日本人の話そうとする英語は◯◯過ぎるからいけない

突然ですが、あなたは日本人のことをどう思っていますか?日本人の良いところを挙げていきましょう!と言われたら、どんなポイントに注目するでしょうか?

まず、日本人はとても「親切」ですよね?お財布を落としても、ちゃんと警察に届けられていて、中身までしっかり戻ってくる国なんて、世界の中でも日本くらいではないかと言われています。

そして、日本人はとても「勤勉」です。向上心があり、真面目に勉強することを厭わない国民性だからこそ、戦後から様々な文化が急激に発展していったのでしょう。

そしてそして、もう1つ。日本人は「完璧主義」なところが非常に魅力的です。

電車やバスが時間通りに来ることなんて、日本では当たり前ですが。世界の中で、そんなに正確に公共交通機関を運行させている国って、実は日本くらいなんですよ!

また、メイドインジャパン品質の商品は、世界的にクオリティが高い!と大評判になっています。細かいところにまで良く気がつき、繊細な神経を働かせて完璧な仕事をしようとする日本人の気質は、我々の誇りですよね!

しかし。そんな完璧なはずの日本人は、なぜか英語学習がとても苦手です。

街で外国人に道を尋ねられた際、臆することなくペラペラとコミュニケーションを取ることのできる日本人はごくわずかでしょう。有名な大学を出ている賢いはずの人でもそうなってしまうのは、とても不思議なことです。

この漫画のママさんも、道で外国人に突然道を尋ねられてしまい、かなり焦っている様子。我が子に英語学習を頑張ってもらっているのに、自分自身はあまり英語が話せないのでしょう。こういうシチュエーションって、実は意識の高いママさんに「あるある」なことだったりします。

英語に対するコンプレックスがあるからこそ、「我が子には同じ思いをさせたくない!」と、英語学習を必死て頑張らせようとしているパターンも多いようです。

1人で歩いている時に海外の人に道を尋ねられたら、それほど緊張もせず、リラックスして話せたのかもしれませんが、子供が見ている前で、となると恥ずかしいところは見せられませんからね!それでこのママさんは、余計に言葉が出て来なくなってしまったのかもしれません。

結果、漫画のママさんは、終始タジタジのしどろもどろ状態になってしまっています。どうにか知っている単語をつなげようと頑張ってはいるものの、スムーズに文章を組み立てることができず、思考がもうストップ寸前!のようですね。

どうしてこのママさんが英語で道を尋ねられた瞬間、しどろもどろになってしまったのか。その理由は、「長い文章で美しい英語を話そうとし過ぎているから」です。「そういえば」と思い当たるところがある人も多いのではないでしょうか?

英語で話す時も、文章を書く時も、日本人はそのままお手本として教科書に載せられるような、完璧な英語を話さなくてはいけない!とプレッシャーを感じてしまいがち。ぶつぎりの単語をただ話すだけでも、意味が通じればそれでいいのに、「恥をかきたくない!」とか「完璧でないと笑われそう!」という思考がついつい働いてしまうんですよね。これはもう、日本人の脳にDNAレベルで組み込まれている性質と言ってもいいかもしれません。

日本の中でも、大阪エリアで育っている人などには「お笑い」のDNAが組み込まれていたりするので、たどたどしい英語でも、かえってそれを笑いに変えるくらいの勢いで、自信を持って堂々と話せるケースが。ただ、多くの日本人は、シャイで臆病で引っ込み思案。おまけに完璧主義なので、英語を話そうとしても喉元でストップが掛かってしまいがちなんです。

日本人はとても優秀な頭脳を持っているのですが、英語は「間違っていてもいいから、どんどん話す」タイプの人が素早くマスターできるという性質を持っている教科なので、皮肉なことに日本人との相性があまり良くないんですよね。

日本人の中でも、英語が得意な人って、実はあまり日本人ぽくない性格をしていると思いませんか?「そう言われてみれば、そうかもしれない」と思い当たるフシがあるのでは?秀才タイプで、いつも机に向かっている人より、活発で外へ遊びに行ってばかりいるような子の方が、英語を話せそうなイメージがあるでしょう。

というわけで、英語を素早くマスターしようと思うなら、間違っていても、笑われても構わないから、どんどん話して話して話しまくることが大切。短いセンテンスで充分ですし、単語をつなげるだけでもいいので、とにかく口数を増やしていきましょう!失敗しながら上達していくのが英語学習の特徴なんです。

ただ、そのためには英語で会話することのできる相手がいないと、ですよね?近所にネイティブな英語を話せる外国人さんがいる場合は、とてもラッキー!日常的にちょっとした会話をしてもらうことで、次第に英語脳を育てていくことができるでしょう。しかし、知り合いに外国人が1人もいなかったらどうすれば良いのでしょうか

「間違っていてもいいからどんどん話そう!」と思っていても、さすがに会話する相手が誰もいなかったら、結局英語を口に出す機会は増えていかないでしょう。親子で英語によるコミュニケーションを取ってみるというのも悪くない手段なのですが、日本人同士だと、あまり進展がないかもしれませんよね。

そこで。せっかく最先端の環境を気軽に整えることのできる時代なので、余裕がある人はネットでネイティブな外国人との出会いを求めてみるといいでしょう。英会話教室に通うのもアリですが、ちょっとアンテナを張れば、お友達として無料で英会話の相手をしてくれる素敵な外国人さんに出会えるかもしれませんよ!

今は、SNSなどを使って世界中の人と簡単につながることができる時代なので、是非、探してみてくださいね!ただ、子供にそれを任せてしまうと、ちょっと危ない人と繋がってしまう可能性もありますので、そのあたりのコントロールや管理は、ママさんパパさんがしっかり行うようにしてあげてください。

まとめ

では、この記事でお伝えさせてもらったことを、最後にあらためてまとめていきます。

日本人にとって、完璧主義である気質はとても誇らしいことです。その気質があるおかげで日本製の商品は高いクオリティを保てていますし、公共交通機関は時間通りに運行をしてくれます。

しかし、英語をマスターするにあたっては、「完璧主義」はアダとなってしまうことも

外国人と会話をする時、日本人がすぐしどろもどろになってしまうのは「長いセンテンスで完璧に話そう」と無理をしてしまうからです。恥ずかしい思いをしたくない!その場にいる人に良いところを見せたい!といった思いから、日本人はついつい必死で頑張ってしまいがちなのですが、この性質は多少なりとも改善をしないと、英語の能力をレベルアップさせづらくなってしまうでしょう。

間違っていてもいいから、身振り手振りを使って、短いセンテンスでどんどん話す!とにかく話して話して話しまくっているうちに、なんとなく英語が解ってくる!そんなステップを歩んでいけるよう、是非、ママさんもパパさんもお子さんも、気持ちを切り換えてみてください。間違っていたっていいんですから、きっと今よりも気が楽になるはずですよ!