アンケート「ご自身は英語を話せますか?」その1

ご自身は英語を話せますか?

こんにちは!ミライコイングリッシュ運営事務局です。

このブログでは、0歳~6歳の小さなお子さんを持つママさん50人に、幼児の英語教育に関することについてアンケートを取り、その結果を考察と共にまとめていますので是非、ご覧になっていってください。

今回のテーマは、「ご自身は英語を話せますか?」という内容になっています。

自らが英語ペラペラで、ネイティブに近いくらいの能力を持っていたら、このテーマはあまり気にならないかもしれませんが、全く話せない…となると、一体自分以外のママさん、パパさん達はどうなんだろう…、ということが気になりませんか?

我が子を英語ペラペラの天才キッズに育てようとするためには、やはり親も英語が話せないとダメなのだろうか…?なんてことをふと考えたりする方も多いのではないだろうかと思います。そんな不安を払拭するためにも是非、この記事に目を通していってください。

それではさっそく、アンケートの結果を発表していきます!


英語を話せる人は意外に多い

「ご自身は英語を話せますか?」という設問に対し、「はい」と回答した人は全体の30%という結果になっていました。ということで、必然的に「いいえ」と回答した人は、全体の70%という結果です。

いかがでしょうか?この結果を見て、どのような感想を持ちましたか?

30%もの人が英語を話せるということに、「え、そんなに話せる人って多いの!?」と驚いたでしょうか?それとも、話せない人が70%ほどいることに、「みんな、そんなに話せないんだ!」と驚いたでしょうか?

焦りを感じた人もいれば、ホッとした人もいることでしょう。

英語を話せる理由の1位は…

さて、以降では「はい」と回答した人の理由について、ご紹介していきます。30%ほどのママさんは一体、なぜ英語を喋ることができるのでしょうか?

第1位の回答内容は、独学で勉強したり、英会話教室などに通っていたから、というものでした。海外にいた経験があるわけでもないのに、国内において、自身を高めるだけに英語の勉強をしてきて、それで話せるようにまでなっているというのは、すごいことですね!

勉強をしていた理由は、仕事で必要だったから、というものや、単純に英語が好きだったからというものが中心となっているようです。

友人の中に外国人がいるので、英語で会話をするために勉強を続けてきたという人もいるようです。確かに、知人の中に外国人がいると、意識って全く違ってくることでしょう。たとえ1人であっても、その相手と英語でコミュニケーションを取る必要が出てくるとなると、英語の能力は途端に向上するものと思われます。

子どもの頃から英語が得意科目だったので、それ以降も自然と勉強を深めていたという人もいました。他の人よりも成績が良い教科があったりすると、たしかにそれを伸ばしていきたいという気持ちって起きてきますよね。

話せるといってもほんの少しです、と謙遜をしているママさんは、独学で地道に勉強を続けていたら少し話せるようになってきたとのことでした。このママさんの言う通り、英語学習をする上では「地道にコツコツと」勉強できるかどうかが、非常に重要な鍵となってきます。英語は突発的にワッと集中して学習してもあまり意味がないもので、いかに生活の中に英語学習をルーティンとして組み込めるかがポイントであると言えます。

お子さんの学習のスケジュールを組み立てる際にも是非、このことは意識してみてください。

英語が話せる理由2・3位

ご自身は英語を話せますか?という質問に対し「はい」と回答した人の理由、第2位の結果は、「留学・海外生活経験がある」というものでした。

学生時代に1度でも留学をしたことがある人だと、やはり英語については「話せる」という自覚をしっかり持てている人が多いようです。使っていないから忘れてしまった…という声も見られるようですが、一度でも英語で生活をしていた経験があると、リカバリーをするのも早いものと思われます。

第3位の結果は、「大学など学校で学んだから」というものでした。

中学校の必修科目として習うような、教科書通りの英語を学習しただけでは、どうやら英語を話せるようにはならないみたいですが…。その後、専門学校や大学、大学院などで英語を専攻するなどして、本格的に英語を学んでいた人に関しては、英語が話せると自覚できるレベルにまで到達しているようです。

英語を学習する環境に身を置いていると、自然と留学生同士で会話をしたり、国際的な学会の場に出たり、といった形で自然と高度な英語を話す状況が求められるようになるわけですね。

人間、誰しもそういった形で必要に迫られたり、追い込まれたりしないと、なかなかモノゴトを習得するのは難しいでしょう。

子どもたちの英語能力の可能性

ところで…

ここからは、英語を話せるママさんやパパさんのいる方が、子どもたちの英語能力は伸びるのか?ということについて、考察をお伝えしていきます。

これに関しては、その通り!と言える部分と、そうとも限らない、と言える部分があります。

まず、前者に関して言うと、たとえば母親が英語を話す外国人であったり…、というように、親の日常で話す言語が完全に英語だったとしたら、これはもう毎日英語を話すしかないので、当然のように英語の能力は伸びていくことでしょう。

では、母国語はあくまでも日本語であって、英語は「話すことができる」という感じだったらどうかというと…、これはメリットもあり、デメリットもある、という感じです。

メリットはというと、英語で何かわからないことがあった時、ママさんやパパさんに質問をすればすぐに答えを教えてくれる、といったこと。いちいち自分で教科書や参考書を調べて…となるとちょっと面倒で大変ですが、ママさんやパパさんがすぐに教えてくれるようであれば、そこの解決が早いので、他の子よりも英語を楽にマスターできそうなイメージです。

また、英語は自ら発音をし、会話をすることで上達していきますので、その会話の相手が家の中にいる、というのは非常に有利な状況であると言えます。

では、ママさん、パパさんが英語を話せることによるデメリットは何なのか…というと、それは、子どもが始めの段階からなんとなく、劣等感を感じてしまったり、卑屈になってしまったり、という感じで、モチベーションを上げづらい、というものです。

これは裏を返せば、英語が喋れないママさんやパパさんであっても、それがかえってメリットになる場合もあるということですから、もし、自身が英語を話せないということに対して、不安や焦りを感じている人がいたら是非、この説に目を通していってください。

まとめ

子どもの学習能力向上と、自尊心とには、大きな関連性があるものと思われます。親が英語を全く話せないということであれば、子どもはたった数ヶ月、真剣に学習をすれば、それだけで親の英語力を簡単に抜き去ることができます。

出先で、海外の人から道を尋ねられたりした際、ママもパパもオロオロして答えられなかったのに、子どもだけが堂々と英語で答えてあげられた!みたいな場面があったら、その子がさらに英語の能力に関して自信を持つであろうことは、容易に想像ができるでしょう。

こちらの記事では、「ご自身は英語を話せますか?」というテーマについて、アンケート結果や考察をお届けしてきましたが、いかがだったでしょうか?

この記事が、ママさんパパさんの安心材料となったり、お子さんの英語学習へのモチベーションを高めるキッカケとなれば幸いです。