胎教で英語を聴かせるのって、効果がある?

胎教って何のこと?

こちらでは、今、お腹に赤ちゃんがいるというママさんや、お友達や家族のお腹に赤ちゃんがいるというママさん、あるいは、これから赤ちゃんを授かりたいなぁ、なんて考えているママさんにとって、お役に立つような情報を、英語学習のことと絡めてお伝えしていきたいと思います。

その内容とは、「胎教」に関する話です。

「胎教って何?」という方もいらっしゃるかもしれないので、改めてお伝えしますと、お腹にいる赤ちゃんに対して、「教育」のようなものを施そうとする試みのことです。「教育」というと、少々堅苦しいイメージを持ってしまうかもしれませんが、要は、良い音楽を聴かせようとしたり、絵本の読み聞かせをしてあげたり、というように、お腹の赤ちゃんにとって「良い刺激」を与えてあげようとするアプローチ全般のことを指します。

お腹にいる赤ちゃんは、既に聴力を持っています。

そのため、この時期にたくさん英語を聴かせてあげると、その感覚を持った状態で生まれてくることになるので、普通の子どもよりも英語をスムーズに習得できたりするのでは?ということが言われているのです。

お母さんがストレスを感じていたら逆効果!?

お腹にいる期間は、たった10ヶ月程度とそれほど長くありませんから、この貴重な時間に、できるだけ、質の良い英語や音楽などを、せっせと聴かせてあげよう!なんて頑張るママさんも多いことでしょう。

ただ、問題は肝心のママさんが、その英語を聴いていてどんな気持ちになるのか、ということ。「これで、お腹の赤ちゃんは英語がペラペラになるんだろうな~!楽しみだな~!」なんて、ワクワクしながら一緒に英語を耳にできるのであれば、全く問題はないでしょう。

しかし、「ハァ、英語なんて興味もないし、聞きたくもないけど、お腹の赤ちゃんの教育のためだから仕方ない。辛いけど、ここは我慢しよう」なんて気持ちで聴いていたら、効果はプラマイゼロどころか、むしろマイナスになってしまうかもしれません。

どんなに良い音楽が流れていたり、綺麗な英語が流れていたりしても、お母さんがストレスを感じているようだと、そのことが悪影響となって、お腹の赤ちゃんにダイレクトにダメージを与えてしまうかもしれません。

もちろん、致命的になるほどの大きなダメージではないでしょうが、心地良くない状態にいることを続けるというのは、想像をしてみたら、あまりよくないことでないことは、直感的にもすぐ理解ができるでしょう。

もちろん、モーツァルトやバッハなどのクラシック音楽や、英語の音声などを聴かせてあげれば、一定の効果は期待することができます。だからこそ、胎教を目的としたCDなどはたくさん販売されていますし、そういった動画もネットにたくさんアップされています。

しかし、イヤイヤそういったコンテンツに触れようとするのは、やめた方がいいです。

また、お腹の赤ちゃんにとって良い影響があるのは、クラシック音楽のみ、英語のみ、なんていう考えに固執する必要もありません。

ダンス・ミュージックだったとしても、ラップ・ミュージックだったとしても、大阪弁だったとしても、沖縄弁だったとしても、お母さんがそれを耳にすることで、「リラックスできるな~」「楽しいな~」「心地いいな~」「安心できるな~」と感じることの方がよほど大事なのです。

赤ちゃんの方だって、赤ちゃんだからといって、みんなオルゴールみたいな優しい音楽が好きと決まっているわけではないですよ。子ども向けの教育番組で流れているような、かわいらしい曲が大好きと決まっているわけでもありません。こればかりは、その子の趣味趣向によるのです。

実際、筆者の子どもも、幼稚園でみんな一緒に歌うような子どもっぽい曲は大嫌いで泣いてしまうのに、テクノ系の電子音楽が流れてくると笑顔になって熱心に聴いていたりします。

妊娠中は、ただでさえストレスにさらされやすい時期です。体調も気分も、普段とは全く違い、時に殺気立ってしまったりすることもありますからね。その上で、さらに聴きたくもない音楽や聴きたくもない言語を耳にするというのは、やめたおいた方が無難です。できるだけ自分の好きな音楽を聴いて、好きなことをして、とにかくリラックスして笑顔で過ごすようにしてください。

また、どんなに順調に胎教をしていたとしても、家に帰ってきたパパさんとバチバチの大喧嘩をしてしまったら、そちらの方が問題です。怒鳴り声や鳴き声や悲鳴などを聴かせてしまったら、いくら真面目に胎教をやっていても、台無しになってしまうことでしょう。こればかりは避けようとしても、避けられないことだったりするかもしれませんが、できるだけ気をつけるようにしてあげてください。

情報に振り回され過ぎないで

2人目、3人目を産むママさんは、慣れたもので、それほど右往左往したりはしないのかもしれませんが。初めて子どもを授かったママさんは、妊娠期間中、様々な情報に振り回されてしまいがちだったりもあします。

産院で耳にする情報や、同じ妊婦同士のママさんから聞かされる情報、買ってきた雑誌から得る情報などなど。「あれをしなければ」「これをしなければ」と、必死になってしまうかもしれませんが、そうすると知らないうちに心が疲れ切ってしまいます。

お腹の赤ちゃんのためにと一生懸命になる気持ちはとてもよくわかるのですが、無理をする必要はありません。

筆者も、妊娠初期の頃は、不安で不安で仕方なく、某有名な妊婦さん向けの雑誌を買って来たことがあるのですが、ある時、それを泣きながら壁に投げつけてしまったことがあります。あまりにも未知の情報が大量に入って来過ぎたことにより、心がパンクしてしまったのです。

赤ちゃんに元気に産まれて来て欲しいという気持ちさえあれば、そこまで頑張らなくても、ある程度は「大丈夫」だと自分に言い聞かせてあげましょう。

本当にやってはならないことがあったとしたら、それは産婦人科の先生が事前に教えてくれるはず。また、本当に必要な情報というものは、自然と親しい誰かが運んできてくれたり、たまたまテレビから流れて来たりするもの。そんな時には、これこそ天からのサポートなんだと思い、ありがたく受け取りましょう。

まとめ

さて、それではこの記事で解説してきたことを、最後にまとめてお伝えしていきます。

お腹の赤ちゃんに、英語を聴かせたり、音楽を聴かせたり、早いうちから胎教を行えば、ある程度の効果は期待できることでしょう。しかし、だからといってママさんがあまり好きではないジャンルの曲や、リラックスできない異国の言語を、我慢して聴き続ける必要はありません。

それどころか、ママさんにとってストレスとなることを無理にやってしまうと、かえって逆効果になってしまう可能性だってあり得ます。

最も大切なのは、ママさんが不安を感じずに、安心してゴキゲンで過ごせるかどうかということ。無理は禁物なのです。赤ちゃんも、ママさんも、どちらも快適に過ごせるかどうかを最優先して考えましょう。

また、妊娠中は、色々な情報が気になってしまうことでしょうが、様々な情報をインプットしようと頑張り過ぎてしまうことで、心がパンクしてしまわないようにしてください。

元気な赤ちゃんが産まれてくることを、お祈りしております!