英語はちょっとでも休むと台無しになっちゃう?

英語学習において継続が大事ということは常識

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

幼児英語に興味や関心のあるママさんや、すでに我が子に幼児英語を学習させ始めているというママさんにとって、「英語力=継続力」であるということは、もはや常識になっていることでしょう。

英語というものは、集中してバーっと短期で一気に学んだからといって、すぐに身につくようなものではありません。そうではなく、いかにコツコツと毎日ちょっとずつ英語に触れていくかどうか、ということが重要なのです。

よく、「幼少期にはとにかく英語のシャワーを浴びせ続けてあげることが大事だ」なんて耳にしませんか?バケツにだんだんと水がたまっていくように、毎日ちょっとずつ英語のシャワーを浴びせることで、ある日突然開眼をし、英語がペラペラと話せるようになったりすることがあるわけです。

明日からしばらく英語ができない!どうする?

そんな知識をしっかりと身につけているママさんは、ある日、こんな落とし穴に陥るかもしれませんね…!それは急な旅行、あるいは不測のトラブルなどで「しばらく英語学習ができない!」といった事態を迎え、不安を感じてしまうというようなケースです。

たとえば、明日から一週間、家族みんなでおばあちゃんのおうちに行く、といったような場合。本当に本気なママさんであれば、旅先に教材を持っていったり、ポケット wi-fi を持ち歩いてでも動画を見せようと躍起になったり、…といったことをするかもしれませんね。

しかし、せっかくの旅行ですし、たまには英語のことも、学校のことも、何もかも忘れて、子供らしく思い切り遊ばせてあげるのもいいかな…、なんていう思いもあることでしょう。これがいわゆる「葛藤」というやつですね。

わざわざ教材を持っていってまで、旅先で英語を学習させる必要はなさそう…と思っているママさんでも、「え、でも本当にそれでいいのかな?」なんて心配になってしまう気持ち、とてもよくわかります。

なぜなら、やはり、それくらい英語学習において「継続」というものは非常に重要だとされているからです。英語をマスターするためには、2000時間も3000時間も掛かると言われています。もちろん、そんなに長時間の学習を一気にすることはできませんから、いかに1日1時間、あるいは30分…、10分でもいいから…、毎日続けていけるかどうか、ということを皆さんとても真剣に考えているんですよね。

継続をさせるためには、学習をルーティン化させることがとても大事です。ルーティン化させるというのはつまり、毎日の習慣の中に英語学習を取り込んで、やるのが当たり前の状態にしてしまうということです。そして、これを現実化させるためには「1日も休まない」ということが実は大事なコツだったりもします。

しかし、この説があまりにも強烈であるが故に、教育熱心なママさんは、継続の波から逸れてしまいそうになると、自責や焦りの沼にハマっていってしまうわけです。

ここまで頑張って毎日コツコツ積み上げてきたことが、ちょっとでも休むことによってガラガラと崩れ落ちてしまったらどうしよう…、そのせいでリズムが狂ってしまったらどうしよう…、英語力が元に戻ってしまったらどうしよう…、そんな不安でいっぱになってしまうママさんも中にはいることでしょう。

ちょっと休むくらいでは心配の必要ナシ!

おばあちゃんの家へ行く程度のことであれば、スマホの中に英語のアプリを入れるなどして、どうにか自然に英語に触れさせることがまだ可能かもしれませんが、体調を崩してしまったり、子供の傍を離れなければいけない事態が発生してしまった時などは、もう休むなら休む!と覚悟を決めるしかないわけです。

ただ、この記事でお伝えしたいのは、ほんの1週間とか、10日やそこら休んでくらいのことで、努力が台無しになるようなことは全くない、ということです。

英語学習というものは、ほぼライフワークのように捉えてしまってよいものです。とてもとても長い時間を掛けてお付き合いをしていくものなので、1週間程度休んでしまったくらいのことで、全ての努力が崩れ去ってしまうようなことはありません。

むしろ、長期で取り組んでいく必要があるからこそ、「たまにはリフレッシュのための休暇だって必要なんじゃない?」くらいに思っておいた方が、より持続をさせることができるはずだ、とポジティブに捉えましょう。

「どうせまた元に戻るんだし、たまには休んだって大丈夫でしょ」とか「そのかわり思いっきり遊ぶぞー!」というくらい、気楽にかまえていたって全然いいのです。どうにかなる!と思っている方が、結果として良い未来を招くことができるでしょう。

継続にこだわると逆効果になることも

これが逆に「今まで努力してきたことが台無しになるんだから、英語は絶対に毎日やらなきゃダメよ!」というように、親が子供に無理矢理強制してしまうと、子供は次第にそのことを重荷に感じ始めてしまったりもします。

あなたの身の周りにもいませんか?もうすっかり良い年齢の大人になっているにも関わらず、ちょっとこだわりが強すぎて、融通が利かないタイプの人…。強迫観念が強くて、一度決めたことはやり通さないと気が済まない、というような人は正直、ちょっと困りものです。

そういった性質が良い方向へと働く場合には良いのですが、意地でも貫き通す!という親の意志に子供が振り回され、結果として英語がすっかり嫌いになってしまう…なんていうのは本当に本末転倒でナンセンスなことです。

英語力を高めるためには継続が大事だというのは本当のことですし、ルーティン化をさせるためには1日たりとも休まないことが重要というのも一般的に言われていることです。しかし、それはあくまでも一般論ですし、徹底しなければ英語が一切喋れなくなる…というようなことは普通に考えたら「ない」とわかるはずです。

理想を追求しだしたらキリがありませんし、子供が英語を嫌いになってしまったら、それが最悪の結末ですから、あくまでも「できる範囲で」楽しみながら英語を気楽に続けていきましょう。

英語学習が楽しければ継続は苦にならない

「毎日コツコツ続ける」というと、とても大変で、苦難や努力がつきまとう感じをイメージしてしまうかもしれませんが…、英語学習を「楽しい」とさえ感じていたら、放っておいても勝手に始めてしまうと思いませんか?

たとえば、スマホでアプリを楽しむこととか、動画を見ることとか、いくらやめろと言っても子供はそれに夢中になりますよね。あんな感じで、英語学習に関しても中毒になってしまうくらい、子供が楽しんでくれるようになるためには、どんなことを工夫すればいいんだろう…と、是非、そんな風にも考えてみてください。

このサイトでは、たくさんの記事を展開していて、その中には毎日の習慣の中に英語学習を自然と取り入れていくための方法や、子供に英語を好きになってもらうための方法、あるいは、嫌いにならないように気をつけるべきこと、などなど、様々なお役立ち情報をお届けしています。

もし、少しでも興味を持って頂けたようでしたら、是非、そういった記事も併せてチェックをしていってみてくださいね。

また、ミライコイングリッシュの教材は、親と子が夢中になって体系的な英語の学習を行えるよう、高いレベルでの配慮がなされていますから是非、まだ未体験だという人は是非、ミライコイングリッシュによる英語学習の世界に飛び込んでみてくださいね!