YouTube の無料英語映像には、意外な落とし穴が…!?

我が子の英語教育は、できるだけ早い段階から!…という高い意識を持っている、お母さん、お父さん達は皆、少しでもリアリティのある「生の英語」に触れさせたい!と日々、考えていることでしょう。

でも実際、生の英語に触れさせる機会って、なかなかないですよね?

となってくると、YouTube にアップされている、たくさんの英語映像に是非、頼りたい!という発想に辿り着くのではないでしょうか?

YouTube には、教育系の動画もたくさんアップされているので、子守から教育に至るまで「全部 YouTube に任せておけば完璧じゃん!」と思っている人も多いかもしれませんね。

実際、それで毎日本当に助かっているという人もいることでしょう。

泣いている子供に YouTube を見せればすぐにおとなしくなるので、ためになる上に、便利でもあるし、もうYouTube なしでは生きていけないという人もいるとか、いないとか…?

YouTube には、海外発のものも含め、高く評価されている優れた英語映像がたくさんありますし、こういったものを適切に選び、きちんと与えていれば、子供の英語に関する学習能力は、確かに伸びていくに違いありません。

しかし…!「タダほど怖いものはない」という言葉があるのをご存知でしょうか?無料であるということは、大変便利でありがたいことのように思えるかもしれませんが、そこにはちゃんと、恐ろしい落とし穴も待ち構えていたりするのです。

もちろん、全ての動画に落とし穴があるわけではありません。たとえ、無料の動画であっても、大人がちゃんと内容を理解し、「これは良質なコンテンツ」「これは粗悪なコンテンツ」という風に、クオリティの高さを判別&選定して、与えてあげるのであれば、何も問題はないです。

さらに、きちんと監視を行った上で、タイミングもベストな瞬間を見極めて与えてあげることができたら、もはや言うことはないでしょう。それならばおそらく、子供の英語学習能力は飛躍的に伸びていくはずです。

しかし、「これで勉強しておきなさいよ?!」といって、子供にスマホやタブレットをポイッと、まるごと与えてしまうのは、とても危険なんです!

スマホやタブレットはとても操作性が良いので、勘のいい子供は、すぐに操作を覚え、YouTube の世界にのめりこみ、どんどん夢中になっていきます。そこで素直に、良質な英語教育のコンテンツばかりを次々と観るようにしてくれればいいわけですが…、そんなにうまいことコントロールなどできないことは、想像してみればすぐにわかりますよね?

中には「ちょっと!何なの、これ…!」と憤慨したくなるような質の低い動画もゴロゴロありますし、そもそも、いつの間にか英語とは無関係の動画を観始めてしまう可能性だって、普通に出て来てしまいます。

誰だって、興味のない他の国の言語の動画よりも、興味のある面白い動画を観たいと思うのは当たり前のことです。関連動画に自分の気になるアニメが出てきたりなんかしたら、そちらに引っ張られてしまうというのは、ごくごく自然なことでしょう。

また、仮に質の良い英語の動画を連続して観ていたとしても、そこには必ず「偏り」が出てきてしまい、これも問題であると言えます。たとえば、好きなキャラクターの出てくる回ばかり観てしまったり、好きな乗り物に関する動画の回ばかりを観てしまったり…というように。

もちろん、好きなものを見つけ、得意なことだけを徹底的に伸ばしていく、というのもそれはそれでいいことであり、1つの立派な教育方法であると言えます。

特に、今からの時代は、何か1つでも極めているものがあれば、その方が強いと言われていたりもするので、別の動画を観始めてしまっても、熱心になってくれるのであれば、それでいいや!なんて割り切れる人も中にはいることでしょう。

しかし、もし我が子には是非、本格的に英語をマスターして欲しい…という願いがあるのならば、質の悪い動画ばかりを閲覧してしまったり、質が良くても偏った動画ばかりを観てしまうような事態は、できるだけ避けた方がいいでしょう。

英語をきちんと身に着け、受験や日常生活で使えるレベルにマスターしていくためには、プロの指導者がきちんと体系立てて組んだカリキュラムで学ぶ必要があります。そして、不足しがちな部分や、苦手な部分も含め、「網羅性」を重視していく必要があるのです。

いかがでしょうか?今まで、あまり深く考えずに、無料の YouTube 動画に子供の英語教育を任せてきた!という人は、これを機にちょっと考え直してみてください。

せっかく無料の動画が大量にあるからといって、そこにばかり頼ってしまうと、いつかしっぺ返しを食らうことになってしまうかもしれません。無料の動画にも良質なものはあるので、そういったものをきちんと選別できるのならば有効に活用すべきですが、粗悪なものと関わって、かえって脳を混乱させてしまったり、余計な情報で気を散らせてしまったりする危険性もあるのだ、ということについて、きちんと認識しておきましょう。