幼児英語の疑問解消コンテンツ

2歳児の英語教育。おすすめの学習方法を公開

こんにちは。幼児向け英語教材「ミライコイングリッシュ」運営事務局です。

2歳児の特徴として、少しづつお話しをし始めたり、走ったりすることができるようになってきます。また、生活に必要なお着替えや靴を履いたりといったことがひとりでできるようになってくることも。他には、トイレトレーニングなどが進んできたりします。

加えて心の発達も著しく、イヤイヤ期も始まります。赤ちゃん時代から心と身体に大きな成長がみられる2歳児だからこそ。お子さんに英語を習わせたいと思っていらっしゃるママも多いのではないでしょうか。

英語学習を始めるときに、「2歳児から英語学習を始めてもいいの?」「おすすめの英語英語学習法の選び方は?」と気になることが沢山ありますよね。お子さんの未来のためにもグローバルな感覚を身に着ける手段の一つです。

つまり2歳児から英語学習を始めるのは早すぎることはありませんし、むしろ発達の段階から見て、とても効果的です。

絵本の読み聞かせをオンラインで学習する方法や教材購入、アプリ、YouTubeなどで動画を見る方法など多岐に渡ります。保護者のライフスタイルやお子さんの性格など色々なことを考慮しながら、有意義に英語学習を進める方法についてご紹介します。

2歳児の英語学習方法と1歳児や5歳児との英語学習方法の違いを説明!

まず、1歳児はまだ喃語といって、「うーうー」「あーあー」といった言葉にならない音を出せたり、言葉の意味を理解できるようになってきます。

1歳児の後半には1語の次に2語文を話せるようになるお子さんもいます。その子の発達段階に合わせて、英語の歌を聞き流したり、ママが簡単な英語で話しかけたことを真似するのが上手な時期です。歌や踊りも大好きな時期なので、リズミカルなソングやチャンツを選んで聞かせてあげると楽しく英語学習ができます。

次に5歳児の英語学習の効果的な方法です。幼稚園や保育園にも慣れてきて、社会的な活動も増えますし、大人と変わらない会話を楽しめる年齢になります。

5歳児は小学校に上がる前段階なので、アルファベットや簡単な単語のスペルも書いたり、覚えていくことができます。そのほか、5歳児の興味関心が出てくるのがゲームです。ゲーム性のある遊びも取り入れていお子さんの興味をひくのに適した時期です。

最後に、2歳児になってくると、2語文が話せるようになってくる子が増えてきます。英語圏の2歳児が使うのと同じレベルの単語やフレーズを学んでいきましょう。

母語である日本語と外国語としての英語との境界線がなくなり、英語と日本語が混ざってしまう時期があるかもしれませんが、自然と区別がつくようになってきます。

2歳児は幼児の発達段階やそのほかの年齢と比較してみても、英語学習を始めるのに適切な時期であることがわかります。

2歳児からの英語学習がおすすめな理由

母語である日本語ですら、話しをするのが難しいのに、英語学習なんて始めるのは早すぎるのでは?と感じているママやパパもいらっしゃると思います。そんな疑問を考慮しながら、英語学習がおすすめな理由を3つあげます。

①2歳児は英語耳を獲得できるゴールデンエイジ

2歳児は異なる周波数の音でも聞き取れるゴールデンエイジです。日本語と英語を比べると、音の周波数が異なるという研究結果があります。

なぜなら、人間の耳が完成していくのは、0歳から7歳頃までに大人同様に完成していくからです。例えば、ゴールデンエイジの間に英語環境を作ると、英語の発音やイントネーションが自然と聞こえてくるようになります。

②知らない言語に対する抵抗を感じない時期

2歳児は、まだ英語を苦手だと思う場面がなく抵抗を感じることはほぼありません。母語も確立できていないので、英語を学習として捉えていません。英語に抵抗を感じていない時期だからこそ、適切な英語の学習方法を知り、活用してくださいね。

そのためにも、お子さんが英語に触れる環境を出来る限り作ってあげることが重要になってきます。そうすることで、日本語を覚えていくように英語も自然とコミュニケーションの手段として使えるようになっていきます。

2歳児までに英語学習を始めないと定着が遅くなるかも??

