子育て英語アンケート調査

アンケート「習い事を途中でやめるのはあり?なし?」その1

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

こちらの記事では、0歳~6歳の小さなお子さんを持つママさん50人に、アンケートを取った結果について、発表していきます!

今回のテーマは、「習い事を途中でやめるのはあり?なし?」というものです。

せっかく習い事を始めても、子供が途中でイヤだと言い出したり経済的に圧迫されているような気がしてきたり、様々な事情から「もうやめた方がいいのかな?」と思ってしまうようなシチュエーションって出てくるかもしれませんよね?

そんな時、世の中のママさん達は一体どんな風に考え、どう行動しているのでしょうか?ご自身がその立場に立った時、何かの参考になるかもしれませんので、是非、こちらで気になるアンケート結果をじっくりとチェックしていってくださいね!

習い事を途中でやめるのは…?

さて、まずはざっくりとした数字の発表からですが「習い事を途中でやめるのはあり?なし?」という質問に対し、「あり」と回答したのは78%で、「なし」と回答したのは22%、という結果になりました。

何かやむを得ない事情が発生したのであれば、そのまま「やめた方がいい」と判断する人の方が圧倒的に多いようですね!

いかがですか?この結果は、意外だったでしょうか?それとも大いに納得でしょうか?

それでは、「あり」と答えた人達の理由、考え方についてご紹介していきましょう。

嫌いなら途中でやめてもいい

最も多かったのは、「嫌いなことを嫌々していても意味がないから」というものです。

習い事をいざ始めさせてはみたものの…、子供が辛そうな顔をしていたり、つまらなそうだったり、泣きわめいていたり、そのせいで体調を崩したりしている、なんて状態が続いていたら、家庭内の空気が最悪になってしまいますもんね。本人のためにやらせているとはいえ、これではまるで本末転倒!という状態になってしまう人も、少なからずいるのでしょう。

ママさん達の中には、自分自身の辛かった経験を思い出している人もいるようでした。幼少期に、辛かった習い事をいつまでもやめさせてもらえなかった…、という人は、同じ思いを子供に味わってほしくない、なんて思うようですね。

やめる時には、本人の意志に任せようとしているママさんもいるようでした。「そんなにイヤならもうやめなさい!」といって、親が強引にやめさせてしまうよりも、本人の口から「本当にやめたい」という言葉を引き出した方が、精神衛生上、なんとなくよさそうな気がしますよね。

そのほか、「時間がもったいないから」というような、リアルな意見もありました。確かに、イヤな思いをするために、時間やお金を捻出するのって、すごく馬鹿げていると思う人も多いことでしょう。

また、何が本人に向いているかわからないから、とりあえずたくさん始めてみて、向いていなそうだったらやめればいい、というような方針を取っている人もいるようでした。もし、経済的、時間的に、多少余裕があるのなら、この方法はとても建設的で合理的であるといえますね!

たくさんトライをして、その中から本当に合っているものを見つけることができる、というのは子供にとってとても恵まれた環境です。

嫌がっていても、ある程度は続けてもらわないと…という思いがある一方で、あまり強引にやらせてしまうとかえってトラウマになり、そのこと自体を「嫌い」になってしまう可能性がある、ということを懸念している人もいました。お金や時間を掛けて、結局、嫌いなものをこの世に1つ増やしてしまうだけって、なんだか愚かだ…という感じが確かにしますもんね。

子供の興味が変わってしまって…

もう1つ、多かった意見は「子供の興味は変わるから」というものです。

小さい頃はお絵かきに興味を示していたけれど、大きくなってきたら急にスポーツに興味を示すようになる…、なんてことが、幼少期や多感な思春期時代には、往々にしてあり得ます。

たとえば、3歳の時に始めた習い事が、8歳くらいまでは楽しめていたとしても、そこから先は途端に苦痛に感じ始める…なんてことが余裕で起こり得るわけです。

そんな時、いつまでも子供が3歳の時の感覚で、同じことを続けさせるということに、果たして意味があるのかというと、これはなかなかYESとは言い難いでしょう。

新しいことに興味が出始めて、そちらを習い始めたい!というようにポジティブな理由があるのであれば、前にやっていた習い事は自然と卒業するのもアリではないかという、この意見はなんとなく自然に受け止められますよね。

その他の意見

また、「適性がなければ他のほことをした方が良い」という意見や、「色々なことにチャレンジして欲しいから」というような意見も寄せられていました。

1つの習い事を続けるということも、それはそれで大事なのですが、そのせいでせっかく無限にある可能性をたった1つに縛ってしまうことになるのは、確かにもったいないです。貴重なお金も時間も、本当に大切なことに使うべき!というのは、誰もが納得できるところでしょう。

まとめ

以上、見てきたように、ママさん4人のうち3人が「習い事を途中でやめるのはあり」だと思っているようです。

最もポピュラーな理由は、「本人が嫌だと思っていることを無理矢理続けたって意味がない」というものでした。好きなことをのびのび続けていってこそ、習い事をやる意味があると思っている人が多い、ということですね。

この結果だけを見ると、すごく納得できる感じがしますし、当然で理にかなった結果が集まっているというように思えるのですが…、別のアンケートで「習い事をやる1番の効果は?」という質問をしてみたところ、「継続して何か1つのことを続ける経験ができる」という回答が1位になっていたので、そこにはなんとなく矛盾を感じるな…、なんて思った方も中にはいるかもしれませんね。

何年続けた上で習い事をやめるのか、という細かい話にまでは今回、触れていませんが、始めてすぐの頃というのは当然、ピアノにしても、習字にしても、ダンスにしても、下手で当たり前です。そこから、苦労をして、辛い練習を重ねてこそ、ようやく上手くなり、やっと楽しくなってくるものなので、その手前でやめてしまう…というのは、本当は1番「もったいない」のかもしれません。そもそも、習い事というのは「楽しいからやる」「好きだからやる」ようなものではなく、人間として成長するためにやるものだと捉えるべきなのかもしれません。

ただ、この見解は人それぞれ、家庭によって様々でいいでしょう。嫌なこと、苦手なことであっても、それを続けることで花開くタイプの人もいれば、嫌なこと、苦手なことから逃げ続けた先で、本当に好きなこと、得意なことをやっと見つける!というタイプの人もいるかもしれませんからね。一概に習い事を「続けた方がいい」「やめた方がいい」ということを語るわけにはいかなそうです。

さて、この記事を読んでいるママさん、パパさんはどうでしょうか?意気揚々と始めさせた習い事を、子供が「もうイヤー!」と3ヶ月くらいで言い出したら…、あるいは1年で言い出したら…、3年で言い出したら…?どんな結論を選ぶにしても、「うちの子なら絶対に大丈夫!」「どんなルートを辿っても、必ず幸せになれる!」と信じてあげることこそが、実は本当に1番大事なことなのかもしれませんね。

ABOUT ME
ミライコイングリッシュ編集部
「日本語が不十分なのに英語始めても大丈夫?」「フォニックスって聞いたことあるけど重要なの?」など幼児英語教育や子ども教育全般に関する最新情報を発信します。