英語学習における『フォニックス』が大切だと言われている本当の理由は!?

子供が英語を学習していく上で、「フォニックス」をマスターしておくことが大切だ、という話を聞いたことがあるでしょうか?

子供の英語教育に対して、常に高い意識を持っているお母さんやお父さん達なら、フォニックスのことを既に知っているかもしれませんね!

何となく聞いたことがあるけれど、その意味まではよくわかっていない…という人も、フォニックスの意味は知っているけれど、そこまで深く考えたことはない…という人も、是非「フォニックスが大切である理由」について、ここで改めて知っておいてください。

フォニックスというのは、英語の「発音の仕方」に関するルールのことです。

「A、B、C、D、E」という文字列を見せられた時、一般的には「エー、ビー、シー、ディー、イー」と読みますが、フォニックスの世界では「アッ」「ブッ」「クッ」「ドゥ」「エッ」というように、アルファベットを「実際の発音の通り」に読んでいきます。

「Apple」のことを、「エー」ップルとは読みませんよね?このことからもなんとなく、フォニックスの概念がナゼ必要であるのかかということについて、おわかり頂けることでしょう。

そんなフォニックスですが、一体なぜ、英語を学習していく上で、そこまで重要であると言われているのでしょうか?

その理由はいくつかありますが、最も大きな理由は、フォニックスをマスターしていると「知らない単語をスラスラ読めるようになる」ということです。

たとえば、「cap」という単語があった時、フォニックスのことを全く知らずに、アルファベット読みの知識しか入っていない状態だと「シー、エー、ピー」としか認識することができません。

しかし、フォニックスで正しい発音の仕方をマスターしていれば、正しく「キャップ」と発音することができるわけです。

さらには、「map」「tap」というように、「ap」という共通する部分が出てきた時には、「m」や「t」の部分を「置き換える」だけで、「マップ」「タップ」と、初見でも正しい発音ができるようになるのです。

1つ1つのアルファベットの「発音の仕方」をマスターするというのがフォニックス学習法であり、これを極めることができれば、どんな英単語でも初見で完璧に読むことができるようなるというわけです。

「へー、フォニックスって、スゴイ!今すぐ子供に全部覚えさせよう」…と思ったかもしれませんが、ちょっと待った!もちろん、全部覚えてもらおうという勢いや心意気は大事なのですが、フォニックスは決して、そこまで単純なものではありません。

たとえば、「tap」と「tape」では、「a」の読み方は変わってきます。「tap」の時には「ア」と発音するのに、「tape」の時には、テイプ…つまり「エイ」と発音します。あれ?じゃあ、どちらで覚えたらいいの?と混乱してしまう子も出てくることでしょう。

実は、この背景には、語尾に「e」が付く場合には、「a」の発音が「ア」から「エイ」に変わるという法則が働いているのです。フォニックスをマスターするためには、こういった例外や未知の法則もマスターしていかなければならないので、ちょっぴり複雑で大変なんです。

しかし、実はこの「ちょっぴり大変」なところが、子供の「もっと覚えたい!」という欲求を刺激する場合もあるんですよ!

アルファベットは、26個しかありませんから、26種類しか読み方がなかったら、あっという間に全部を覚え切ってしまい、「なんだ…もう全部覚えちゃった!つまらないし、なんとなくもう飽きたなぁ…」なんて思う子も出てくることでしょう。

こんな風に、多くの子がすぐに同じレベルでフォニックスの全てをマスターできてしまったとしたら…、それはそれで「誰よりも早く覚えよう!」といったような努力をする甲斐がなく、「つまらない」と感じてしまわれることでしょう。

そういった意味において、フォニックスはとにかく絶妙なんです。簡単過ぎず、かといって、難し過ぎることもないので、自分の努力次第で、他の子よりも先にどんどん英語をマスターしているという感覚を味わうことができるでしょう。

フォニックスは、あくまでも「主要な」発音のルールを身につけるためのものであると、まずは捉えてみてください。例外も多いので、極めるためには多少の苦労が伴ってきますが、だからこそ、「誰よりも先にマスターしたい!」という子供の闘争心や興味、知的好奇心を刺激してくれるというメリットもあります。

そもそも、多くの単語は、フォニックスの原則ルールに従って発音すれば、正しく読むことができます。覚えた発音を1つ1つパズルのように組み合わせていくことで、どんどん新しい単語がスラスラ読めるようになっていくというのは、とても爽快なことで、脳や心にとって良い刺激となることでしょう。

法則がわかるだけで、知らない単語をどんどん読めるようになっていけば、自信も付きますし、それ故、そもそも英語を「好きになる」ことができるでしょう。フォニックスはこの、一番大事な英語を「好きになる」という部分にも深い関わりのある学習方法なので、是非、積極的に取り入れてみてくださいね!