2歳児が英語学習を始める適切な時期だとお話ししてきましたが、年齢を重ねるにつれ、お子さんの耳が完成に使づいていくと、日本語以外の言語の周波数を聞き取るのが、難しくなってしまいます。

2歳児から英語学習を始めないと、もしかして英語耳を作るタイミングを逃してしまうかもしれません。お子さんの英語の耳が発達して発音やイントネーションが身につけば、英語の定着も早くなります。

3歳を過ぎてからだと、言語を獲得する能力のゴールデンエイジを逃してしまうという研究結果もあります。
そのため小さいうちに英語を身に着け、定着させておくと、中学、高校、大学と進むときに、他の教科に意識を傾けることができるでしょう。

将来的にお子さんが困らないどころか、とても良かったと思えるはずです。言語の習得能力が高い時期に英語教育を始める選択肢があることを考えてみてくださいね。

2歳児が英語学習を継続させるコツ

英語を身につけ、定着させるために大切なことは何でしょうか?「継続は力なり」という言葉にもある通り、英語学習も継続することが大切です。英語学習を継続するための3つのコツを紹介いたします。

継続させるのが大切な理由とは。言語というのは、一朝一夕で身につくものではないためです。小さい頃に英語圏に住んでいたお子さんでも、日本に帰ってきて英語を使わなければ、忘れてしまって話せないというもったない経験をされている方もいます。

ぜひお子さんの将来のためにも英語学習を継続させるコツをつかんでくださいね。このあと、英語学習を続けるための3つのコツを記載しています。

親子で一緒に学ぶ

2歳児のお子さんとの英語学習の方法として、まずは英語を楽しいと感じてもらうことが大切です。そのためには親子で一緒に学び、成長することがポイントです。

本来はママが英語が堪能だったり、苦手意識がなければ、自然と英語で話しかけることでお子さんも抵抗なくはじめることができます。もちろん英語が堪能でなくても大丈夫です。2歳児が使う英語は簡単で短いフレーズばかりですので、日々の生活で使っていけば、ママも一緒に覚えていくことができます。

ではどうやって、楽しみながら英語学習に取り組んだら良いのかな?英語の短いフレーズってどんな感じ?と思うママに簡単に紹介いたします。ママとお子さんが英語の「もっと知りたい!」を引き出してもらえたらと思います。

楽しみながら英語学習に取り組む

2歳児のお子さんの生活の中心はママであるというご家庭が多いと思います。お子さんにとって大好きなママが楽しいと感じている英語なら、お子さんも安心して楽しむことができるからです。

ママが一緒に学び、楽しみながら取り組むことができれば英語学習は成功といっても過言ではありません。お子さんが小さい場合の英語学習の挫折の原因は、実はお子さんよりも先にママが挫折してしまうことのほうが多いと言われています。

私自身も含め、子供が2歳児の頃を思い出すとママ友さん達の中で英語学習や自宅学習はママが上手にお子さんをリードできない。といった悩みが多くありました。

なぜなら、お子さんに英語を強制してしまって、お子さんが嫌がりママがヒートアップしてしまう時も少なからずあります。忙しい家事の合間にお子さんの興味を尊重しながら、うまく関わるのが難しいからです。

お子さんとの関係が良くなるどころか、悪くなってしまう恐れから多くのママ達が挫折してしまうことが多いように思います。

そのため、自宅での英語学習を諦めて、英会話教室に通ったり、オンライン英会話教室で学ばせる方も増えています。

本来なら大好きなママと英語に取り組むことができれば、お子さんにとって大切な思い出になります。また、将来役に立つ日がくると思えば、ママの努力やちょっとした工夫も厭わず頑張れそうですね。

英語のフレーズで褒めて伸ばそう!

2歳児にも理解できる2語文程度の英語のフレーズを覚えませんか?2歳児というと「魔の2歳児」とよく言われますが、英語にも”the trrible twos”という同じ意味の言葉があります。2歳児のイヤイヤ期は万国共通というところがとても興味深いですね。

そのため、2歳児に対して、英語を生活の中で使おうとすると「~してはダメ」というシーンが多くなってしまうかも。そのため強い語気で「No」という言葉を使いたくなるママも。しつけのためには、なぜしてはいけないのか?という簡単な理由もNoのあとにつけたほうが良いと言われています。そこは日本語と一緒ですね。

まず取り組みしやすい言葉としては、挨拶や褒める言葉から使ってあげたほうがお子さんも英語学習に前向きに取り組んでいけると思うので、挨拶や褒めフレーズから使っていきましょう。英語の「No」は日本語よりも強い語気があるので、”英語は怒られる=嫌なもの”という図式ができ、英語が嫌いになってしまっては大変です。

英語のフレーズを使うシーンを想像してみると、例えば、英語学習の最中でなくても、積み木遊びが上手にできた時、ママとのお約束を守れた時、失敗しても諦めずにもう一度チャレンジしようとしているときなど。お子さんの遊びの中で使えるフレーズが沢山あります。

2歳児が理解できる英語の褒めフレーズとして、2語文程度が適切です。下記によく使う英語の褒めフレーズを一部あげておくので、適切なシーンで使ってみましょう。

  • Good job (よくできたね)
  • You did it! (やったね!)
  • Good boy/Good girl(おりこうだね)
  • Good try! (よくがんばったね)
  • That’s fantastic! (最高に良いよ)

