けられてしまうことを嫌う傾向にあるので、あくまでもさりげなく、気づいたら英語の歌が流れていたという感じで、少しずつ英語の文化にも触れてもらえるよう、工夫してみるといいでしょう。

韓国語や、中国語や、ドイツ語や、フランス語など、喋れるようになったら人生が素晴らしくなる言語は、この世にたくさん存在しています。しかし、どんな国の人も、結局は英語を共通の言語として学習している…、という世界の常識を考えると、やはり英語を好きになってもらうのに越したことはありませんからね。

まとめ

さて、それではここまで解説してきたことを振り返り、まとめていくことにしましょう。

我が子に英語の能力を身につけて欲しい!と考えているママさん、パパさんの中には、子どもさんが英語以外の言語に興味を示しているだけで、なんとなく不安を感じてしまう…、なんて人もいることでしょう。

一度に様々な言語を詰め込むことによって、脳がパニックを起こしてしまったり、どれも中途半端になってしまって、何1つ習得できずに終わってしまうのでは…?なんてことが気になる人って多そうですよね。

しかし、人間の脳には無限の可能性が秘められているので、好きなことをわざわざやめさせたりする必要はありません。それよりはむしろ、「おまえは天才なんだから、何ヶ国語だって覚えられるんだぞ!」といって勇気づけてあげることの方が、よほど効果があるというように考えてみてください。

人間は、小さい頃に親から言われたことを潜在意識のレベルで深く刻み込む傾向があります。なので、どんなポジティブな言葉を掛けてあげるかで、その後の人生に大きな影響を与えることになるでしょう。

異文化に興味を示すというのは、本来とても良いことです。あまり神経質になって不安を抱えたりせず、どんどん好きなものに触れさせてあげましょう。そんな中で、「こっちもついでにどう…?」という感じで、世界共通語である英語にも興味を持ってもらえるよう、仕向けていければ完璧です!