2歳児から英語学習を始めるメリット

2歳という早い段階から英語学習をはじめるメリットも沢山あります。2歳児は言葉の吸収力がよい時期で、いつの間にか覚えた言葉を話していきます。そういった時期に正しい英語の発音を聴くことで、綺麗な発音で話せる英語耳が作られます。

これから、世界の共通語である英語を話せれば、コミュニケーションの手段となってくれますし、人脈、職業の幅が広がります。
英語を母語として覚えられる時期なので、バイリンガルに育てられる可能性も十分にあります。日本語を覚えるタイミングで英語学習を始めることがポイントです。公立小学校でも高学年になると、英語が必修科目となり、中学、高校は勿論、大学教育も国際化が進んでいます。

国際化社会になっていく日本でも、英語を学ぶだけの受け身型の英語学習ではなく、英語をコミュニケーションの手段として使いこなすことが求められています。ぜひお子さんの教養のひとつとして英語学習を取り入れていきましょう。

英語が身につきやすい

2歳児は英語を聞き取れる耳の柔軟性が高い時期です。2歳児までに英語学習を始めることで自然と定着させることができます。
また、未就園児のお子さんは、比較的自由な時間をとることができます。つまり、英語の学習時間を確保しやすいとも言えます。幼稚園形式の英語のプリスクールや英会話教室に通う時間もとれます。

お近くにそういったプリスクールや英会話教室がない場合でも、オンラインの英会話教室も多くあるので、お子さんと一緒に体験してみても良いですね。一番のおすすめは、ワーキングウーマンのママでも取り組みやすい家庭での自宅学習が便利です。

英語耳を育てることができる

2歳児はまだ母語が自分自身の中で確立されていない年齢と言われています。また、2歳児の耳は色々な周波数の音を聞き分ける能力がとても高く、言葉としての英語や日本語を完璧には理解していませんが、周りの音を聞き分けています。

赤ちゃんがママのお腹の中にいるときから、音は聞こえているので、胎教から英語を聞かせる方も増えています。お子さんが好きな英語の歌やリズム感のあるチャンツなどを聞かせてあげたいですね。2歳児は言葉を吸収するのに適した時期でスポンジのように色々な言葉を覚えて、発音することができるようになる時期です。

例えば、アルファベットが認識できるようになったお子さんは、フォニックスを学ぶことが効率的です。発音の基本的なルールが理解できるようになるので、日本語にはない英語の音を聞き分けられるようになります。

視覚、音声教材も沢山あるので、小さなお子さんにはフォニックスを覚えると、英語耳が育まれ、初見の単語を正しく発音できるようになりますし、つづりも書いたり、覚えたりしやすくなります。

2歳児におすすめの英語の学習方法

2歳児におすすめの英語の学習方法として4つの方法をご紹介しています。英語の絵本の読み聞かせから、英語のアプリ活用方法、英語のYouTube動画の視聴方法、それぞれのおすすめを参考にあげています。そして最後に、幼児向け英語教材の選び方についてお伝えしています。お子さんに合った学習方法をぜひ試してみてくださいね。

英語の絵本

2歳児の英語の学習方法のひとつとして、英語の絵本を活用するのがおすすめです。英語の絵本を見たり、聞いたりすると、外国の生活環境や文化的背景も絵本から感じ取れるからです。絵本を通して、日本とは違う国を知ることは2歳児にとって素晴らしい学びになるのではないでしょうか。

ただし、2歳児は落ち着いて絵本の読み聞かせに集中してくれる年齢ではありません。そのため、興味がないイラストや内容だったりすると年齢+1分しかないと言われる短い時間の集中力を有効に使うことができなくなってしまいます。

そのため、おすすめなのは、絵が飛び出たり、窓になっていたりする仕掛け絵本です。お子さんの手元に持たせてあげて、ページをめくったり、ワクワクしながら、英語に触れることができます。英語が苦手なママでもリズム感よく、繰り返しのフレーズが多くなっています。

お子さんが遊び疲れたときの休憩の時間や、寝かしつけの時間に、ぜひ読んであげて下さいね。また、英語の苦手なママだとしっかり発音しなくては。などと身構えてしまうことがあるかもしれません。ぜひママとお子さんがスキンシップを楽しむ時間として英語絵本を手に取ってみましょう。下記におすすめのしかけ絵本を紹介します。

  1. Dear Zoo(Dear Zoo & Friends)Little Simon
  2. Where’s Spot?
  3. Polar Bear, Polar Bear, What Do You Hear?
  4. Ocean Wonders(Sparkling Slide BooK)
  5. Can You Say It. Too? Jingle! Jingle!

英語のアプリ

英語のアプリは無料でも使えるものが多くあります。ただし、スマホを長い間触らせることに罪悪感を持ってしまうママもいらっしゃるかと思います。時間を決めたり、お出かけ専用で活用すると決めておくのがいいと思います。英語のアプリはゲーム感覚で遊べるので、じっとしているのが苦手な子には楽しく英語学習ができます。

次に英語アプリの使い方のポイントです。最初はママもお子さんと一緒にアプリを使ってみましょう。お子さんが好きなアプリはどんなタイプのものか、どんな風にレベルアップしていくのかを見ておくと、お子さんの上達度もわかって褒めてあげることができますよね。

そのときは、先ほど紹介した褒める英語のフレーズを使ってみてくださいね。また、例えば、お子さんが記憶力を使うものが得意なのか、瞬発力を使うものが得意なのか。がわかるので、どんなところを伸ばしてあげればいいかが、わかることもあります。得意なことは楽しいし、またやってみたいと思いますよね。お子さんの得意を伸ばしてあげられるように英語のアプリを活用してみてくださいね。

英語のYouTube

英語のYouTubeの活用について、英語のアプリ同様、あまりスマホやPCでYouTube動画を見せるのは心配なママも多いのではないでしょうか?英語学習を考えている教育熱心なママなら、なおさらですよね。

そこで、2歳児が飽きることなく短時間で見ることができるYouTube動画を3つご紹介します。まずはママが視聴して問題がなければお子さんと見てください。最初から難しいものを視聴せず、簡単なものから、徐々にレベルアップしたものを見ていくこともひとつのポイントです。

気軽に英語教材やYouTubeで見ることができる動画やアニメを視聴して、英語を聴く時間を沢山とりましょう。ママと一緒に楽しく英語を学ぶことがお子さんの英語好きに繋がるかもしれませんね。

  • Cocomelon (旧ABCkidTV)

英語の歌や知育系の動画です。CGアニメが秀逸で、歌と合わせて英語の歌詞が字幕で見ることができます。ぜひお子さんと一緒に英語で歌ってみましょう。3分程の短いものから、30分程の動画までバリエーションが豊富です。色や数字、形などの簡単な単語も覚えることができます。

  • Maisy

日本語バージョンの絵本でも”メイシーちゃんシリーズ”として幼児に人気です。仕掛け絵本になっているもので、英語の絵本の読み聞かせにもおすすめなシリーズです。ネズミの女の子Maisyちゃんと友達の日々の可愛いストーリー。20~30分程で2歳児のお子さんにちょうどよい長さです。登場する単語やセリフは少ないけれど、小さな子向けに優しく語りかけてくれています。

  • Pink Fong

可愛らしいアニメーションとソングを聞きながら、アルファベットやフォニックス、単語などを学べます。歌もリズミカルなので、お子さんと一緒に体を動かしながら聞いても楽しい内容になっています。

幼児向け英語教材

自宅で活用できる幼児向けの英語のセット教材は、価格も各月毎などに送られてくる教材なら、数千円のものを始め、乳児期から12歳頃まで使用できるかなりのボリュームがある100万円近くするものまで、様々なものがあります。どんな英語教材を購入すればよいか迷ってしまいますよね。経済的に余裕がある場合は迷わず、高額な教材を買っても大丈夫かもしれませんが、お子さんが英語に興味を持ってくれるかわからない段階で、あまり高額な教材を買うことはおすすめしません。ママもワンオペ育児で家事や仕事に忙しかったりすると、教材のセットを使いこなせないこともあるからです。

まずは、お子さんが英語に興味が持てるような内容のものが良いと思います。サンプルをもらえる教材もありますので、何種類か資料請求してみて、サンプルの英語教材を試してみるとお子さんとの相性もわかりますね。お子さんが飽きずに、取り組むことが出来そうで、英語でのコミュニケーションも上達しそうな教材を選びましょう。最近では、自宅学習でも楽しく、効率よく英語学習ができて、価格もお手頃なものも販売されています。ぜひお子さんにあった英語教材を選んであげたいですね。

まとめ

2歳児のおすすめ英語学習方法について、ほんの一部ですが、ご紹介いたしました。お子さんによって、興味の対象や発達段階もそれぞれ違います。無理強いすることなく、お子さんの「やりたい」を全力で応援出来るママでありたいですよね。

英語学習に限らず、お子さんの得意、好きを知ることで、ワンオペ育児だったとしても、お子さんにしっかりと寄り添った育児が叶います。お子さんが生涯必要とする生きる力を得るためにも、ママとの信頼関係が育まれる大切な幼児期に英語学習を通して、お子さんとの楽しい時間を過ごしていただきたいと思います。